伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
あなたと私のヒジョーシキ
ある知人から、問合せのメルが来とりました。

私には全然関係のないことなんですが、私も知っている人が私にメルくれた人へ頼みごとの連絡をしたとのことですが、それがフツーに考えたら礼を失しまくってる内容と態度だったので、私に問合せというよりは、「ちょっと聞いてヨ、どーなってんの?」というとこだったみたいデス。

頼みごとをしたのは20代後半の人で、日本で学校終わってすぐに欧州組。メルもらったのは、日本で働いている方。

私にメルくれた方、かなーり不信感&ご立腹(?)だったらしく、依頼メルをそのままコピペして送信されてきました。

それもドーカヨ。とは思いましたが、状況と内容見て「まっ、気持ちは分からぬでもない」とひとりごちてみた次第。

20代も後半ってなると、どんなお育ち、教育、生き方をしてこようとも、普通一般と言われる世界では、それなりのジョーシキというか、態度とかを求められマス。人によっては、「あぁ、あのコは仕方ないよ。。そういうコだから。。」と゛特別゛な個性的キャラだから許される資格アリ。と周囲に思われちゃってるのぉ。私ったらト・ク・ベ・ツぅ。と能天気に見做されているのは稀と思われ、大抵は「ありゃぁダメだ。本気で対するだけムダ」と諦め、諦念を持って大目に見てもらえてると思われマス。

そういう風に一般常識を持った普通の市井の方たちからスルーされてるのは良い方(?)で、私にメルくれた方みたいに、人によっては逆鱗に触れちゃうこともままあるのではないでしょーか。

かくいう私は、家族どもから「お前ほどヒジョーシキでバカでモノを知らないヤツはいない」と口を酸っぱくして言われてきてるんで、同族(?)と思われるヒジョーシキでおバカちゃんを耳にし目にすると、我ことのように痛いデス。。

ちょっと戻って、失礼メルを送っちゃったコですが、学校出てすぐに海外出てるので就業経験がないのですね。

若い内から海外ってのは、語学もできるよーになるの早いしー。コクサイカンカク身につくしー。とかとかありましょうが、世間に出て何の仕事をするにしても自分で稼ぐ体験をした中で激理不尽とか理想と現実とか、目上の人への対し方とかとかから一般の常識や礼儀などなどを経験として積むことになると思うのですが、そのベースのない人がコクサイカンカクなるものを身に付けても、そりゃアブク銭のよなもんじゃないでしょか(あっ、もちどんな経験しても何もならなん人もいますよね。。えぇ。。)

もちろん若い内から海外出て目的もってバリバリッと人としてもリッパに生きてらっしゃる方もいますが、私の少ない経験の中で出会い見てきた人たちの中から弾き出されるパーセンテージは、低いデス。

なんていうか゛危うい゛けど変な自信に満ちた子供なんだか大人なんだか分からん人のパーセンテージの方が今んとこ勝ってマス。

でも非常識だろうが失礼だろうが、海外で自分の足でガツッと立って目標持って苦しくてもやり遂げるまではーー。と岩に齧り付いてまでもな人は、結構好感度高しだったりします。そういう人は、世間の常識には疎くても、人の立場に立てる想像力は持ち合わせてるというか、人の痛みや人が嫌がることにも敏感な人が多い気するので、私は嫌じゃないッス。

自然、そういう人は礼としてはカタチを成してはなくても世間一般では失礼と取られる態度であっても、当人の気持ちとしては゛そうではない゛という゛謙虚゛な気持ちはオノズと分かると思うので。

しかしそういったこと以前に、日本人で日本語で会話してても無知すぎて日本語の単語が分からない、それを恥とも思わない、知らない自分が普通と思える世間の狭さ、海外に居て不便だしー、分からないことも多いんだからー助けてもらえて当たり前~で依頼心爆裂。でも頼み方知らないとかとか。。非常識&失礼が許されない年になってきているのに根拠のない自信に支えられた傲慢さを備えた人をみると。。

イタイ。。痛スギます。。

私自身が常識に怪しく無知でおばかを自覚して早30半ばの恥を背負ってきたジンセイ。だったりするので、オノレ自身に恥てる部分を誰かに見、たまさかそれを見て怒ってる人を目にしたりすると。。我ことのよーにイタイっ。痛すぎるっ。消えてくれ~。バカバカバカっ。せめて゛恥゛を知ってちょーだいヨ。となりマス。でもって、なんか怖くもなってみたり。。ちなみに、ちゃんとした欧州人にはやっぱバカにされてマスね。そういうイタイ人。


その昔の中国のお話しで、ある若くて美人なお后が、ダンナの王様になんか無理なお願い事をするんですな。王さまはすぐにOK~を出すんですわ。で、その事があってから3、40年後の、美人なお后もバーさまになったときに、その昔に王さまが聞いてくれた無理なお願いを覚えていて、また同じお願いごとを王さまにしたら、即牢屋にブチ込まれた。ってお話しがあります。

お后は若くてキレーだったから無理も通ったけど、美貌も衰えたらそれに代わる゛中身゛がないと。。ねぇ。これはアジアのお話ですが、こういったことって万国共通っすよね、多分。

で、ヨーロッパって魅力的でありましょ。でもその魅力につられやって来て、自身も魅力的でいられる、魅力的になれる゛土台゛がある、つくれる人は少ないようであります。母国で母国語で身に付かなかった、作れなかったもんは絶対に無理とは言いませんが、そうそう海外出たからって作れるもんじゃないようデス。

じゃあ、そういう人は年取ったらどーなるのか。先のお后みたいなアララな末路なのか。

運もあるでしょうがねぇ。。さぁ、どうでしょーか

で、自分はどーなのか?

イタイ、またこれもイタイんですよねー(笑)
[PR]
by zefiro04 | 2009-01-09 21:10 | ひと
<< げんき、デス 良いお年ヲ >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング