伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
キッカケ
なるほどナー」と思うとこあり、この記事書いとりマス。

このブログをはじめようと思ったのは、簡単に言えば、日本語にほとんど接しない環境で、これ以上オワッテル日本語力になってドースルヨ。イタ語もダメなのにっ。なんてとこからでござます。

まぁ、写真載せたりなんてのも華やかで良いかしらぁん♪とも思ったんですが、数枚のせてみて「め、めんどくせー」&゛字゛書くのをメインに考えてたんだから、字ばっかでいいや。で゛イタリア゛というイメージ的には華やかなとこに居ながらにして、字だらけなブログになったんですな。

字だらけでも内容華やかにしろヨ。と思いもするんですが(笑)、わざとそーじゃない部分を書いてます。かと言って、ここで書いてることだけが私の生活のすべてじゃないですよん。もちろん。

で書いてるうちに、だんだん書くこと決まってきて、今は主にですが、疑問に思ったことやゲゲッってなことを書いてます。イタリアって華やかなイメージや報道ですよね。在住の方たちの発信するものをザッと見てまわっても、どちらかというとイメージの良いものが多いと思うんですが、当たり前ですが現実の生活はそんなんばかりじゃないです。

以前に、ブログやらのコメントとかで、自分もブログでそういうのを書いたが嫌がらせコメントをもらったり、゛荒らし゛にあったりで書くのをやめた。で私のブログに自分の言いたいことが書いてあって云々。。というのを数人の方からいただいたことがあります。

個人的には、やめてしまわれたのはもったいないナー。と思うんですよ。私の勝手な感想ですが、イタリアに限っていえば、情報の量が偏っていると思うんで。良い情報が圧倒的に多い。逆のことはえらく少なくないですか?そんな中、体験として書かれているって貴重だと思うんですよね(もし、イタリアの良いとこ書いてる人が殆どいなくてその反対の情報多かったら、私ったら良いことばっか書いてると思うんですよねぇ(笑))

でもやっぱり、イタリアに憧れを持ってる人が読んだら不快になったりするんだろな。自分の好きな人を貶された気になるんですかね。でもね、それで感情的になってヒステリックなコメント残して荒らすのは顔が見えてない分、イケナイ度高いですよ。「いや、そこはどーなんすかねー」とある程度筋立てて、゛ギロン゛しないとっ。じゃないと、ただの嫌がらせっすよね、えぇ。

と、私に上記のようなコメントをいただいた方たちではありませんが(というか、゛当時゛は見てないんで全然知りません)、まぁ、書き手が悪い。ってこともあるんで、言いたくなることもあるだろーし。ですが、感情的に書き殴っちゃうと、折角のコメントさんが→荒らしコメに変身しちゃうと思うんですよ。あら、もったいない。ではありませんか(笑)

あとネガティヴな部分とかを書くと、愚痴と取られることもあるかもですが、愚痴ってのは言っても仕方のないことを言うこと。そんなこと言って嘆いてもしゃーないじゃん。ってことになりますでしょーか。

ブログなんて個人発信のものだし、個人的には愚痴満載ブログなんてのもアリか。嫌なら読まなきゃいいだけだし派ですが、自分が書いてる時には、嘆いても仕方ないってとこで終わらないように書いてるつもりデス。

イタリア来て、国籍問わず色々な人と接してきたと思うし、友人知人も各国に散らばっておりましてね、そんな立場や環境、年代の違う人たちと様々なことについて話しをしたり+自分が見てきたもの。を混ぜて取り出し、練り直して、自分なりに駄文であっても書いてます。

しょーもないことを言い捨てて終わらんように、その中から自分なりの冷静さを持って、客観的になるよう(一応はっ)努力しつつ書いてはいますが。。本当は、結論として゛こーすべき゛みたいなことも書くべきなんでしょうが、シロートの姉ちゃんレベルの駄文で゛そーすべきじゃないんでしょーか(断定)゛とキャスターやコメンテーターみたいなことを言うのもナンダカナーと思って、その辺はやや持って回った物言いになっちゃってたりしますが。。でもって、大抵は底には゛批判゛の精神を持って書いてたりします。なんて書くと大げさで、オメーのレベルでそんな試みすんなボケ。と突っ込まれるな(笑)

そして、感情の赴くままに支離滅裂に非難するだけにはならないように、これでも気をつけているつもりなんスねぇ。゛批判゛というのは、悪い点や間違っている点を指摘する。なんて意味もありますが、その先には、改善を求めて相手との良好な関係を築くというのも含まれていると思うんですね。゛非難゛のように責める気持ちでではないとこがちと違う。

別に私はジャーナリストでも、世直し月光仮面(古っ)でもないし、清廉潔白ニンゲンでももちろんないわけっすが、そういう現地にいないと見えてきにくく、現地に住む邦人たちや現地人たちが思っていることなども含めて、知りたい人がいたらドーゾ。ぐらいの気持ちで奥底(?)に批判精神をヒメつつ書いてたりします。

私が書いたことで、「わ、私のこと?」と思い当たる人がいたり、思い当たる節があっても、読み手のあなたとここに登場する人物が一致してる確率は限りなく低いですし、これも当たり前ですが、人が特定できそうな部分は変えてあります。そして、ほとんどのことはこちらでは゛日常゛的なことなので、意外に当てはまる人多いんじゃないかと思ってます。

なんで、ムッキーーー!!(怒)となったら、ちょっと一息深呼吸して、良かったら、人の振り見て我振りなおせ。じゃないですが、自分かも?と想像して、周囲はどう思ってるのか、どういったことを考えているのか。このブログ書いてる人の書いてることは正しいのか、違うのか。。それとも自分にも問題あるんか?とかとかや、こちらで体験したトラブルなんかに関しても、この人はよくあるって書いてるけど、ほんと?などなど、万が一にも私の駄文がキッカケでちょっと何かを考えたりしてくれる人なんかがいたら、ウレシさのあまり、チョモランマ山頂からダーイブ(?)でございます(笑)

まっ、現地に住むシロートが書くものとして、ちょっと距離置いてナナメ視線で読んでいただけたら素直に鼻血もんにウレシュウございます(笑)

それと、字ばかりでございますからね、ツマラなかったら途中で止めてもらって、これも当たり前ですが、全然OK。いつの日か、ちょっと長くても、最後まで読みきってもらえるよな文章がかけるよーに。を目標にショージンしたいと思いますんで。

少年よ、大志を抱け~!

ではなく、ネエちゃんよ、少志(??)を抱け~!!

なんでございマス(でも、私にしては、かなりダイソレてナマイキな試みだと思ってるんでございますよ。ってことで、ここは小さくですが。。やっぱり、大志を抱け~!!がイイ感じ(笑))
[PR]
by zefiro04 | 2009-02-26 05:25 | ほんの日常
<< 目に見えないもの のみ込まれないこと >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング