伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
自分探しと海外で安宿
゛人間観察゛というのではないですが、人を見るのが好きなので、旅行をするときは普通のホテルではなくて旅人同士が情報交換したり、言葉が交わしやすい安宿へ泊まったりします。

私は特に誰かと交流を持ちたい。というわけではないんですが、「へぇ、こんなとこもあるんダ」とか、「こういう人たちもいるのね」とかとか゛今゛だから見れる何かが楽しみなので、ちょっとした不便なことやフソクの事態(?)にもガガッと対応できる精神的にも肉体的にも大丈夫そうな内は旅人との距離が近い安宿を選んでマス。

相方は、こじゃれたホテル派だったのですが、私とどっかへ行くようになってからは、安宿の楽しさを知ったようで、マイペースで゛交流゛を楽しんどるよう(?)。それがいいのか、相方を通して私に興味持った人とかが、たまに声を掛けてくれたり。なんてこともあったりするのですねぇ。

なもんで、ひとりでプラプラ泊まってたときは自分から声かけなかったタイプの人とかと話す機会も持てたりで楽しいんでございますが。。

まぁ、なんつーか、色々な人がいますわな。

そんな中で、どーにもこーにもよく分からん。という日本人のタイプがいて、私の中では゛保留゛になってたんですが、最近、ネットにて゛わざわざ海外に出て、安宿で何もせずずーっといる人たちって、何の目的でああしてるんですかぁ??゛なんて感じの質問を発見。スゲー答えが気になったのですが、答えてる人はいませんでした。

目的なんてなくてもそこにいて、通り過ぎて行く人を眺めているのがスキ。なんてのもアリなんだろなぁ。飛行機代払って海外来て、安宿とはいえ日々宿代払って外へも出ず。ってのは奇特な気もするけど、まぁ、アリかも。とそれ以上の思考は゛保留゛になってたんですが、まぁ、たまたま数人と話してみて、皆どこか似たタイプだったんで、ちょっと保留がとけてきた最近デス。

もちろん全員に当てはまるのではないんでしょうが、数人から受けた私の印象は、えらく自信はあるけど、自信の根拠に乏しい。器が小さく、自分と反対意見だったりするだけで、自分が非難された、否定されたと感じるらしく、いきなり不貞腐れたり攻撃的になったりすることもあるので、なんか気を使う。海外にいれば何かある。海外にいる自分ってカックイイー。などなど

例えば、スゲー笑っちゃいましたのが、ある30歳前後の自称音楽関係の仕事をしていて、自称音楽通な人が、私に「ねぇ、アンタの声、バリトンでしょ。俺、そういうの詳しいん、ダヨネ」とキメキメで一言。

スミマセン、その場で笑っちゃいました。

でも゛なわけないジャーン゛と言ったら可哀想なぐらいキメキメ知ったかぶりだったんで、「あぁ、私男っぽく見えるからねー。でもバリトンじゃないんだよー」と言った途端、顔が蒼白になってましたヨ(笑)

※バリトンは男声

その後に、可哀想だったんで、まったく違う話題を振ったら、「アンタさぁ、鈍いね。俺が話したい気分じゃないぐらい察せないわけ?」とキメキメ崩さず言われちまいましたです。

スマヌ、笑い堪えるのツライ。。ぷぷぷ

なんてこともあったりですね、他には、「オレ、旅先で色々な人から援助してやるとか、人を紹介してやるとか言われるんですよ。でもそういうのって嫌だし、自分の力で成し遂げたいってあるからー、全部断ってるんですよぉ」なんて゛オレの凄さ゛や潔さを延々と聞かされた最後に言われた言葉が、「ナンぁか奢ってくださいよ。なんならぁ、パトロンになってくださいよ。財布だけ出してくれればいいからぁ

スマヌ、大爆笑

自称、将来の大物の申し出を断るのはいささか気が引けましたが、いかに大物の要素があるかを語っていただくも、その土台となる知性であったり、ハングリー精神であったり、グイッと人を引き込む魅力だったりが著しく足りない気がしたので、なんか投資する気にはなれじ。

このあたりが、将来ず---っと大物を夢見るハミ出しもので終わるか、本当にそこそこの人物になって行くかの小さな分かれ道なのかもしれません。

不思議なことに、私が出会ったり垣間みた安宿に泊まる日本人たちの多くが(もちろん真っ当な人もいましたが、私が出会った人たちの数からは少数)根拠のない自信と厚かましいほどの図々しさや依存心、そして自分は゛特別゛であるという訳分からん確信を持ち合わせていたのに対し、外国人の安宿利用者にはそれを感じたことはほとんどありません。

不思議。。

私が出会い、言葉を交わした彼らの中には、エエ加減なのもいましたが、歯科医院の経営者や国際弁護士など、「なんで安宿やねん?」な人たちから、再婚した父に会いにきたが、あちらの家族が自分に会いたくないので安宿で待っている。。などなどとバラエティに富んどりましたです。

そして不思議なことに、ほとんどの日本人にされた゛俺ってスゴイ゛話しをされた記憶はナシ。

っていうか、逆にしたがりません。職業もこっちが聞かなきゃわざわざ言わないし。

日本人の友達で海外でバリバリと働く、いわゆるエリートくんがいるのですが、そんな友からも゛俺ってスゴイ゛話しは聞いたことないんだよなぁ。。


本当に実力や自信のある人は、自慢なぞ必要ないってことか?
バレる嘘(笑)なんかつく必要ないってことか?


安宿で出会った外国人たちには、自分を必要以上に大きく見せようとガンバッテル人を見かけたことがありません。不思議と。

ふと思い付いたんですが、゛自分探し゛っていうのがもしかしたら絡んでんのかも。

本当の自分はこんなんじゃない。そうだ、海外へ行こう。安宿だったらお金も少なくてすむし、なんかわいるどで格好よいじゃん。トクベツーって感じっ♪

もしかしたら、そんな思いもあるのかもな。と考えてもみたり。

多分、そこにいる自分が自分だと受け入れられている人と今そこにいる自分が受け入れられない人との差かもしれませんです。

やっぱ格好悪くて気持ち悪いな、自分探し。ですね。。
[PR]
by zefiro04 | 2009-07-29 18:28 | そんな旅もありました
<< 日本人の背骨 黙ってらんないッスわ、マジで >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング