伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
ソクラテスのカフェ
週に一回、声楽のレッスンに通っているのだが
レッスンの始まる前に、毎回先生と色々なことについて話す。
「能」と「バロック」の共通点や、アメリカ的なものの与える影響などなど
話題は多岐にわたる。中々面白く、近頃は楽しみの一つになっている。

イタリアではないが、パリのとあるカフェにて、
こんなような「試み」が行われていた様子を記した本がある。

ソクラテスのカフェ
マルク・ソーテ/著 堀内ゆかり/訳

パリのとあるカフェにて、日曜ごとに行われていた「哲学」の試みについて書かれている。
今は亡き著者が提示するあるテ-マについて、そこに居合わせた人々と論議するというもの。こんな知的試みがフツ-に可能なんて「人」の層の厚さを感じます。

この本を読んで、パリを訪れた際、このカフェに行ってみましたが
残念ながら「試み」は行われていませんでした。しかし(勝手に)哲学?に触れられた気が
して、一杯のコ-ヒ-で随分と楽しめました。

よかったら、この本を手にとってみてください。カフェの名が書かれています。
そして、フランス人の知られざる側面が垣間見られる一冊でもあると思います。
[PR]
by zefiro04 | 2004-12-06 07:15
<< 適齢期とは? 仕事中のホッと一息に、ヌ-ドカ... >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング