伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
24日、24時。
さきほど、24日夜24時からのミサが終わりました。

6枚も洋服を着込んで雪だるま状態で出陣するも、小さな教会内は人で埋め尽くされ
その熱気で暖かく、着込み過ぎの私には暑いくらいでした。

深夜の教会でのミサは静謐で、お香の煙がゆらゆらとゆっくり立ち昇ってゆく中で
進んでゆく儀式は、不思議な力を持っているように感じました。

歌の方は、指揮者があまりの(いつもの)下手さに顔を歪めるも、どうにか無事終了。
オルガンもお世辞にも上手い、とは言えませんでしたが、なぜかそこがまたイイ味に聞こえ、ほんわか暖かい演奏でした。

終わりにはみなで「アウグ-リ」と声を掛け合い、頬にキスを3度交わしあい
ナタ-レを祝いました。

本当は写真を撮ろうかとも思っていたのですが、誰ひとりカメラを手にしている人はおらず
静かに祈り、祝っていました。そんな彼らを見ていたら、写真を撮ることは忘れていました。

明日、もう一度ミサがあります。

アウグ-リ。
みなさんにとって思い出深いナタ-レ(クリスマス)でありますように。
[PR]
by zefiro04 | 2004-12-25 10:05 | 音のあるくらし
<< 「教会」の呼び名の種類と語源へ... 教師志望のチェコ人 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング