伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
「教会」の呼び名の種類と語源へのギモン
12月17日のブログに、masayuki_yaさんからコメントをいただき、
その中に「ドゥオ-モ」のオルガン。。。というコメントに
「あぁ、私も教会(キエ-ザ)のオルガン。。」と書こうと思った時、
と「ドゥオ-モ」と「教会」って。。
ドゥオ-モって教会だけど、私の町の教会はそういえばパロッキア-レとか呼ばれてるし、ほかにはカテドラルとかとか。。あれあれ、これって様式の違い?それとも教会の重要度によって呼称がつけられてるの?」と、今更ながらに疑問が湧いてしまい、相方とナタ-レの夜をこの問題を話し合って過ごしてしまいました。

ドゥオ-モは、ラテン語の「ドムス」というの意味の単語から来ているようで、相方いわく「ポンペイのお金持ちの家があったじゃない。中庭を囲んで部屋が配置されてるやつ。ああいうのをドムスというんだな。そこから来てるんじゃない?」などとなんだか得意気に言うてましたが、「で、それがどうしてミラノのドゥオ-モみたいなドカ-ンとした、これゾ教会!みたいなのの呼び名になったのよ。金持ちの家を指す語が起源だとしたら、宮殿みたいなのをドゥオ-モと呼ぶようになったって方がしっくりくるんだけどお」
相方「。。。。」

結局、なぜドゥオ-モと呼ばれるようになったのかといういきさつは分かりませんでしたが、どんな教会がドゥオ-モと呼ばれているのかというと、ミラノは言うに及ばず、そこそこ大きな町で最も重要な教会を指す語、ということらしいです。でも、そこそこ大きな町でもドゥオ-モと呼ばれる教会が存在しない町もあるのですね。(ナゼ無いのかはハテナ)

それとカテドラルですが
このカテドラルには、ヴェスコボという神父さんの中でもお偉い神父さんが居るところらしい。
どの位お偉いのかは分かりませんが。。

クレモナの有名なドゥオ-モは、カテドラルでもあるらしいのですが、カテドラルだけでドゥオ-モがない地域もあるし、ドゥオ-モだけや、クレモナのような所もあるとのこと。

それと私の住む町にあるパロッキア-レと呼ばれる教会。
普段「教会」と大括りで呼ばれる中身を細分化した時に、一番下?小さい?教会に
冠される呼び名であるらしい。ちなみに、パロッキア-レの神父さんは「パロッコ」と呼ばれています。

そのほかにも色々あるようですが、(自分が)混乱するのでこのへんで。。。

私がここで「ウムっ」と思ったのは、これらの教会の呼び名の種類は、様式や重要性、誰が居るのか?などなどから呼び名は細分化されている(??)が、ヴァチカンを頂点とする教会の建物に冠された呼び名によってのヒエラルキ-は存在しないのかしらん。。というギモン。でも、ドゥオ-モはその地域での最も重要な教会を指すのだとすれば、ドゥオ-モのある地域の中での格付けはあるけど、全国レベルになると、明確な格付けは。。。どうなんだろ?日本の市町村の役場とか、県庁、都庁、国会みたいなのに置き換えると考え易いのかしらん。。。しかしこうも呼び名が出所の違うところからつけられてると仮定すると、格付けは難しいような。。。

だんだん何が言いたかったのかも分からなくなってきました。。

要するに、「教会」と呼ばれる建物に冠されたドゥオ-モやカテドラルなどなどの呼び名と
キリスト教社会におけるポジションとの関係、言葉のでどころが気になったのですが。。。
う~ん、奥が深そうです。。

このサイトは、簡単に建築物の説明がされています(イタリア語)
http://www.tribenet.it/TribeGlossario/glossario.htm

こちらは、言語学のサイト(イタリア語)
http://www.accademiadellacrusca.it/

もし「知ってるよ~」という方
お手数でなければ、教えていただけるとウレシイです。
[PR]
by zefiro04 | 2004-12-27 20:25
<< ビジネスと家庭に効く言語とは? 24日、24時。 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング