伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
イタリア人にとって、英語はムズカシイか?
12月に、求職者のための無料の英語基礎講座に一週間ほど通った。
公的なものだが、某派遣会社と協力して、求職者に職を!と開催された良心的な講座。
だが約20名ほどの参加者たちの顔ぶれは、求職者は3~4名。年金生活者が2~3名と、
あとは英語が苦手な大学生たち、と私。

この講座は、基本的には求職者を対象にしたものだが(求職者以外でも参加OK)、
上記のような顔ぶれだったため「仕事で使えそうな基本的英語表現の習得」という本来の目的を大いに逸れ、だんだんと「試験でつまづきそうな箇所の克服」という内容になっていった。

そこで、ある大学生のお兄ちゃんが「どうしても分からん!」と、
詳しい説明を求めたのが。。。やはり「冠詞」、そして「前置詞」。

「なんで、英語のはこんなに意味がわからんのダ??」から、
数人の大学生から「納得の行く説明が欲しい!」と講師に要求するも、
28歳、教師経験ナシ。のイタリア-ナに説明できようはずもない。
個人的観察では、彼女の英語の実力のほどはハテナである。   

(こういった講座に派遣されてくる講師さんは、若く教師経験も浅い人がほとんどで、
自身も勉強中という人が多いそう だ)。

そんな苦しい状況に置かれた彼女は、異国民の私に質問を振ってきた。
最初「ゲッ、分かるわけないがな!」と冷汗をかいたが、「これは良い機会かも。。」と
思い直し、日頃の(ちょっと本題とはそれる)ギモンを彼らに聞いてみた。

「イタリア人が分かんないものを、母国語が日本語の、私のような人に分かるわけないわよ。
日→英よりも、伊→英のほうがずっと近いと思うし、いくら違うからっていっても伊語と英語って似てるところも多い気がするし。。。日本人が感じるほどの難しさをイタリア人が感じてるとは思えないんだけど。。。。イタリア人にとって何がなぜ難しいのかが私にはわかんないわぁ」との問いに
「オ~ノ~、全然違うよ。分かんないことだらけ」と大学生たち。
結局、何も分からずじまいだった。残念。。

一般的にイタリア人は英語が苦手と言われているが、
私が知るイタリア人には英語を得意とする人が何人かいて、ある人には
「日本人は英語が苦手って聞くけど、なぜなの?
英語なんて、言語のうちにもはいらないくらい簡単じゃない」なんて言われたこともある。

言語習得度の差は、やはりセンスなのか??。。。

「努力だよ。努力」と言われたこともあるが、それはすでにセンスを持ち合わせている人+努力。という意味だったのか?。。。

考えるだに落ち込むので、このへんで。。。

ちなみに、友人のイタリア人曰く
「ヨ-ロッパで一番他の言語を習得するのが得意なのはオランダ人なのよ」とのこと。

うらやましい限りです。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-01-13 00:25 | ことば
<< 悠久の流れに架けられた橋 神のジオラマ >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング