伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
オシエル楽しみ
最近、ミラノの金融関係に勤めるイタリア人青年に日本語を教え始めた。
日本が好き」が日本語を勉強する動機。

単純に、ウレシイ

日本語を話せる外国人が増えたらどんなにイイだろう(だろう~)と常日頃思っている私にはなんともウレシイ限り。

空いた時間を見つけては、独学を続けてきたということで、ひらがな、カタカナはもとより、漢字も多少解せる。そしてたびたびシビレる質問をしてくれる。

チャッテ、ってなんですか?チャッテチャッテチャッテ。。。ってノ-トに何度も書いて覚えたい思っても、意味あまり分かりいません」

ほっ、って辞書ないません。プラプラはわかりせん」などなど。。。

当たり前だが、彼にとっては分からないことだらけ。

そんな彼の期待に応えるべく、日本語の研鑽を積む毎日(?)。
といっても、日本語だけじゃレッスンはスム-ズに行く状態ではないので、相変わらずサボリ気味ではあるが、自分のイタリア語の勉強も進めつつ、私が日伊の言語の違いで理解しがたいところなどを取り出したり、自分の話す日本語の構造を説明できるか練習してみたり。。。イタリア語でなんとかシンプルで分かり易く理解できるようイタリア語とも格闘している。

シンプルで分かり易く表現する。

これがなんともムズカシイ。母国語とはいえ、むずかしく奥が深いと感じる日本語を、イタリア語を交えつつ教えて行く。頭イタ~。と思い悩むも、日本語の美しさと面白さ、表現力の幅広さのドつぼにはまってしまっている。

ホント、面白いです。日本語

こういった形で教えるというのは初めての経験だが、先生になりたいという人たちの気持ちも
分かる気がする。金八先生が生徒を愛する気持ちも理解できる。

う~ム。なんだか成長したんじゃないか?私。
なんて、ほくそ微えんでいる。
[PR]
by zefiro04 | 2005-01-25 03:49
<< 溝になやむ 味のボクシング >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング