伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
溝になやむ
相方が通う剣道の練習場に、ある日本人の先生が教えにやってきて、
練習後に先生を囲んで食事をする機会があった。

先生は剣道は技術面だけでなく、精神的な部分も同時に学んでこそだという
考えを持っていて、「日本の精神」「武士道」などなども絶えず勉強されている。

こりゃ、スゴイ。筋金入ってまッス。

それをここで先生もみなに伝えたかったし、イタリア人剣道愛好家たちも聞きたかったわけだが、言葉の壁が。。。ということで、この場にいた日本人が私ひとりだったこともあり、中ば強引に先生の正面に座らされた。(私に訳させようとの魂胆だったらしい。。。ムリだろ。。)

とにかく先生の話しは深くて面白い。

そんな話の合間、合間に「ハイ、訳して」と、先生。
どんな話しが聞けるのだろうと興味津々なイタリア人剣道愛好家。
んなもんムズカシくて訳せるかい!と冷汗たらりのダメな私。。。

とりあえず「ダメです、私。。」と視線を彼らに送ってみる。
一斉に「ウオォ!とりあえず言うだけ言うてみろ!」と彼ら。

まぁ仕方ない。やるしかないだろう。期待に添えずともボランティアなんで許して欲しい。

で、まあ色々試みたわけですが。。。

何が難しいって、そのままを彼らに訳しても通じないことだ。
って、それすら難しい語学力の私に、先生&彼らの期待に添えようはずもない。

例えば、「もう一人の自分がいて、そのもう一人の自分が絶えず自分をコントロ-ルしてなきゃイカンのだな」というのを、「常に冷静なもうひとりの自分が、自分をコントロ-ルしていなければならない」ってな感じで訳を試みてみた。

すると。。。
「もう一人の自分ったって、自分はひとりじゃないか。どうやってもう一人の自分が自分をコントロ-ルするんじゃ」とギモンの嵐。。。

とりあえず、熱くなった自分を見張る自分が必要なんよ、と説明するもどうも釈然としないらしい。三輪明宏氏の言葉を借りれば、「体はどんなに熱くても、頭はいつでもク-ルでなきゃだめなのよん」ってところだろ。

しかし、どうにもこうにも通じんかった。。。

日本人からしたら、この手のことをイメ-ジするのは容易いような気がする。
でも彼らに関わらず、イタリア人にはムズカシイらしい。
この日の食事会に参加したイタリア人の中には、この手の本を多読精読している人もいた。
だが、ムズカシイらしい。(もちろん、私の語学力不足もあるだろう。。トホ~。。)
  
そこでハタと思った。

一般的にイタリア人は現実主義者だと言われている(迷信深い人は多いみたいだが。。。)。
俳優のマストロヤンニが晩年に出演した舞台で、亡くなった妻と話す元老教授って役を演じた時、この設定が随分と話題になったというのも聞いたことがある。

日本人からすれば、真新しい設定ではない気がするが。。。

目に見えないものの存在やイメ-ジを持つのは難しいということか。    

だとすると、日本人の当たり前の感覚に、イタリア人には当たり前ではない感覚を考慮して、溝を埋めるかたちで訳さないと分かってもらえないわけ、か。。。

では、どう訳す?

次回の食事会でのリベンジを誓ってはみたものの、この溝を埋めるべくイタリア人の感覚をも知らねばならぬのか。。。ウムム。。。と気が遠くなって行く自分を励ます今日この頃なのでありました。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-01-30 07:03 | ことば
<< 洗濯物 オシエル楽しみ >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング