伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
彼の地にて、「厄」について考えてみる
女の大厄って33歳ですよね。これって世界共通なんでしょうか。。。

うちの相方の親戚に、そりゃあ頗る美人さんがいます。
どっかのミスコン入賞経験もあるらしい、かわいい感じの美女さんで、
身長約175センチ、いつもハイヒ-ルを履き180センチはあろうかというデカさで、イタリアンブランドを颯爽と着こなし、ミラノでオ-エルしております。そんでもって性格はいたって温厚、明るくユ-モアもある。ってんだからモテないわきゃないのですが、今だ独身。

独身もありと思うのですが、本人は結婚したいらしく、今までにも山のように婚約者がいたそうではありますが。。。まぁ。。この辺の詳しいことは置いといてですね。。

この彼女、ここ最近不幸満載人生(色恋含む。。)なのであります。
不動産サギには会うわ、昼間にス-パ-前に駐車していた車の窓ガラスを割られ、バッグから洋服からなにから盗まれるわ、運転中に携帯で話しているところを見つかり罰金とられるわ。。などなど。。

そこでハタと思い当たったのが「大厄」。彼女、今年で33歳なのです。

でもって、本人にではないのですが「お祓いに行った方がよいのでは。。」と言うてみました。と、予想はしていましたが、「そんなんイタリアにはない」とのお答え。密かに、この彼女に集中した不幸っぷりに「なんか憑いてんじゃ。。。」なんてよからぬことを想ってもみたり。。

大厄は、「丁度、体の節目になる頃でもあるから気をつけなさいね。くらいの意味なのよ」なんて聞いたこともあるのですが、本当のところはどうなんでしょね。

前に、ドイツのとある教会を訪れた時、多分この教会で悪魔祓いをしているのでありましょ、
悪魔に憑かれたと思われる人たちのアフターとビホーの顔写真が貼ってあるコ-ナ-がありました。エクソシストをはじめ、この手の映画は沢山あります。2、3年前に新聞で、悪魔祓い専門の、ヴァティカンの神父さんの記事を読んだこともあります。ってことは、ヨ-ロピアンは信じてるんですよね。この手のこと。

では、この美女さんのような、中ほど不幸が満載の方へのお祓とかなんとか、気休めでもなんでも処置はないのでしょうか。やっぱりポルタ-ガイスト現象とかないと、祓ってもらえないのでしょうか。。。(厄とこの手のことは、別個といえば別個な気もしますが。。)

自分の周りのイタリア人を見ていて思うのは、見舞われてしまったもんは仕方ない。それがなにかと因果関係があるなんて思わない。というところです。日本人だと(もちろん例外もアリ)、「そ、そういえば厄年。。。祓っとこ」なんて発想もありだと思うのですが。。

出掛けに「いってらっしゃい、気をつけてね」は日本でよくかけられる言葉であります。イタリアでは、この「気をつけてね」は、気をつけることが起こることを前提として捉えられるので、不幸先にありき、なこと言うな。ってなことで言わないのが一般的と聞きました。(相方のマンマは、「気をつける」ことを別れ際にたんまり言うのがふつうではありますが。。。)

なんだか国民性を感じるところであります。。。
     
で、今現在の美女さんはというと。。。
たまに突然訪れる中ほど不幸になすすべもなく見舞われっぱなしではありますが、
そんなことはとも思わず、人生を旅に恋に仕事にと謳歌しております。
[PR]
by zefiro04 | 2005-03-30 01:25 | ほんの日常
<< まなぶ環境 人生の終わりの後にある人生 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング