伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
まなぶ環境
私の通う語学学校について少し。。。

ここは高校の校舎を間借りしていて、私たちが生徒たちと接触しないように授業時間をズラしてあったり、職員が絶えず見ていたり、監視カメラもあったりと少し特殊な環境にある学校であります。で、トイレにいたっては、ひとつあるっきり。しかも男女兼用鍵ナシ。(教師には専用トイレがあり、彼らは鍵を持たされている)

こりゃヤだろ。と思い、高校生の鍵付き女性用トイレに行くことを試みましたが、職員のおじちゃんに止められてしまいました。(やっぱりトイレは、この鍵ナシの男女兼用ひとつのみを使わざるを得ないのです。。。一度、アフリカ系のタ-バン巻いた女性にドアを開けられるという苦い経験をしてからというもの、水分を控える、腹まわりを冷やさないなど、なんだか国会議員さんの牛歩戦術前の体調管理を思わせるようなことを毎日しております)

ナゼ?」と聞かれると、多分これだけの多種多様な人間が通うことへの配慮(?)でありましょ。ちなみに、学校の場所は警察署の裏。

ふたつあるうちのひとつの教室は落書きだらけで、お世辞にもキレイとはいえないし、授業中にはたびたび、上の階から悪ガキイタリア-ニたちが投げるジュ-スやらゴミやらが降ってきたりもします。最近では授業の終わり近くになると、教室の壁の上の方にある窓から次の時間帯の生徒であるアフリカ系、東南アジア系の兄ちゃんたちが顔を覗かし、中の様子を見ていてギョッとさせられもしましたが。。。どれにももう、慣れました。。。

よく分からんですけど、以前に通ったことのある私立の学校の時よりも、今の方が勉強している気がします。騒がしいわ、トイレの心配をいつもしてなきゃならないわで、体調も集中力も整えられるような環境ではないのに、不思議です。

やっと勉強する気になれたのかもね。と思ってみると、最低限の環境さえ整っていれば、どこででも勉強できるんだね。とも実感してみたり。。。

パスクワ休暇で今週は休校なのですが、学校、行きたくなってます。
[PR]
by zefiro04 | 2005-04-01 06:23 | ことば
<< 追悼ミサにて 彼の地にて、「厄」について考えてみる >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング