伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
結婚式の効用
土曜日は、教会の合唱メンバーの結婚式でした。
ソプラノパートのメンバーである彼女のたっての希望で、皆で歌ってきたのであります。

この合唱団に歌の依頼をするとは。。なんてチャレンジャーな。。。
なんて思ったのですが、本番はいがいにも良かったです。

(あんまり)音外さなかったし
(大体)テンポと音、あってたし。。。

前回の追悼ミサのことがあるので心配だったのですが、ミサ後のダメ出しがかなり効いたようです。

全てひどかったけど、特にアヴェ・マリアはひどすぎた!

追悼ミサ後の練習前に、指揮者が顔を紅潮させ(多分ちょっと泣いてました。。)、いかにあの曲が重要なものだったか、ヴァティカンでのミサほどとはいかないまでも、うちらの合唱ももう少しどうになならないものか!というダメ出しがありました。

「ヴァチカンの合唱団、そんなにイイと思わなかったケドぉお。うちらだって、やればできるわよ--」なんていう気合いの入った発言もありましたが、「やっぱ、ヤベー。どうにかせねバ」というのが大半であったと思います。いや、思いたい。。。。

そんな私達に指揮者がしたお願いとは
1)本番に出るのなら練習に出ること
2)指揮者を見ること
3)しっかり音をとること

。。基本です。。。

そんなダメ出しの後だったからか、結婚式の合唱は良かったです。
なんてったって、気合いが違いました。

式の合唱の間、私の後ろのおじちゃんが泣きながら歌っていました。
最初は「ナゼに泣く?」と思いましたが、新婦も、新婦の父も、最近では、新郎も合唱に加わっている小さな町の合唱団。このおじちゃんと新婦の家族とは色んな思い出があるのでしょう。

初めて結婚式での合唱なんてのをしてみたのですが、イイもんです。
合唱ということで、普通の出席者なら陣取れない場所に居ることができたため、式の間中、新郎新婦の顔を見ることができました。

なんとも幸せそうで、ほんわかわかわかしておりました。

その実、私は子供の頃から「絶対にあんな七面倒臭い結婚式なんてもの、やってたまるかいっ!」と、心に決めていたくちなのですが、自分自身もやって良かったと今では思っています。結婚って、自分たちだけのものじゃないし、大切な人たちに祝ってもらった日というのは、一生の記念になります。

式後に届いた、「ウヲッ」と一声上げないと持てないくらいのデカアルバム。うちの相方は「つらい時はこれを見るっ!」と表紙を撫でておりました。(最初はあんなに嫌がってたのに。。)
私は、「あんな大変なもの、もう一回やるくらいなら、こやつと添い遂げまする」と思っております。もうあんな面倒臭ぇものやりたかネー(?)。というのではなく、ここはひとつ「あいじょう」から出た発言(??)ということで。。(結婚式の狙いって、この辺にもあるよな気がしますが。。どでしょ)
[PR]
by zefiro04 | 2005-04-26 03:35 | いろごといろいろ
<< オタクさま、バンザイ! イセイジン襲来から早ン年の成果 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング