伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
彩りある生活
畑を始めることになった。
というより、習うことになった。

こちらに引越してきてから、大家の老夫婦がのんびりと畑仕事をしているのを、開け放した家の窓から見ているうちに、自分も無性に畑仕事というのをしてみたくなったのだ。
で、頼みこんで、今回の畑入門となったわけであります。

子供の頃からモノを作るのが好きで、帽子や袋なんかを古着からこしらえたり、コラ-ジュ作品をつくってブックカバ-にしてみたり、写真を撮ってきては葉書にし、フリマで売り捌いていたりもした。だけどなぜか食べるものをいちからつくるということには、おもしろいカモ。と心の隅では思いながらもうっちゃってあった。父が趣味で畑をしていたので、やろうと思えばできたはずなのだが。。。

農家というとまた違うのだろうけど、趣味で畑仕事を始めるということは、こんなにも生活に彩りを添えるものとは思わなんだ。 

友人の、モノつくりが生業のレゲエなお兄ちゃんと、「ヤッパ、自分の食べるもの作れる。ってイイヨネ~」と、畑願望を互いに語りあった都会の忙しない夜を思い出す。
畑って、時間にも自分にも余裕がないと出来ない気がする。日本でも、精神的にはまぁまぁ余裕ある(?)生活を送っていた気がするけれど、実はそうでもなかったのか、それとも趣味が変わったのか、いやはや成長したのか??

まぁいいや。
でもなんだか少しリッチになった気分がするはなぜだろう。

今日は小さなタマネギと、ズッキーニというきゅうりに見た目が近い野菜を植えた。
明日は学校の帰りに、先生役のレナートじいちゃんに指示してもらった種と苗を買いに行き、
金曜に畑講座。今から楽しみだ。
[PR]
by zefiro04 | 2005-05-05 02:02 | ほんの日常
<< イタリアオトコの賞味期限 オタクさま、バンザイ! >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング