伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
ある試験の一日
先日、CILSという頭の痛くなるような試験を受けてきました。

倒れるかと思うくらいの長丁場。
受けたくなかったんですけど。。。受けました。。。

さすがイタリア、仕切りに緊張感ナシです。

担当試験官のひとりは、語学のクラスの教師。
試験中だってのに、「ちょっと、大丈夫?できてる?難しい??どーなのよっ!」って。。。試験中でしょ~!この残りナンプンが私にはとても大事なんです~集中させて~ってな具合。その上、机に置いていたハンカチを黒板消し代わりに使われてしまうし、「あぁ~、それは私のハンカチィ~」と試験中に慌てた声を出してしまいました。

まず試験場に入るなり、友人たちが溜まってて和やかに談笑。そこには緊張感なんてものは感じられませんでしたね。。。「日曜に湖行ったら、風邪ひいた」とか、「トスカ-ナ、良かったよ~」とかとか。。。果たしてこの試験のために、私も含め自宅で勉強した人はいたのでしょうか。。。

で、試験開始。
隣にはキュ-バ人の友人が座っていたのですが、終わるの早い、早い。。。
ウルグアイやウクライナ、ブラジル人も早い、早い。。。
反して、日本人(私だけ)、アゼルバイジャン、モンゴル、多分アラブ諸国の人々は。。。大苦戦。。。

途中、お茶したのですが、ブラジル人は「ちょっと~、簡単スギ~」とウクライナ人と余裕の会話。私に、「簡単だったでしょ」と聞くので、「ナワケナイジャ--ン!!」と答えると、横からウルグアイ人がなぜか踊りながら、「私ら外国人♪できなくて当たり前~♪」と歌いながら慰めてくれたりと、全くもって緊張感ナシ。そんな私を不憫に思ったのか、キュ-バ人、「これ食べて元気だせ!」とド-ナツを差し出してくれたのですが、「い、いいよ、いらないよ。。。」の私の言葉に、「試験ができないのも、げんきがないのも、腹が減っているせいだ!食べろ!」と、強要。

食べました。。。

おいしかったけど、なんか陽気もよかったせいか、試験中眠くなりました。。。

うとうとしながら、試験ができないのと腹が減ってるのとは関係ないよなぁ。。なんてボンヤリ考えながらもどうにか筆記問題終了。最後に会話の試験があるのですが、妙に盛り上がってしまい、試験後も試験官と日本ネタで雑談して退室。。。

なんか試験っていう感じのしない一日でした。。。
まぁ、そこそこ楽しかったので(??)、いいですかね。。。

そんなこんなな試験でありました。。。
結果?どうでもいいです。ハイ。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-13 18:04 | ことば
<< ある装丁家 病院へ、ゆきませう >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング