伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
時の経つのは早いもので。。。
相方からの、「ねぇ、ねぇ、来週はナンの日か覚えてる?」という問いに答えられませんでた。。そういえば。。。あぁ、結婚してちょうど1年になるんスね。。。。

早ぇ~

何を申そう、私はかなりオンナ度の低い女でありまして、私が結婚するという事実に周囲の反応は、素直に喜んでくれる人もいれば、「オ、オメェ、結婚するのかよっ!」とか、妙齢のご婦人からは、「あなたと結婚してくれるなんてありがたいことだから、大切にしないとダメよ~。次はないわよ」とありがたいご忠告をしていただいたりというものでした。

要するに、キレイどころでも、気の利くどころでもないオナゴであります。
ちなみに、女性の方からは何度か、「あなたがオトコだったら。。。」と嘆いていただいたことはありますが(無用の嘆きですな。。。)。。

余談ですか、今でもうちのハハは、「捨てられるんじゃ。。。」と口にいたします。そんなハハには、「ハハ上、ご安心を。捨てることはあっても、捨てられることはないです。ハイ」とハハの心中を察しての私のイタワリ(?)の言葉に、「バカッ!」と一喝される、まだまだな自分。。。。額に修行の文字が浮かびます。。。

その実、私自身もよく結婚したよ。なんて密かに思うほど、いい加減な交際期間を過ごしておりました。結婚の話しが出てからも、日本でやりたいことまだあるんで~。ということで2年だか3年待ってもらいましたし(この辺のことももう忘れかけてる。。。)週末や平日の時間のあるときに、ウェブカムで話しがしたいから。という申し出にも、「ムリ」と一蹴。自分のやりたいこと、やらなきゃいけないことでテンテコマイだってのに。。。当時の私には考えられないことでありました。

相方は2度ほど日本に滞在しているのですが、その時も「ほかへ泊まっとくれ」との私の冷たい言葉に、「も、もしかして、アソビなの?」なんて言われる始末。親からは、「結婚の約束もしてない男性、しかもガイジンなんてっ!!!」と泡吹き出しそうな勢いで怒られ、「結婚を前提にしてるんでしょ?」とか「結婚の挨拶にくるのよね?でないと、ご近所の目が~ブクブクブク。。。」ってな状況(結局2回とも拙宅にご宿泊だったんスけどね。。)そんなこんなな状況が一気に重なり、婚約者ってことになり、結婚と相成ったのですが、この間にもハハを相方の両親に会わせにイタリア連れてったり、彼を遠方の親戚に紹介したり。。。あぁ、エトセトラエトセトラ。。。と、こっちが泡吹いて倒れちまうがな。ってなことを散々やった末になんとか?結婚式を挙げたのが約1年前。涙なしには語れぬこの苦労(と自分では思ってますが。。。)。。

しかし時の過ぎるのは早いもので、そんなドタバタな日々から早一年。
一時はどうなるのやら。。。と考えたりもしましたが、結構どうにかなるもんで、最近はちょっとづつではありますが、落ち着いてきております。といっても、まだまだ取り組まにゃならん問題もありますし、これだけ離れたところにヨメに来ると、これから両親の健康問題とかなんとかが出てきたときの対応とかもあるしですね。。云々。。。いやぁ、人生問題だらケですな。考え出すとキリないので、この辺で。。。

と、ある私の友人が、こんなに遠距離で長期間、しかも私の淡々とした対応とデカい態度に、よく相方が愛想をつかさなかった、と驚きを隠しきれないらしく、相方に「ナゼ?」というメ-ルを送っておりました。昨夜はその返事を返してご就寝。

気になっております。彼の答え。。。

聞いても答えてくれないので、「後悔してません?」と聞いてみました。
後悔するのには、まだ早いでしょ~」とのお答え。

交際中さぼっていた相方業。
気負わず精進してゆかねばナ~。とやっとこの一年で思っておりまする。
お互いに後悔を感じずに歩んで行きたいッスけど、これって意外にムズカシかったりするんですよね~来年は一体どんなことを考えてるんでありましょか。

はぁ。。それにしても時の経つののなんと早いことか。。そして、なんと先のながいことか。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-23 06:22 | いろごといろいろ
<< オノレの音楽体験を振り返ってみ... ある装丁家 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング