伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
オノレの音楽体験を振り返ってみる~ミュージックバトン
kaiokoさんから、ミュ-ジックバトンなるものをいただきました。
ではでは、早速。。。。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
あっ、分からんデス。。。

☆今聞いている曲
C・バルトリの「Viva Vivaldi」と題されたパリでのコンサ-トビデオ。全曲ヴィヴァルディの曲で構成されてます。熱いデス。と、第一ヴァイオリンのおやっさんの動きと表情がイイです。それと、たまに踊りたくなると映画『カストラ-ト』のコンサ-トシ-ンを見ながら聴きながら踊ってマス。やっぱり、熱いデス。

☆最後に買った CD
ここんとこ購入してないので、最後に買ったもの、覚えてませんです。。。。

☆特別な思い入れのある 5 曲
1)映画『バクダット・カフェ』の「コーリング・ユー
これ、ヒットしたのはジュヴェッタ・スティ-ルという女性が歌ったものですが、ボブ・テルソン(男性)が歌ったものの方が好きです。

※高校生のころ、腹立たしいことがあったり、昼寝するときによく聞いてました。寝れます。そしてこのゆるいテンポが怒りのテンポと正反対で、怒り鎮火力は絶大でありました。

2)ユアン・マクレガーの出世作『トレイン・スポッティング』の「ボ-ン・スリッピ-」。

※ひとりで年の瀬のパリで安宿に泊まっていて、夜にオレンジ色の電灯の下、食堂でぼんやり座っていた時にラジオから流れてきた曲。ここで、再婚した父親にひとりで会いにきた淋しげなアメリカ人の少年や、日本語を独学しているポルトガル人の国際弁護士のお姉ちゃん、日本の豊かさを羨やむ東欧の学生らに出会いました。人々の人生を垣間みたことと、飛行機に乗り遅れて大変な思いをしたことを思い出します。

3)J・ジョプリン「サマ-・タイム
これ、ガ-シュインのオペラ『ポ-ギ-とベス』の中で歌われるアリアをロック歌手の彼女が歌ってます。冷えびえとした彼女の歌声は、なんびとも真似のできないスゴサを秘めてます。ドラッグ漬けでこれだけの歌唱ができるとはっ。驚嘆。。。

※学生の頃、友人が有名なジャズ喫茶やバーなんかへ連れて行ってくれたのですが、その際、リクエストを所望されるとこればかりリクエストしてました。ってジャズの曲、知りません。そんな別世界を紹介してくれた彼は数年前、精神を病み自殺。。。この曲、難しいです。人生も難しいです。そんな様々なムズカシさと本で読んだJ・ジョプリンの人生、彼の人生がぐるぐると渦を巻き、彼を思い出します。今では彼の顔をよく覚えてないけど、なんとなく当時連れていってもらったジャズバ-で感じたこととか、雰囲気とか。。。思い出します。

4)バッハBWV508「Bist du bei mir
よく結婚式などで歌われる曲。

※音大生なんてもんをやっていた時、授業で歌った曲です。発表会をする段になり、皆がみなこれを選ぶので、「アンタ、他の曲にしなさいよ~」とかケンケンゴ-ゴ-した曲。単純な旋律ながらも、「神の領域」入ってる気がします。ちなみに、私はこの曲を歌うのをあきらめた派です。。いつかどこかで歌えるといいなぁ。

5)Japanese Koto
お題どおり、琴の曲集。さくらさくら、荒城の月なんかが入ってマス。

※まだ相方と交際中のある年末のシンシンと冷える夜に、なにか音楽でもかけよかね。ということになって、「コレ、いいよ~」とかけてくれました。ズッコケました。。。これを聴きながら、私が持ってきたエセ書道セットで私の帰国の土産と、友人たちへの年賀状代わりに、半紙に鶴やら亀を模写していました。ナツカシ~。今でもたま~に思い出したように聴いてます。落ち着くそうです。他には太鼓なんかも好きだそうです。。

☆バトンを渡す 5 名
スイマセン、思いつきませんです。。。

よく考えると、こういう質問の答えって考えたことなかったです。思いつくままに書いてみて、いかに自分が節操のない音楽体験をしてきてるのかが判明。。。もう十年後にもう一度自分に問うてみたい気もしますね。。。kaioko姉さん、ありがとうございました。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-28 07:50 | 音のあるくらし
<< 初夏の夜に思うこと 時の経つのは早いもので。。。 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング