伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
初夏の夜に思うこと
週末は、相方の実家へ行って参りました。
夜、マンマからダンスホールへ一緒に行くか、彼と友人宅へバーベキューしに行くか選べと言われたので、踊らされるては困ると、彼と彼の友人宅へ。

いやぁ、とにかくッケェ----家でした。しかも、女20代ひとり暮らし。。。

この日は自宅と物置小屋ではなく物置家(?)を隔てる廊下でバーベキュー。この二つの家は屋根でつながっているので、日差しと雨が防げるようになっています。そのすぐ横には、軽くボ-ル蹴りなぞできる照明付き空間。その先には、彼女の家族の趣味である狩猟のための狩猟犬の小屋(数匹所有)。。。そして200m先には、家族が住む家が別にあり、ニ-スには別荘もあるのだとか。。。

ゾクブツな私は、「天井」、「」、「カッ」を連発。。。みっとないですねぇ。。。

で、思わず彼女に「私とケッコンして~」と言うと笑われてしまいましたです。

彼女、周囲の男性陣も認めるスタイル抜群の美人さんで、口数少なく控えめな女性。その上、カネモチ(なんか下品ですねぇ。スイマセン。。)。これだけ条件が整ってれば、引く手数多だと思うのですが、なぜかモテない。

なぜにモテない?

帰宅途中に、この疑問を相方に質問してみると。。。
またも呆れられて、「大抵は一緒に人生を楽しみたいと考えて相手を選ぶと思うから、彼女は美人だけど話しかけても頷くだけだし、気力を感じないから恋人や結婚相手には考えにくいって考えるんじゃないかなぁ」とのお返事。

しかし、この彼女に猛烈にアタックを試みている人がひとりいるのですね。
その彼もこの日は同席していて、私にこの家の敷地の詳細を隣に座っていた彼女を差し置いて(必ず彼女の隣に座るはお約束)コト細かく説明してくれました。あまりに詳細で、「なんで、そんなに詳しいの?」とちょっと引いてしまいましたです。。。

この彼、貧乏ではなく名うてのドケチ。で、人に自分の分をかぶせようと画策&実行は日常茶飯事なのだとか。。。そんな自分を隠しもしないところは、人がいいのか、バカなのか。。。

女性は古今東西にかかわらず、こういう男性にはドン引きだと思うのですがね。。。
彼のアタックに、弱く微笑みながらかわす彼女を見ながら、「ただ自分を表現するのが上手くないだけな気もするけどなぁ」なんて感じてもみたり。。。彼女の良さを発見、気づいた男性はとてもお目が高い気がしないでもなく。。。この彼がソコントコに気づいた上での猛アタックなのかはちょっと疑わしく感じてもみたり。。。

初夏の夜に、ひとり俗な思考で頭が一杯になっておりました。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-28 17:56
<< ハウスマネ-ジャ-の使命 オノレの音楽体験を振り返ってみ... >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング