伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
写真
自分の写真が死ぬほど嫌いであります。

それは、「ごっつぁんデス」と写真にサインペンで書きたくなるようなご面相ということもありますが、体験的なものも大きいですね。

大学の入学式の日に、学生証を手渡されるとき、「お前はニセ学生だな!」と写真を渡してもらえなかったり、パスポ-トの窓口の人に、「こ、この写真はやめた方がっ」と言われたり、マルペンサ空港で、「ホントに日本人ナノ?」と爆笑されたり。。例えを挙げたらキリないです。。友人には、「写真、サイアクだよね」とも、「だまってるとコエ--から、なんか話せ」とも言われましたですよ。とほほ。。

どうやら、静止画像に耐ええないご面相であるらしいです。

そんなこんななことが重なったため、写真を撮るのは好きですが、撮られるのは嫌いなのであります。

相方と付き合いはじめてから、彼はたびたび自分のちょっとした写真をくれるようになりました。それは、証明写真のあまりであったりと、ほんとにちょっとしたものです。たまに、その写真の裏に何か書いてあったりもします。

最初、自分の容姿に自信のある人なんかいな?なんて思っていたのですが、色々知るうちに、自信はないけれど、私がヨロコブと思ってのことだというのが分かりました。

うれしいんですね。これが。
なんだかココロがほっかりするのであります。

そんな相方ですから、私の写真を欲しがるのですが、魔よけ以外に使い道がないように感じていたオノレの写真を人様に。。なんて思いつつも、遠距離生活も長いし、ウェブカムなんてのもヤル気なしだったので、仕方なく写真を渡したことがあります。

いやぁ、喜ばれましたよ。
そして、職場の机の上に写真を飾るという暴挙にまで及んでいました。

私は今、日本にいます。ってことで、写真を送れといつものように催促されたので、フツ-な写真は相変わらず送る気にはなれず、某所にて千両箱を持って逃げるその昔の泥棒顔ハメに顔を出した写真を送ってみました。はっきり言って、かなりマヌケな写真です。しかも顔だしの穴が私には小さく、顔のパ-ツが出ているのみという、淑女(?)にあるまじきマヌケ写真でありましたが。。

いやぁ、喜ばれましたよ。
しかも美しい!『能』のようダ!って、感動していたようです。

千両箱持って逃げる泥棒の顔ハメに、『能』の美しさや幽玄が感じられるとは思えませんが、まっ、よかったです。

あたり前ですが、どうやら美の基準なんてものは、国それぞれ、人それぞれであるようです。(でも「感じのよさ」というのはある程度は共通している気もしますが。。)

こんなに喜んでくれるんなら、もちょっと写真を送ってあげてもよろしいかしらん。なんて最近は思いはじめています。変われば変わるもんですね。でも、「写真つきの履歴書だったら、絶対に書類審査で落ちる!」なんて言ってくれちゃてもいるんですよね。ってことは、ビジンとは思ってないのかぁ(ちょっと残念(笑))。

誰かの写真を持っていたい、と純粋に思う気持ちってのは、美醜とは関係ない場合も多々あるようですね。

※イタリアでは、たまに求人に「ビジン求む」なんて書いてあります。なもんだから、履歴書に「容姿端麗」なんて書くのはよくあることだとか。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-07-29 23:38
<< うらない 第一回七夕記 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング