伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
ト-キョ-
ちょっと働いておりました。

なもんで、小銭が入ってくる予定ができ、相方が来日した折には、おごってやるかい。なんて、私としては珍しく太っ腹な気持ちになっております。

個人的には、コジャレタレストランなんてものはお肌にあわないので、怪しいとか妖しいとかヘンとか趣きのあるところを希望。折角の限られた滞在だし、あちらではお目にかかれないようなツボにきそうなところへ連れて行きたいと、頭を悩ませている最中なのであります。

元相撲部屋だった土俵レストランか、それともキル・ビル1でも舞台になったQ・タランティ-ノが愛する和風お食事処か、はたまたガンコ親父がでっかい洗面器みたいなボ-ルに無造作に具をいれてもってきてくれるもんじゃ焼き屋 か・・(ココ、飲み物頼むと「自分で持ってけヨ」とか言われるアットホ-ムな(?)もんじゃ焼き屋さんデス)

う~ム、悩むネ。

で、中々おもしろそうな所を見つけたので、早速相方に報告。「いいとこ見つけたからおごってあげようと思ってるわけよ。どお?」なんて私のココロ暖まる言葉にどうやら感動したご様子。続けて「忍者レストランなんだけど」って言葉には、しばし沈黙。。「ダメだよ。そんな所はダメ。落ち着いて食事ができないじゃない!」とのこと。ハテナ?「だって、タタミの下にニンジャが隠れてるから、いつ飛び出してくるか分からないじゃない。落ち着けないよっ。絶対ダメ!」。今度は私が沈黙。。本気っぽかったので、そのままにしときました。そういう誤解もまた楽しかろうと思いましたので。。

それにしても、東京は面白いとこ満載な街ですよね。
こんな街、世界中を見渡したってそうそうない場所だと思います。

この間から休暇を利用して東京に日本語を勉強しにきている私の教え子からは、連日、驚きのトーキョー体験がメ-ルで送られてきます。それに反して、ある大学生のお兄ちゃんと話しをしたとき、「東京ってつまらないじゃないですかぁ。やっぱぁ、海外行きたいッスよ」ってなことを言うておりました。いやはや残念。思わず握りこぶしで「もったいな~い!」と叫んでしまいました。

やっぱり、近くにあるものは見えにくいものなんですかね。こういう憧れが、日本にヨ-ロッパの街並みをつくってしまったりという需要を生んでいるのかしらん。。とちょっとシンミリしてしまいましたです。あたしゃ、黒壁とか長屋とかがあたり前にある風景なんかが好きなんだけどなぁ。。。ってこれはただの自分の趣味でしたね。スイマセン。。

明日は教え子と会うことになっています。今でも残る池波正太郎の愛したシブイ蕎麦屋にでも連れて行こうかなぁ、と計画中。彼の小説に出てくる愛すべきニッポンをネタに蕎麦をすするってのもなかなかオツな過ごし方かも、とほくそ笑んでみたりもして。。

しかし、相方はどこへ連れて行こうかしらん。
悩ましいけども楽しくもある悩みに、しばし暑さを忘れております。
[PR]
by zefiro04 | 2005-08-16 19:59 | そんな旅もありました
<< 出会い うらない >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング