伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
出会い
パッセンジャ-」って言葉がありますよね。辞書なんかを引くと、「旅行者」とか「通り過ぎる人」とかとかとあります。

東京の街を歩いていると、とにかく沢山の人たちとすれ違うのですが、このすれ違って行く人たちとお知り合いになったことは今までの私の人生の中では一度もないんですよね。

でも東京の街中では言葉を交わすこともなく「通り過ぎる人」である「パッセンジャ-」が、飛行機に乗っていざ「旅行者」となった時、お知り合いになれる率ってグンと高くなるよな気がします。

やっぱり長時間を同じ空間で過ごすという特殊な環境下にあるからかもしれませんね。しかし最近は以前に比べて、このお知り合いになれる率がグッと低くなってるんですよね~。

なぜだしょ?

多分、「快適」になったからじゃないかなぁ。と思うのですよ。自分の好きなときに映画が見られたり、ゲ-ムができたりと、いわゆる「ヒマつぶし」が充実してきたお陰で、「ヒマつぶしに、誰かと話しなぞをしてみる」という機会が格段に少なくなったような。。。(って、そんな進化した飛行機内の「ヒマつぶし」に我先にと飛びついマス)。

でもちょっと思い出してみると、飛行機内では普段は話しをする機会が中々ないような人たちと話してたりするんですよね。例えば。。日本の某宗教家を崇拝するイギリス人ヴァイオリニストの卵、共産圏への旅行が人生最大の楽しみと話すタクシー運転手に、手品で登校拒否児を釣り(?)クラス内登校拒否児ゼロを達成した小学校教師。。などなどと、結構楽しい人たちと出会ってるんだなぁ。

今回の帰国する際の便では、隣にオ-ストリアのアニメーターを目指すお姉ちゃんが座っていたので話しかけてみたらエラク盛り上がってしまい、「アンタ、面白いわね。どお、この後コ-ヒ-でも?」と誘われました(でも両親が迎えにきてくれてたので、お茶できませんでしたが。。ちょっと残念。。)。

いやはや、凡人普通田舎生活を送っている私にも「パッセンジャ-」という名の「旅行者」に変わった時には、こんな一期一会な楽しき出会いが用意されていたりするんですね~。それを考えると、ともすればそんな私に与えられた千載一遇のチャンス(?)が、「最新ヒマつぶし」によって、逃してしまっているのかも~なんても考えてみたり。。(でもこれがあると、ホントに時間が過ぎるのが早くてイイのよね~)

なもんだから、出会いも楽しみだったりする飛行機に、これ以上「お楽しみ」が増えたりすると、うれしい反面、楽しき出会い率が減少するのでは?とちょっとフクザツだったりもして。。

そうそう、昨日やって来た相方の隣には、ビジンの日本人女性が座っていたそうです。話しかけたかったけど、このビジンさんは「最新のヒマつぶし」に夢中で、話しかけるスキがなかったのだとか。。。

ふふふ。。今回はちょっとこの「最新ヒマつぶし」に感謝(?)です。
[PR]
by zefiro04 | 2005-08-24 11:58 | そんな旅もありました
<< 骨董市にて ト-キョ- >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング