伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
骨董市にて
ョ-ブ、買っちまいましたですよ。。。

連日の骨董市めぐりで、火鉢、箪笥などなどをねだられるも、
ハウスマネージャーの使命としては首を縦に振れなかったのですが、なぜか屏風には『買うてヨシ』と言うてしまいましたです。。

これは彼にではなく、売り手のオジサンの気迫に負けてのことであります。。とほほ。。

視線を逸らさずまばたきもせず、ジッと見つめられて、「で、どうするんで?」と時代劇かかった口調で詰め寄られ、「ゴ、五千円ですかぁ。。」と、少々後ずさりしながら私。これにすかさずビシッと三本指を立て、「三千円で」と一言。「なんでそんなに安いんですかぁ」と訝しげな我が問いには、「気に入ってもらったんで」とグイッとにじり寄られてまたまた一言。。

無駄がないのよ、すべてに。。。

相方に、「三千円だってサ、欲しいの?」と聞くと、満面の笑顔で頷きまくり。。。「自分で持って行きなさいよ~」にも頷きまくりで、購入と相成ったわけですね。。

なんだか骨董市の店主さんたちは、静かな気迫に満ちている人が多い気がします。

『う~ム、あなどれん。これがフリマと骨董市の差か?』なんて考えていると、「ヨヲッ!」と連日の骨董市で顔見知りになった、気迫なぞはついぞ感じさせないホンワカとした店主のおじさんに声を掛けられたので、「調子はドですかぁ?」と聞くと、「ぜ~んぜんダメェ」と笑顔で返答。ヒョイッとおじさんのお店を覗くと、この間と全然品揃えが変わってないし。。売らないとっ!おじさんっ!

もしかして、気迫に欠ける者(モノ)は寄り集まってしまうのかしらん。。(いやいや、離れがたいのカモ(?)。。)そういや傑出した品とか人とかで群れてるものって少ない気がするなぁ。

売れてる店はどんどんお店がスッキリしてくるのに反比例して、我が家にはお安いコットウちゃんたちが山となってゆく。。。ってなことで、すでにうちには渡伊予定のガラクタ。。いやはや骨董が山になっております。。。

どうすんのよ、これ?

でもよ~く見ると、お安くて骨董的価値は低いながらも、なんだかカワイク愛らしいのですよ。ひとつ100円のおちょこがゴロゴロ寄り集まっている様なんか、『一生かわいがってやってもよいぞヨ』なんて、エモイワレヌ気持ちが沸きあがってきたりもします。

”気”がビシバシ放出されている孤高の一級品にも憧れますが、今のところは気合なんか微塵も感じさせないユル~イお品が我が家には合っているようです。

だけどどうしましょうかね、この荷物。。。
あぁ、ため息。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-08-28 23:00 | そんな旅もありました
<< 本は人生の足跡ナリ?-ブックバトン 出会い >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング