伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
時制って、大切です。
最近、やっぱりちゃんとイタ語使えないとマズイかも~。。と、ある出来事をきっかけに、またも(一時的?)ヤル気になっております。。。

ある友人が、「ダンナの同僚が、彼の誕生日にクスリをプレゼントとしたのよ!どう思う??誕生日プレゼントにクスリってオカシイじゃないのっ!だから、ダンナにもう彼らとは付き合うなって言ったのよっ!!」と、かなりご立腹でありました。そりゃそうでありましょう。誕生日プレゼントにおクスリってのは。。フツーはよろしくないですよね。。

で、彼女の憤りはまだまだ続き。。。
そりゃぁ、私もクスリやってるわよ。でもイイ年の大人がクスリを誕生日に贈るなんてサイテーよねっ!!」。(ムムム。。?!)。。「ちょっと待った。で。。今もクスリ、やってるの?」と聞いてみると、「やってるわけないじゃないのっ!!」と逆ギレ。

そりゃぁないよ。君の時制がメチャクチャなのが悪いんじゃん。もし私がここで聞き返さないで、誰かに「彼女、クスリやってるんだよ」なんて言ったりしたら、マズイでしょ。。。ってなことで、彼女の怒りはまだまだまだ続く。。なのでありますが、こんなことや、聞き手にパズルを組み合わせてゆくような苦労を強いる時制メチャクチャな友人もおりまして、「せめて、時制の使い分けはきっちりできないとダメだよなぁ」なんて、今更&また思っているのであります。

もちろん、時制に限ったことではありませんが。。話題によっては、時制の取り扱い次第で誤解が生じてしまうこともありますよね。これがもし仕事の上の話しだったら、かな~り痛い。。

しかしイタリア語の時制って、一口に言ってもかなりの法則を覚えなきゃいけません。私の場合はよく使うのだけを覚えて、あとは使い回し。広がりも深みもあったもんじゃありません。とにかく、「よう変化してくれるワ」ってぐらい、色々な形に変化してくれるのですよ。規則形だけでも結構な数なのに、これに不規則形も加わるのですから、すでに私の許容範囲を超えとります。。とほほ。。
  
先日、語学学校の先生が、「日本語や中国語なんて、新聞や本を読むために、トンデモナイ数の文字を覚えなきゃなんないのよ。それに比べたらイタリア語なんて、これだけのアルファベットを覚えたらもう読めるんだから、楽でいいわよ」なんておしゃってました。。。

いやいや、日本語が母国語の私にはその先のイタ語が大変なんですよ。。
なんて言っても、しょうがないか。。。

仮にイタリア人として生まれて母国語がイタ語、でもってひょんなことから日本語を勉強しなくちゃならなくなったら。。あぁ、そんな今更ありえない不毛なこと想像しても、それこそしょうがないですね。。

でもどっちが大変なんだろ?

・・・・

。。。素直に現実を受け入れて地道に勉強しますかね。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-11-18 04:43 | ことば
<< 割り込み 秋の夜長の屏風鑑賞 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング