伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
師走の痛い出費
1.39,797

悲鳴あげて、飛び上がっちゃいました。この数字みて。。。

これ、今月中に支払わなければならない゛電気代゛デス。
ふたり暮らしで2ヶ月で、いつもは約30ユーロ前後。それを考えると、この数字は考えられないのですが。。色々調べてみた結果、やっぱり支払わなけりゃいけない金額なんだそうです。。

ドーいうコトなんですかっ!

と、静かに怒り心頭ですが、仕方ありません。。(涙)。。

アンタん家の電気メーター、新しいの変わったから説明書を読んどきなさいね」と大家のおばぁちゃんに言われたのが先月の半ばごろ。どうやらこの新メーターがきっかけで、今回のトンデモネー料金になったようです。

後で知ったのですが、うちの地域はメーターチェックの人が来るのは1年に1回なんだとか。じゃぁ、どうやって来ない月の料金を出すのかというと、「大体」で換算。一人暮らしで、この前のチェック時にはこんぐらいだから、こんなモンでしょ。ってな換算方法らしい。。でもって、私が引越してきたのが頭になく、相方の独身時代のデータをもとに換算された模様。そして今回の新メーター交換にともない、旧メーターに残されていた数字から、請求し損ねていた゛私分゛がはじき出されたのだそうです。この数字。。

めまいが。。

相方には、日本の某テレビ局の視聴料金未納者における数々の武勇伝を語りきかせ(あっ、うちは払ってました)、「こんなトンデモネー料金、踏み倒しちまおう!!」と言うも、「それしたら、引越したり家買ったりしたとき、電気ひいてくんないよ」と静かに言われてしまいました。やることはエエ加減でも、そういったところは手厳しいようです。

ナンダカナァ。。

しかし1年に1回はメ-タ-チェックしてるとは言うけど、私がここに来たのは2004年の4月。。もっと早くに気づかなきゃいけないはずなんじゃ。。。

。。。考え始めるとキリないんで、やめましょう。。。よくあることデス。。

で、新メーターなのですが、これは旧式とは違って自動的に中央に使った分だけ報告するので、今までの「大体料金」ではなく、キッチリと公正に請求書が送られてくるそうです。といっても、どこか信用できないんですけどね。。

このことがあってから、一時間でどのくらい、何がどのくらい電気をくうのかを初めて知りました。というか、調べました。

こちらに来てから「自己管理」ってなことを痛烈に感じることが度々あります。イマイチ信用できないから、こっちがしっかりしなければ。というところでしょうか。こういうのとはちと違うかもしれませんが、イタリア人の選挙での投票率の高さって、もしかしてこんなことの積み重ねにあるのかも?。。。勝手にそんなことまで考えてしまいましたです。

それにしても、1.39,797ユーロは痛いデス。。とほほ。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-05 07:10 | 隣人と不動産
<< 語学の習得能力 割り込み >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング