伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
隣人たち4
うちの階の踊り場にりある洗濯物干しに、めいいっぱい下着を含め毎日干しまくる階下の
ポルターガイスト母娘、大家からうち側の干し場はうちのだから使うな。と話し合いで確認したにもかかわらず、また干しはじめました。しかも、下着。。

でもって、うちの場所にうちの洗濯物を干していたら、どかされてました。。。自分たちのものを干すために。。。その上、うちの通り道を塞ぐかたちで干しかえされてました。。。(涙)。。

なもんで、これにはさすがの相方もイカリ、「洗濯物をどかさないでください。通り道を洗濯物で塞がないでください」の貼り紙をしたんであります。

ほんとはこういうの嫌なんですけど。。。この母娘、「デンキケシテケ」
の文句を廊下に貼り出したのですね。あまりのコワサに、二度ひっぺがすも、その度「デンキケシテケ」を貼りかえる始末。しかもスグです。スグ。だって、一週間七日、一日24時間在宅ですから、こ-いうことやるの早いデス。でもって、いつもドアに張付いているのが分かるくらいの妖気がドアから滲み出ていて、外の出来事(といっても、せま~い世界のこと)に敏感なので、紙をとる音にすぐ反応します。

すごくないですか?それ。。

まぁ、それでこの親子にならって注意書きを出してみた次第です。

で、話し戻って。。朝方、相方が出勤の準備をしているとき、踊り場から叫び声が聞こえてきました。「なに貼り紙してんダーーーーーーーーー!!!」を軸に、使ってはイケナイ言葉が飛び交っていました。ひとりですぐに、しかも朝っぱらからこれだけ盛り上がれる。。。

それもすごくないですか?(ある意味、ソンケーです。。)

ボク。。もう疲れた。。。なんであんなに頭オカシイんダ??」と出勤前からすでに相方、憔悴しきっていました。でも行かねばならぬので、いつも通り一階のこの母娘のドアの前を通ったら、娘が飛び出してきましたですよ。

スゲー瞬発力。。体、重そうなのに。。。

そして相方とっつかまえて、怒鳴り散らしてましたです。「もう、いい加減にしてくれ。ぼくは会社へ行かなきゃならないんだ。それに、洗濯物のことは話し合いで決めただろ。ツマをそっとしておいてくれ!!」と言うも、「オメーのツマのことなんか知るっカッーーーーーーー!!」と怒鳴り散らしてましたので、二階のベランダから挨拶してみました、私。片手に録音機を持って。

おはようございます。洗濯物のことは昨年話し合ったじゃないですか。あそこは私たちの洗濯干し場です。そして私はあなたたちの下着を見たくないんです。お願いします」というも、「全部アタシのものダーーーーーー!」と埒があかないので、「申し訳ないですけど、録音させてもらってます」と録音機を見せてみました。

これにビビッたのか、逃げて行きました。

笑える。。

いつも持ち歩かなきゃイケマセンね。こういう人たちのために。。(ため息)。。

でもって、その後、大家に電話し会いに行きましたです。もちろん録音機もって。彼女たちはいつも自分たちに都合の良いように事実を捻じ曲げて大家に話し、大家もオカシイとは思っていたようですが、本当のところがイマイチ分からなかったみたいです。

が、

この録音で納得したのでしょうね。今夜、言いに行くそうです。もうこれは、話し合いのレベルじゃないですね。

大家の家に行くときに、彼女らの家の前を通ったら、家の中で叫んでおりました。

元気、だね。。

帰ってくると、今度はうちの貼り紙がズタズタになって、これでもかっ!!と洗濯物が干してありました。なぜにそんなにガンバルんでしょかね。

ほんと、元気デス。。

うちの窓から、彼女らの半分嫌がらせなんだろな~。と思える大量の洗濯物が見えます。外は、雨。このがんばりに合掌ですね。。とほほ。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-03-28 18:09 | 隣人と不動産
<< イタリアで免許収得1 移民に愛の手を! >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング