伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
スト
ショーペロ』というトンデモナイもんがイタリアにはあります。これ、ストです。スト。日本に住んでいた時は、トントお目にかかったことないストが、こちらではしょっ中やっとります。うちの地域はここ数ヶ月は月に1、2度の割合でやってくれちゃってますね。

最悪ですわ、最悪。

私の住む町は陸の孤島なもんで、バスがこないとホントのほんとにどうにもなりません。フツーに来ても1、2時間に1本。休日になると、元から少ない本数が更に激減します。。その上、最終はうちの町からだと19時台。近場の中都市からだと20時15分。

は、早っ。。

ということで、こちらへ来てからは相方タクシーなくしては夜遊びもできぬ始末。友達に、「レイトショー見に行こうよ~」とか、「皆で飲むからおいでよ~」とかとかのお誘いには一切乗れてません。だって、バスなくなっちゃうんだもん。。(涙)。。(でもこのお客に優しくない本数でもないと困るんですよね。。)

で、今日もストです(号泣)。。

昨日はバスの事務所に電話&町の乗車券売り場へ行ってストの時間を聞くも、「ストがいつやるかまだ誰も知らないよ」とおじさん。「いやぁ、明日バスないと困るんですよね。。」に、「そんなの知らないね」と一言。まぁ、私の都合だから知ってもらわなくても当然なんスけどね、でももちょっと公共のモノの便宜つうかを計ってもらいたいもんス。とりあえず、「あぁ、イタリア。。」と溜息ついときました。   

でもなぜにこんなにストを決行するんでしょうね。

職場の環境改善とか、賃金の値上げとかとか。。色々ききますが、この月1、2ペースでストをしているのを見ると、「休日調整なんじゃないの?」なぁんて勘ぐちゃいます。でももし自分が毎日仕事に通っていたら、このストはかなりうれしいかも。。って、ほんとのところはどうなんだろな。

イタリアって、公共の交通機関がイマイチなんですよね。なもんだからか、車社会です。一家に一台ならぬ、ひとり一台ってザラです。ある本によると、先代のフィアット総裁さんが車を売らんがために、公共の交通機関を発達させなかった。なんてことが書いてありました。この方、イタリアの実質的な支配者だったそうな。今は前大統領のベルルスコーニさんが実質的な支配者と言われてますよね(最近、この方の自宅や別荘がメディアに流れてきてるんですが*、いや~スゴイです。金、持ってマス。そんなに金持ちでどうする?ってぐらいの金持ちです。いやはやその一部でよいから、公共機関に役立てて欲しいなぁ。。なんて願いはいけないかしらんね)

昔のものがそのまま現代まで残されてるところが良いとも言われるイタリアですが、公共機関ぐらいはもちょっと近代化して欲しいよなあ。。

*大統領の自宅や別荘は、任期期間中はメディアなどで公開されることが禁止されてますが、この間の選挙で敗退したベルルスコーニさんは、もう大統領じゃない。ということで、ただ今、マスコミに盗撮(?)、空撮されまくっとります。一見の価値アリ、見ごたえアリの大豪邸です。よかったらドゾ。
[PR]
by zefiro04 | 2006-05-19 18:32 | ほんの日常
<< 隣人たち6 どんなニッポンを見たいですか? >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング