伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
国際結婚への目
町を歩いていると、かなりの年の差カップルをたまに見かけます。大抵は男性側のイタリア人は、すでに老年の域に入ったかぐらいの年齢で、相手はとても若い外国人女性だったりします。私の友人の中にも自分の年の倍以上のイタ男性と結婚してるのがいます。そこに愛がある。とか、ないとかは知る由もないし、なんともいえませんが、そういったカップルに対する心情は、私が見聞きする限りでは、あまりよろしくないようであります。

それは単に年の差がかなりある。というのではなく、一時、偽装結婚ってやつが横行したからその一環で。というのもあるようです。だからか、滞在許可証を申請すると、警察官が自宅へ、本当に結婚して一緒に住んでいるかをチェックしに来ますね。私が前回申請したときも、家の間取りやらをチェックしに警察官がやって行きましたです。実はその時にちょっと留守をしたら、その後、警察官に呼ばれ、「君が結婚してここに居るのは分かってるけど、警察官がチェックしに行ったときに家に居ないと、ウソの結婚だと思われて、滞在許可証は降りないから気をつけてね」と言われましたです。

その時は、「へぇ~、すんません。。」って感じでちょっと遠い世界に思ってたんスけど、こういう話しって結構身近にあるもんで。。。

相方の知り合いの奥さんが東欧出身の才女だったそうで、アメリカへ研究をしに渡りたくてもビザが下りず、イタリア人と結婚して暫くしてからダンナを捨て、結婚したままアメリカへ渡っちまったそうです。

ほかには。。。私の通っている語学学校に、ある南米女性が通っていたんであります。彼女は誰がどうみても゛妊婦゛でありましたがが、それを否定しておりました。で、ある日の授業中に役場から彼女の腹のことで聞きたいことがあると電話があり、教室を出て行ったきり戻ってこなかったのですが、その後を知る友人からの話しによると、彼女はその時点で結婚していなかったそうで、この出産(イタ人の彼氏さんにも内緒だったらしい。。って、このハラみたら分かると思うんですが。。)を期に結婚し、自国に残して来た子供を引き取らせろ。と彼氏さんの家族とモメテいるなんて言うてましたです。そして更に数ヶ月後に彼女の消息を友人に聞くと、「もう付き合うのやめたわよ。サイテ-よ、彼女。今は違うイタリア人と暮らしてるわよ」と言っとりましたです。この彼女、イタリアで生きて行くためにイタリア人男性を渡り歩いているようです。まぁ、ビザの問題やらを考えるとそれが手っ取り早いんですかね。

結構、こんな話しがゴロゴロあったりします。

もちろん、こういった事例って年の差云々って関係ないです。でも同年代カップルよりも、そんな事とは無関係であっても、そういった目で見られ易いってのはあるかもしれませんね。

以前、数人のイタ人と国際年の差カップルの話しになったとき、「これって、問題なのよね。。」と言ってた人もいましたです。多分、一般概念的に、そんなに年離れた人をアイすることができんノ?しかも外国人と?というのから想像が膨らみやすいってのもあるのかもです。

友達にも自分の倍以上年上のイタリア人と結婚し、つい先ごろ自国に残してきた自分の子供を引き取って暮らし始めた友もおります。自分の事を一切話さない彼女のことを、他の友達は、「彼女ヘンよ。ダンナはジィさんでしょ」とか、ゲッ、そんなこと言うなよ~。なことを言うのもいますね。あるとき彼女が、自分の子供の写真を見せてくれたとき、「パパ似なの、かわいいでしょ~」と言うのを見て、「なんで、イタリア人と結婚してここにいるの?」と聞きたくなったりもしましたが、話したくない彼女にそれを聞くのは酷だと思い聞けてません。

私も友人たちから相方のことを聞かれたり、写真を見せろ。と言われる度、面倒なので適当にごまかしてたら、ダンナはジッチャマでイタリアに住むために結婚したと思ってた人もいたらしいです。。とほほ。。なもんで、今は相方のことを聞かれると、写真を見せたり年齢も聞かれれば答えるようにしてます。本当は、誰にどう思われようとどうでもいいんですが、やっぱり知人友人らのそういった結婚に対しての反応とか見ると、クリアにしといた方がいいかもなあ。。。と思っちゃったりします。まぁ、別に隠してるわけでもないし、ただメンド-ってだけっだったので、最近はサラッと答えといてます。そういったときに、「あぁ、私はそういう風に見られたくないんだなぁ」と思ってしまったり。。多分、外国人と結婚してるということで、イヤ~なこと言われたりというのが今までにもあったので、あのイヤな気持ちをもうしたくないなぁ。。というところから来てる自己防衛みたいなもんですかね。。なんだかなぁ。。

結婚の目的って、人それぞれですよね。ふたりの目的が必ずしも同じでなくても、上手い具合に妥協して良い関係を築けてれば、それもひとつだとも思いますです。でも見てて気持ちいモンと、どうなんだろう、なんだかなぁ。。という感情を湧かせやすく、同国人同士ならされないような質問や、イメ-ジを持たれ易いってのが国際結婚にはあるかもしれませんね。まぁ、もちろん良いこともありますけど、手続きも含めてメンド-なことも多いんですよね。。

あぁ、ただ今、滞在許可証の更新を申請中なもんで、そんなこんなをツラツラと考えてしまいましたデス。。今回はスム-ズに取れるとイイんだけどなぁ。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-05-31 17:20 | いろごといろいろ
<< ほんの日常の、ふうけい 隣人たち6 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング