伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
隣人たち7
階下の気狂い母娘、ただいま他所にてバカンス中で、居ません。

゛平和゛とか、゛平安゛とかとかを感じマス。心穏やかでありますね。この母娘、毎日が日曜日なんだから何も今更バカンスもなかろう。とも思うのですが、やっぱりイタリア人、バカンスはバカンスとして、移動せねばならぬらしいです。出発前に、庭で母と娘が大喧嘩してるとこから、どうやら他の家族の家に厄介になりに行くらしいです。

子供にみやげなんかいらないわよっ!!

と庭で娘が母へむかい怒鳴り散らしとりましたです。

さびしい、っすよね。。

ちょっとしたみやげぐらい買っててやんなさいな。って感じですが、元来のケチに加え、かなり困窮してるのでは?と思われます。

実は最近、ドビ--ン。と来るようなことがまたありました。私はこの母娘、家賃を全く払ってないと思ってたのですが、少~しだけ払っていたようです。なんでも、一ヶ月50ユーロだけ。これ、ミラノでホテルに一泊宿泊しようとすると最低60ユーロ、ユースホステルでも一泊25ユーロぐらいが相場ですから、一ヶ月の家賃にしたら破格です。って、もちろん、大家が提示した金額ではありませんですね。この母娘が勝手に決めた金額なそうな。。で、大家が当然のことながら文句を言うたら、家賃を全額払わないのは、ウチのせいなんだそうな。。。

ドビ---ン

まぁ、それを大家は我が家へ言いに来たわけです。で、この母娘の言い分は、うちのせいで家賃を払わない。うちが母娘の家賃を肩代わりするか、母娘の電気代をうちが払え。ということだそう。

な、んで?

一階のこの母娘の家の電気メ-ターと、一階の廊下の電気(一個)のメ-ターが一緒になってるんですね。で、うちがこの廊下の電気を毎夜つけっぱなしにして行くために、電気代が跳ね上がったから。とのこと。

彼女ら、私たちがこの廊下の電気を使わないの知ってマス。

以前にも、この敷地内にあるレストランのコックが廊下の電気をつけるのが気に入らなくて、この母娘が廊下の電気を取ってしまったことがあるんですね。このコック、夜中にうちへ、ロウソクを借りにきましたわ(この後、コックと母娘との壮絶な戦いがあったのですが。。それはまたいずれの日に。。むふふ。。)。で、この電気絡みで、待ち伏せ、嘘、貼り紙。。なんてことしてたので、相方と「どんなに暗くても、この廊下の電気は使わないようにしよう」と決め、それ以来、使っていません。このことを母娘はよ~く知っていますね。だって、私たちが帰宅するのをどんなに遅くても待ってますから。。

で、この廊下の電気代は大家がみかねて、大家自身が払っています。が、彼女らの言い分は、私たちが毎夜電気をつけっぱなしにするため、大家が払う廊下の電気代分を遥かに上回る料金になっているというわけデス。

あきれますわ。。

毎夜待ち伏せしてて、私たちが使ってないの知ってるのにね。。

電気代ですが、メーター交換があった後、どの家も軒並み電気代が高騰しとります。うちもビックリしましたです。他の家も同じことになってるそうな。なもんで、この母娘の家だけじゃないですね。そこで思いついたのが、ここの家賃、もしくは電気代をうちに肩代わりさせよう。という案だったみたいです。。。

大家がうちへ来る直前に、外で草刈機で草を刈っていたとき、娘が大家に近寄り、「&*@#$よろしく」と満面に笑顔を浮かべ、頼みごとをしていたのですが。。。うちへ大家が言いに来ることをヨロシクということだったみたいです。あの笑顔、忘れられませんわ~。自分的には、かなりイケてる案だと思ったんでしょうね。

って、そんな嘘、通るわけないでしょ。

相方は大家へ向かい、「うちは廊下の電気を使ってないし、そんなこと言うなら廊下の電気を取ればいい。うちは全然構わないよ」で終わり。そこから大家と母娘がどういう話しをしたのかは分かりませんが、彼らの睨めつけが険を増した気がするので、上手く行かなかったんでありましょう。

ただ今、母娘はバカンス中。ちゃっかりしてます。自分たちが居ないときは、廊下の電気取って行ってますわ。

なんで、大家はこのおバカ母娘の正体が分からんのでしょうね。私のイタリア七不思議ッス。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-22 23:21 | 隣人と不動産
<< 不動産屋の営業さん イタリアで免許収得2 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング