伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
住めたら幸せな国(?)、イタリア
茶飲み友達がひとり減りました。

散歩していたら、顔見知りに声を掛けられ「知ってる?彼女、もうここに居ないのよ」とニンマリと笑い教えてくれましたです。他のイタリアオトコと別の町で暮らし始めたのだとか。そういえば、某御曹司が自分に気のあるようなことを言ってくる。となんだか嬉しそうに話していたので、「その人と住んでるの?」と聞くと、「違うわよ、他よ、他のオトコよ」だそうです。。

「。。。。」

彼女、つい最近まで私が住む町にイタリア人男性と住んでいましたね。最後に会ったときには、元彼氏さんのことを、「私の彼への想いは゛真実の愛゛なのよ!!純粋で偽りのない愛なの!!」と、力説し、母国へ大学の卒業試験を受けに帰国してから一ヶ月も経たないうちに他のイタリア男と同棲だそうです。。

「。。。。」

彼女はですね、背景がちょっと分からないとこのある人でありました。多分イタリアへ住みたくて。。。ってこともかなりあったんじゃないかと私は見ていますです。そして、私の知る元彼氏さんの前に、少なくともあとひとりはイタリア人男性と同棲しているんじゃないかしらんね。。

恋愛の数や期間、ナニ人と。。なんてことをどうこういうのはヤボってもんでしょうが、彼女はイタリアへ住みたくてイタリア人男性を選んでいたんじゃ。。と思うことしばしばだったので、気になります。気になる。っていうのは、彼女はなぜにそこまでイタリアに拘る必要があるのか?そして、イタリアは、イタリア人男性は彼女が思うところの幸せをもたらしてくれてるのか?そういったところが気になるんであります。

彼女の国は戦時中でもなく、あまり裕福とはいえなくても、そこそこの生活は出来る国であります。そして大学の最終学年。本当だったら、大学に通った上で卒業試験を受けなければならないのに、イタリアに来て彼氏と同棲し、たまに帰っては大学の試験を受けたりという日々を繰り返していました。大学の彼女への対応の悪さを私にグチっていたので、「あと少しで卒業でしょ。卒業してから、こっちへ来ても遅くないんじゃない?今は卒業することが大事だと思うけどなぁ」と言うと、「私はここに居たいの」と言うので、なぜ?を聞くと口を濁らせてましたです。

彼女、ここ数ヶ月は滞在許可証の取得について悩んでいました。でも彼女言うところの「真実の愛」があるので、これを機に彼が結婚の話しをするんじゃないかと思ってたら、彼が出した案は、彼のお母さんの住み込み介護婦として働くことにして滞在許可証を申請する。って話しになったんですね。こういう住み込みのお手伝いさんや介護婦さんのことを、最近はコルフと呼び、移民さんの中にはこういった形態で働き滞在許可書を得ている人もいるようです。

で、彼女むやみにプライドの高い人でありますから、かなり不本意ではあったのですが。。。仕方ありませんわな。これ以外に、彼女が現況下で滞在許可証を手に入れる手だてはないんですから。結婚も断られちゃったしね。私は、「その前に母国へ帰って大学をきちんと卒業して、それからイタリアで就職活動するなり、彼との関係を築いて行けばその先には滞在許可証もあるんじゃないの?」と言ってはみたけど、そんな彼女ですから聞く耳持ちませんわな。

で、ですね、ただでさえイタリアやること遅いです。その上、この形態での申請は、私みたいな結婚して家族ビザ。ってのよりもかなり時間を要すようで、イラついた彼女はよく私に、「いつになったら、滞在許可証は降りるの?」と何度も聞くので、「私は家族ビザの更新だから、時間はかかるけど問題なく降りるけど、あんたのは私には分からないわよ。そういえば、ルーマニア人が同じ種類のものを持ってたから、彼女に聞いてみる方がいいよ」と言うと、怒ってましたね。「私と彼女は違うのよっ!!あんなのと一緒にしないでよっ!!」だそうです。

複雑だなぁ。。

多分、うちの町に住む彼女言うところの゛真実の愛゛を感じた彼の元を去った理由のひとつには、滞在許可証の問題というのもあったんじゃないでしょか。彼女にとっては、結婚して取得。というのは、形に表れた゛愛゛でもあったんじゃないでしょか(かなり落ち込んでたからね。。)。そして、自分が軽蔑する人物と同じ状況下にある。というのも許せなかったんでしょうな。それに加えたものも色々あったんでしょかね。

複雑、だなぁ。。

彼女には、雑誌やらを貸していたので電話してみました。疲れた声をしていました。元気か聞くと。「元気じゃないわ。。」と、大学の卒業試験も落ちたと話していました。私には、「今、そっちには居ないのよ」というので、「知ってるよ」とだけ答え、それ以上は聞きませんでした。そして、引越しの準備をしたいから、貸したものを持ってきてくれる?と言うと、「明日か明後日だったら時間があるから、家に行くね」という約束をしたのですが、やって来ませんでした。電話すれば良かったんですが、しませんでした。来ないんだったら、来れない理由があって、それは彼女からしたらあまり良くない理由だと思ったから、電話をしない方がいいと思ったんでありますね。

彼女は前の電話で、私には誠実でいたい。と言ってましたです。本心はそうであっても、態度や行動が言葉と乖離してると、信用を失うから出来ないなら言わん方がいいのになぁ。と思うのですが、そんな彼女の生き方のままならさと本心を表してもいるようで、なんだかイタイです。

最後に、「今、幸せなの?」との私の質問に、「最悪。。」と答えてました。

なぜにそんなにイタリアに拘るんでしょうね?イタリアって楽園なんでしょうか?イタリアという国が、イタリア人男性が幸せをもたらしてくれることに絶対ってあるんでしょかね?

彼女は、27歳までに結婚して子供を生みたいんだそうな。なんだか色々なことに拘りすぎて、それにガンジガラメになってしまって、世界が狭く、人生の羅針盤が狂ってしまってる気がしますです。。

それにしても残念、茶飲み友達が減ってしまいましたです。。でもまぁ、私も引越しなんかが落ち着いたら、また連絡してみようかしらんね。
[PR]
by zefiro04 | 2006-08-11 18:06 | いろごといろいろ
<< 隣人たち8 イタリアの物件 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング