伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
隣人たち8
相方と近所の美術館へ行き、爽やか気分で帰宅したら、うちの真下に新住人がやって来てました。

ここ、元はうちのベッドを勝手に使っていたエジプト&イタリアンカップルが住んでいた部屋です。彼らが追い出されてから早数ヶ月。新住人さんがやって来るのは仕方のないことです。。

そうそう、ここの元住人ですが、追い出されたのち、大家から家賃未納分の取立てのため、裁判をおこされたそうです。その後、どのような結末になったのかは分かりませんが、当事者でない大家のひとりが言うには、「とりあえず、ソファーなんかの金目になりそうなものをアパートに残して行ったから、まずはそれを売るらしいわよ」なんて言ってましたです。そんな金目のモノになるらしいモノが運び去られた後は、嫁さんのお父上が掃除やら壁塗りやらにやって来てましたね。たまに相方が、「ブーたれながら壁塗ってるよ。なんだかカワイソだよね」なんて言ってました。

願わくば、今度の住人さんはフツーの人であって欲しいもんス。。

と、短期ではありますが、避暑のために3階にも新住人さんがいらっしゃってマス。品の良さげな老夫婦と孫娘の三人です。この家族は、うちと階下の母娘と同じ出入り口と共有の廊下の電気を使いますね。

で、

やっぱりこのアパートのただならぬ雰囲気を察したらしいです。。って、こうベタベタと分けわからん貼り紙や、廊下の電気を使えないこと(母娘バカンス中なんで、廊下の電気勝手に取っていってマス。。)に疑問と怒りを覚えたらしいです。

当然といっちゃ当然ですわな。

そこで、母娘お手製のデンキケシテケ貼り紙に彼らの疑問が書きなぐられてました。。

電気消せって、どこの電気のこと言ってるのよ!!(母娘、電気とってってますからね)、ドアの鍵閉めろって、個人別のインターホンがないんだから閉めてどうすんのよ!!」とこんな具合です。

全くもって、当然の言い分。

でもこれを母娘が見たら、トチ狂いますぜよ。。そしてまた怒鳴りちらすんだろなぁ。。

なんて、ドンヨリしながら我が家への階段を登ってる途中で、3階の老婦人とバッタリ出くわしてしまいましたです。

で、

どうして、ここは廊下の電気がつかないの?

と聞かれました。どうやら雰囲気からすると、うちが巨悪の根源と思ってらっしゃるようです。なんだか悪いとこかぶりまくりですね。うち。。

とりあえず、全ては階下の住人の仕業なんだというと、「でも居ないじゃない」とのこと。だからここに居る私らの仕業と思っているらしいです。。とほほ。。

実は、私に聞く前に、大家婦人に電気やドア、貼り紙のことについて聞いたらしいです。そしたら、「知らない」と答えたそうな。って、誰が貼り紙はって、誰が電気取っててるのか知ってるじゃないですか---!!っと私が叫びたいところですわ。まぁ、そんなこんなで、この短期住人の老婦人はうちの仕業と思ったらしいです。もう、いい加減にして欲しいッス、ホント。

仕方ないので、かいつまんで、彼女らが引越して来てからのアパート変遷史と、住人が彼女らのことをどう思っているか、今までにどんな振る舞いをしたのかを軽く話しました。

そんなの、オカシイじゃないのっ!!

ハイ、オカシイです。

でも老婦人、怒り収まらずだったので、「狂ってますから、あの母娘。大家以外は皆知ってますよ。そして今は皆無視一徹です。うちはもうこんなのと一緒には住めないので、家探してます」に、またひとつふたつエピソードを付け加えて話したら、「よ、良かった。。うちは夏の間だけだから。。」と孫の手をひき去って行きました。。

ホントにあなたはラッキーです。だって、夏の間だけですからね。。

でもここはビビらず、あの母娘と対戦して欲しかったなぁ。。なんて淡い期待もあったのですが。。う~ム、残念。

そうこうしてるうちに、相方が帰ってきて、ふたりでちょっと散歩へでも。。と家を出たら、今度は3階から大家と老婦人のダンナさんが一緒に降りてきて、うちの方へドスドスと歩み寄ってきました。

なんで、廊下の電気がつかないだ?どういうことなんだ?うちは53年間、夏はここに来てるけどこんなことはなかったんだ!!どういうことなんダ?」とご立腹でありました。。

だ・か・ら、うちじゃないんですってばよ---!!

とそこへ相方、「廊下の電気がつかないのは、階下の住人が電気を取って行ってるからです。このこととうちは関係ありませんから」と言うと、「なんでそんなことするんだ?」に、「知りません」と相方。で、終わり。

後から大家婦人と出くわしたので、言いました。「この貼り紙はったのや、電気を取っていってるのが彼女らだって知ってるのに、なんで『知らない』なんて言ったんですか?3階の人たち、うちがこれをやったと思ってましたよ!!」とに、「ひひ。。『電気消せって、どこの電気のこと言ってるのよ!!、ドアの鍵閉めろって、個人別のインターホンがないんだから閉めてどうすんのよ!!』。。だって。ここの廊下の電気はうちが払ってるんだから、オカシイわよねぇ。当然よね。。ひひ。。」と、貼り紙に書き足された文を読み、なぜか満足げな様子。そこへ、「これ見たら、また発狂して怒鳴りちらしますよ」と言うと、「ひひ。。」と楽しげに口の端で笑い、去って行きました。

ダメだ、こりゃ。。タヌキだわ。。

全然私の質問に答えてないし。。でもここで分かったのは、廊下の電気代はやっぱり継続して大家が払ってるんですね。ってことは、この母娘、否がおうにもこの廊下の電気を使わせず、大家が払ってくれてる電気代は自分たちの電気代の足しにでもしようって魂胆ですね。

セコすぎ。。

って、払ってるんだったら、大家も母娘に電気取ってゆくな!!って言えよ!!って感じですが、もう関わりあいたくないんだろな。って、「出てケ!!」って言っていいでしょ。これは。

スイスだったら、こんなこと有り得ないよね。すぐに追い出されてるよ。最悪、イタリア。。」と相方であります。

人に優しい国(?)なのは良いですが、優しくする人、間違ってますよ~

なんだか釈然としないんですよね。。

あぁ、早く引越したいな。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-08-14 17:56 | 隣人と不動産
<< イタリア式ダイエット 住めたら幸せな国(?)、イタリア >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング