伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
隣人たち10
恋は人を変える。というのは、ホントですね。

階下の母娘の娘の方に、カレさんができました。

カレさんが自宅に来るのを気遣ってか、゛デンキケシテケ゛や、゛カギシメテケ゛の張り紙は取り払われ、夜中に怒鳴り散らされることもなくなりました。そして外見にも気遣いが見られるようになりましたです。以前のようなジャージー、ノーメイク、ざんばらパーマ髪ではなくなり、今日は髪はロココ調(?)、つけ睫らしきものをバッチリ付け、ピンクのセーターで自宅から彼さんの腕にしなだれかかって外出して行くのを見かけました。私にとってはモンスターですな。の一言ですが、美への果敢なる挑戦は、他人へ干渉する時間も減らしてくれるだろうと、ホホエマシク見守らせてもらっています。

最近は夜も外出することが多くなり、ほとんど毎日朝からいません。最初は、職でも見つけたか?と思っていたのですが、違ったようです。ただ今、彼氏さんに全力投球中。みたいなのですよ。って、そんな彼女にほとんど一日中付き合える彼氏さん、もしかしてアナタも無職?と人事ながら心配ですが、平安の中でくらせるのは良いもんス。せめて、私らが引越しするまでは熱く暑苦しい関係を保っていただきたいもんです。

しかしどこで知り合ったんですかね。だって彼女、ほとんど外出しないです。ネットか?とも思いましたが、パソコン持っているとは思えません。。

では普通の一般イタ人はどういったとこで知り合うのか、というとですね。。まぁ今はネットも多いようですが、あとはディスコやらパブ、スポーツクラブなんてのもあるようです。あと、伝言メッセージで。という人もいました(なんでしょね、コレ。なんだかよく分からないんスよね)。そういや知り合いに本屋で知り合ったなんてのもいましたね。見知らぬ人にも躊躇せず話し掛けられるスンバラシイ特技を持った人が多いですからね、イタリア人。そんな彼らにとって、場所なんてあんまり関係ないのかもしれません。

で、気狂い娘ちゃんですが、彼女の行動範囲を見る限り上記のどれにも当てはまらない気がします。そこで思い当たったのが、ローカル情報新聞ではないか?と思うのですよっ。読んだことあります?私は一度道で拾って、熟読したことある(笑)んですが、もぉムホ--って感じ。

イタリアはご存知の通り、ちょっと郊外に行くと、小さな町が点々としています。そういった所のローカル出会い系は、私にはとてもリアルでありました。

26歳、セクシー、スタイル抜群。豊満。彼氏求む。○○←町の名

って、隣町じゃ--ン!!と、東京やミラノのような大都市だったらいざ知らず、こんな小っちゃい地域での生々しい情報にヒョエ~となったもんであります。

そこでこの娘ですが、40歳は越えておりますね。26歳セクシーとは多分いかないでありましょう。でもこのローカル情報誌なら大丈夫。私が見たのだと、上は確か70代くらいまでの恋人募集が載っていました。老いても華やかなんですね。良いことっすよ。そしてこの情報を見ると面白いんですね。やっぱり若い層は肉体的な魅力のアピールが大半ですが、これは30代くらいまで。40代くらいからは、男性は財力とか肩書き、度量(?)の大きさをアピールしてくるアナウンスが目立ってきます。女性は知性や男性にどのように対応できるか(話しを聞くのが上手いとか)、外見からはスタイル抜群というような文字は消え、゛感じが良い゛って点をアピールしてくる人が多いようです。

こういったローカル情報誌の出会い系欄、特に40代を越えたあたりからの情報は面白いです。結婚情報会社の募集情報も入り混じってくるんで。で、こういったとこに登録するのは、離婚や死別、40代以降くらいの方が多いらしいです(友達のイタ人に聞いたんで、ホントのところの統計は分かんないですけどね)。そこには、弁護士、大学教授なんて文字も「当方セクシー」のアナウンスに紛れて載ってたりします。なんかアンバランスな感じが面白いです。

それにしても、出会い上手と思われているイタ人にも結婚情報会社ってあるんですね。もちろん、引っ込み思案、出会いベタなんてイタ人も多数存在しますが、出会いなんてもんは自力で作る。って勝手なイメージが最初はあったので、ちょっと意外でありました。聞くところによると、そこそこの需要はあるようです。

話し戻って階下の娘ですが、この情報雑誌で彼さんを見つけたのでは?と睨んでるんですがどうでしょね。

ドーデモいいじゃん、そんなこと」と、相方の呆れ気味の言葉を受けつつもちょっと気になっております。

それにしても平和。。今、フとジョン・レノンの「愛が足らんから、戦争になるんじゃっ」と、オノ・ヨーコと「ベッド・イン」キャンペーンをしたことを思い出しちゃいました。彼女、愛が足りなかったのかしらんね。って、足らんからって、常軌を逸した行動は止めてほしいですわ。。でこれが行き過ぎると戦争になるのかしらんね。ジョン、深いですよ。早くに亡くなられたことが惜しまれマス。

あぁ、それにしても平和。彼女のシアワセがこんなにもご近所の平和に繋がるなんてっ。この平和のうちに早よ引越ししよっ。と、相方をせっつく日々であります。
[PR]
by zefiro04 | 2006-10-10 04:22 | 隣人と不動産
<< 家購入までの長~い道のり 精神科医・ピアノ弾き・私の友 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング