伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
怒鳴ってみませう
朝方、役場へ行くと、おばちゃまが入ってきて、突然怒鳴り始めました。

どうやら、障害者用の駐車スペースに駐車していてキップを切られたようです。でもこのおばちゃん曰く、「障害者マークを見えるところに置いておいたのに、キップを切るってどういうことよっ!!」ということらしいデス。で、罰金79ユーロ。

それにしてもよく怒鳴りますわ、ホント。

で、話しを聞いていると、どうやら障害者なのはダンナさんで、運転してたのは健常者の息子だったみたいデス。うっかり怒鳴りの勢いで言うてしまい、皆「えっ?」と一瞬なりましたが、そこは怒鳴りパワーで、「そんなことはどうでもいいのよっ!!(いや、ココ重要でしょ)、なんで、障害者マークがある車にキップ切るのよっ!!」と押し切ってらっしゃいました。

スゴイ、ですね。

そんな怒鳴り婦人を後に役場を出ると、ご主人らしき人が彼女を待っていました。健常者にしか見えませんでしたが、法的には障害者さんってことになってる、んですよね。。

まぁ、それは置いておいて。。

イタリア人、よく怒鳴ります。かくいう私もよく怒鳴られてます。今は教習所のお兄さまがメインで怒鳴られてマス。よく見るところでは、お義母さまやご近所連、公共施設なんかでもしばしば見かけますね。この間は教習所の姉ちゃんに、「アンタ、よく怒鳴られてるんだって?」と言われたので、「怒鳴られまくりっスよ。私、怒鳴られることに慣れてないんで相手にしないで放ってますね」と答えると、「えっ、アンタまだ怒鳴られ慣れてないのぉぉ?」と驚かれましたです。。

怒鳴られ、慣れてない?。。だとぉおぉ

ぐったり。。

どうやら怒鳴る、怒鳴られるというのは日常茶飯事なことなので、いい加減に慣れろよ。ということらしいです。

で、慣れてどうすんですか?

素朴な疑問はつきません。そこで数週間前になりますが、私も一度キレて車のハンドルをババンと叩いてから怒鳴り返してみました。

右向けっツ--から、右向いたんでしょぉぉっ!!で、左向けって一体なんなのよぉぉぉぉっ!!反応が遅くて悪かったわね----!!!文句あるなら日本語で言えっ---!!1秒かからずに反応しちゃるわいっ!!あたしゃ日本人じゃーーーー!!

とキレてみました。「な、なんだよ、イタリア人かと思ってたよ。。」とトンチンカンな返しをしつつ、兄ちゃんウロタエ気味でありましたが、それっきり。大和撫子のキレでは相手に与える威嚇効果は一瞬であったようです。キレてみるのも難しいもんであります。

まぁ、自分の思い通りにならない、自分の話しを聞いてくれない→イライラする→怒鳴っちゃう。単純ですが、怒鳴る理由としては大体こんなとこじゃないでしょかね。どうしてこんなことぐらい我慢できない、感情のコントロールができない、穏やかに言葉で対応できないのかしらんね。しかもいい大人が。と考えることしばしだったんスけど、ある方が教えてくれたところによると、カトリックというのは、感情を抑えることは悪。っていう教えがあるそうな。ということで、怒鳴るということは感情の発露であるのでokよ~ん。ってなことになるらしいデス。

そんなぁぁ~

といつも怒鳴られる側の私は涙目になってますよぉぉ。。

反対に、(当たり前ですが。。)怒鳴らんイタ人も存在しますです。見てると、勉強ができるとかの頭の良さではなく、思考が深い系、思索系とでも言いましょうか、知的とでもいいましょうかなイタ人と、激しく怒鳴る人が家庭内にいる場合。ってのが現況での観察結果であります。大いに盛り上がって激しく怒鳴りあってる家族も見かけますが、怒鳴り返すことに疲れ&不毛感を覚えるイタ人は怒鳴らないようです。もしくは、勝手に怒鳴らせとけば5分もすればスタミナ切れることを知ってるからでもありましょか。


そうそう、前に居た会社で、実績は大したことないと思われるのですが、前世はイタリア人かっ!?と思われる声の良さとパフォーマンスっぷりで、かなぁりな出世を成し遂げた御仁を思い出しました。この方、ゲンナリ感を与えない程度の適度な怒鳴りができるんですな。何か問題が起こると適度に怒り、声を荒げ、それに向かっていかに自分が解決に向かって突き進んでいるかをアピールするんであります。ちょっとオペラ入ってる気がします。実際は、大したことしてなかった気もしますが。。そんなプチ怒鳴りパフォーマンスが功を奏したのか、あれよあれよという間に出世なさってましたです(そういえばムネオちゃんも怒鳴り&恫喝を武器に昔の地位を築いた(?)んでしたっけね~。今、どうしてるんだろ。懐かしい。。)

怒鳴るということは、いやがおうにも人の目をひきますからね。もしかしたら、使いようなのかもしれません。感情垂れ流し一般大多数のイタ人流怒鳴りはいただけませんが、怒鳴りようによっては、人を鼓舞したり叱咤激励したり、存在感のアピールってのも可能なようです。多分、教習所の兄ちゃんも「おんどりゃ--、がんばらんかいっ!!」ということで怒鳴ってることも時々あるようには思われますが、私のような激冷めの人間にはドン引きされて終わりってこともあるので、ある程度の効果を狙うときには気をつけませう。

そんな私も最近は、「効果的怒鳴りテクをマスターしちゃるゾ」と家で練習してみるも、なんか歌っぽくなってダメでした。グワッと声出すと、ノド痛めるし。。う~ム、怒鳴り道は中々難しいようであります。
[PR]
by zefiro04 | 2006-11-01 17:54 | ひと
<< 隣人たち11 家購入までの長~い道のり >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング