伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
イタリアで免許収得4
相方の実家にて、運転の練習をしてきました。

私が通っている教習所の教官は、私に怒鳴り散らすは、教えているときに買い物するわ、メールするわ、後ろに乗ってる他の生徒としゃべくりまくってるわ(他で聞いたところによると、教官1対生徒1が基本だそうです。人によっては、この教習所のように数人の生徒を乗せるのは違法になるんじゃないか。と言う人もいましたが、未確認)、などなどの傍若無人っぷりを発揮してくれ、教習所の経営者に話すも糠に釘だったので、いくら鈍い私といえども、「これじゃ免許取れんわ」とやっとこさ気づき、このイカれた状況を打破すべく、相方の実家へ行ってきたのであります。

こんな状況を話すと、皆ビビッてました。そして皆から一様に「訴えろ!!」と言われましたですよ。どうやら訴訟級のブジョクを受けていたらしいです。

気づけよ、自分。。

イタリア教習所界では、生徒に怒鳴り散らすというのはまぁ一般的なことのようですが、この怒鳴りにもレベルがあるようです。私の中では、生徒(お客)に怒鳴る→ありえませんからぁぁぁ。なのですが、イタ人たちに、「教習所で怒鳴られるのはフツーだからさ」と宥められ、出来ないのはオノレのせいじゃとばかり、我慢すること20回。でもどう考えてもやっぱオカシイよ&私にゃ無理。ってことで、こうこうこういう風に怒鳴られてさ、こんな態度なんだけどやっぱし我慢せにゃならんのん?と相方に言うと、穏やかがウリの相方が噴火しとりました。すごかったですよ。そしてすぐにパパさんに電話して、パパさんのお友達の教習所経営者に話しを通してもらって、週末から相方の実家へ行き、運転の練習&この状況を打破すべく情報収集をしておったのですわ。

で、分かったことですが、私、かなぁり有り得ない待遇を受けていたらしいです。いくらなんでも、そりゃ有り得ん。と皆に言われ、訴えろと言われ、我慢しすぎだバカと言われ。。イタ人の友には、ショックと言われ。。とオノレの忍耐強さと、イタ人怒鳴る→それはフツー→日本じゃ有り得ないが、ここはイタリア、我慢じゃ。という単純思考からフコーが長引いてしまったようです。

イタ人、よく怒鳴りますが、これはヨシ。という怒鳴りと、これは訴えてよい。という怒鳴りとあるようです。怒鳴られ初心者の私に最初からこの境界線を理解しろ。という方が無理ってもんです。私にとって、お客の立場でこれだけ怒鳴られるってこと自体がすでに異常事態なんでありますからね。しかも訴えること数回。怒鳴る。と言えば、我慢しろ。だったわけで。。のちに、「だから怒鳴るって言ったじゃ--ん」と言うと、「怒鳴るにも、怒鳴る種類ってのがあるのよっ。なんでそれを言わないのよっ!!」と逆ギレされる始末。。

あぁ、異文化。。(泣)

でどうなったかと言いますと。。相方の実家で仕入れてきた情報を元に、教習所の経営者の姉ちゃんにバシッと言うべく、イタ語も考え、極妻の岩下志麻&鬼龍院花子の夏目雅子イメージでドスドスと我が町へ向かったわけであります。そしてなぜだか頭の中では仁義なき戦いのテーマソングがっ。

アナタ、イタリアではこのぐらい気合いれなけりゃ(?)あのイタ人たちにしてやられるってもんですわよ。

なぁんて、気合十分どころか噴出してたところへ、迎えがてら助太刀を頼んだ相方から、「ごめ~ん、そっちに迎えに行ってると教習所が閉まっちゃうから、僕が言いに行くから駅で待ってて~」となんともユルユルな声で電話があり、仕方なく相方ひとりで教習所へ。

でもって後から相方語るところによると、この教官、クビになってたそうです。

「。。。。」

で後日、経営者の姉ちゃんから聞くと、どうも姉ちゃんとの間でも色々あったようであります。その上、私だけでなく20回以上運転してるってのに、試験通んないわ、試験まで漕ぎ着けらんないわな生徒も数人いたりと「なに教えとんじゃっ!!」なんてこともあり、クビ。そうそう、電話ではユルイ声出してた相方も教習所では、かなぁり怒ってくれたようであります。

そんなことがあった後、イタ人の友が泊まりにやってきました。この数日間の話しをすると、「今回のことはヒドすぎることだけどさ、こういうことよくあるのよ。イタリアではいつでも自分の権利を守るために戦い続けなきゃいけないのよね。。いつもよ、いつも。ちょっとでも気を抜くと、すぐにつけこんでくるのよ。だから、どんな小さなことでも気をつけなくちゃだめよ」と言うとりました。

びゅううう~

なんかココロに隙間風が。。これって生き馬の目を抜くなんとやらなんじゃ。。(汗)

まあね、全イタリア人がこうではなくても、多分にこういった要素は日本よりも強めであることは確かなようです。「そ、そんなコワイ国なんすかっ?ど、どうすりゃいいの~」なんて方、オススメはミニ録音機です。もしこんなブジョク的なイタ人に不幸にも遭遇してしまったら、録音して警察へ持って行くのが良いそうです(これ、数人のイタ人からアドバイスされました)。なんかヤダなこういうの。って気もしますが、仕方ないとこもあるそうな。。ちょびっとグッタリ。。

でもって、私、いつ免許取れるんでしょね。。

あぁ、日本で取っておきゃ良かった。。なぁんて、後悔してるとこであります。
[PR]
by zefiro04 | 2006-11-21 05:22 | ほんの日常
<< ほんのゴラク 隣人たち11 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング