伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
友だちつくるなら、ナニ人ですか
某所にて、欧州在住の日本人女性に遭遇いたしました。

どおぉ、イタリアの生活?」なんて聞かれたので、「はぁ、まだ引越したばかりなんでなんともねぇ」と答えると、いつこちらへ来たのか?なんてところから、こちらへ来たのは3年前だけど、なんともはや、前に住んでたとこが大変だったもんで。。と、軽くコメディタッチ(?)で隣人たちシリーズ予告編みたいなことを話してみた次第だす。

アナタ、こちらへ好きできたんでしょ

???

と聞かれたもんで、はああ、ケツコンを機に来ましたですが。。に、「ほら、そうでしょ。だったら、我慢しなきゃダメ」とトンチキ説教が始まったので、「どこであろうと、こんな理不尽で不当でシツレイなことされて、外国人だからってことで我慢するって、オカシイと思いますけど~」と私。更に話しはトンチンカンな方へ進み。。

耳を澄ませてみて。耳を澄ませてみるのっ。そういった悪いことがあったってことは、アナタに何か起因があるハズ。何か起因があるハズなのっ。落ち着いて、耳を澄ませてみてっ!!

。。。。。(汗)


確かに、私は゛善良゛とか゛清い゛とかとかからは程遠い゛俗ブツ゛人間であります。私に非があることもよくあることでございます。でもですね、この階下の母娘とのことに関しては、「オノレに非はナシ」と宣言、いやいや、信じたいッス。でも耳を澄ませるって。。。(汗)

多分、因果応報とかツケが回ったみたいなことを言いたいんでしょうけど、私、宗教やってないんで、分かりませんわ。そういうの。何かあったとき、自分が何かしたかってことぐらい考えますよ。でもね、この件に関しては、私が悪かったとは思えないし、無視すれば解決ってケースでもなかったんスよ。無視すれば、もっとやって良い。と判断する人たちだったわけで。そうしたら、やっぱり戦ってよいと思いますよ。私はそうしたし。イタリア人は、私が礼儀正しい(?)からカモられるっていうし。今回のことも、話すイタ人、イタ人に、「よくヤッタ」って言われますけどね」と言うも、「ううん、違うの、違うのよ。耳を澄ませてみるの。耳を澄ませてみてっ」と彼女。

だめだ、こりゃ。。

私の言うことがオカシイならオカシイで、反論、ご意見ならOKでございますが、全然話しになってないですわ。申し訳ないけど、疲れが溜まる一方なので、頃合を見て、彼女から離れるも、しばらくして、今度は胸に絵本を抱えながら、「日本人の友達はいるの?」と近寄られて来ました。

ほとんど、居ませんねぇ。イタリア人と移民ちゃんばっかですわ」に、

さみしいでしょ」と彼女。

いや、別に。日本人の友達ってことなら、各国に散らばってるんで、特に。それに今はネットやスカイプもあるし」と言うも、

日本語、話したいでしょ」と彼女。

さみしいん、でしょうねぇ。。

そして唐突に、「私、日本語を教え始めたのっ♪」と言うので、「私も教えてますよ。そこで日本語話してるし別に」に、「でも、日本人が話すような日本語は話せないんでしょ。それって、さみしくない?」と聞かれました。確かに、日本語でなんのてらいなく話しができたらラクですよ。気の合った人とだったら、更に楽しいし。でもですね、結局は話す内容、何を話すかが私には重要でありまして。。ネイティヴ日本語を話す、オカシナ日本人よりも、拙い日本語でも話せる外国人や、イタ語話す(他は、挨拶すらままならないレベルなので、ここではイタ語と限定)、気の合う移民ちゃんたちや、我慢してくれながらも私の拙いイタ語を聞き、楽しく話せるイタ人たちの方がよっぽどイイっすわ。

この方、お子がいらっしゃるのですが、不思議なことに日本語は殆ど話せないそうです。これだけ日本人と日本語に拘ってるのにねぇ。ダンナさまも欧州人ながら、日本語に堪能な方だそうですが、お子たちは日本語、殆どダメとのこと。で、子に日本語は教えず、外国人には日本語を教える。。

う~ム。。

疲れました。。考えるのやめマス。

実はこのとき、日本から友がきていて、たまたまこの女性がいる場にも居合わせたのですが、「なんかオカシイよ。それにしてもアンタ、あまりにもツケッドンだったからびっくりしたよ。なのに、彼女そんな態度されても一生懸命に話しかけてるからスゴイね。私にも喰らいついてきたよ。多分、友達欲しくてもいないんだよ。さみしいんだろうね」なんて感想を述べてましたです。そんなツッケンドン無礼なド-シヨーもない日本人っぷり炸裂な私でしたが、別れ際に、「またね。今度、うちの方にも遊びに来てね」と自分の住所を知ってる人の名を言い、去って行きましたです。

良い人、なのかもしれません。。

が、私、ダメなんすよ。ヒジョーに申し訳ないのですが、なんかウソ臭く感じてしまう人や日本人だからと言う理由で友達になりたがる人。日本人で気が合えば申し分ないですが、外国にいて、日本人よりも他国籍の人間が多い中で、戦時中とかなんとかでもないのに゛日本人の友達゛に拘り続けるってナンセンスな気がいたします。

アンタぐらい、縛られてない人も珍しいよ。普通はさ、そういのに拘っちゃうもんなのよ」とは、友。

人そのものを見るけど、やっぱり゛国゛によってちょっと気をつけたり。というのはあるよね。でも最終的にはやっぱり゛その人そのもの゛だよ」とは、世界を旅し、国籍をふたつ持ち、他国籍の友やコイビトを持った友の言葉であります。ついでに、この日本人女性のことを話したら、「君が変わってるのは、そういう拘りがないとこだよね。普通の日本人はそういうとこ拘るんじゃない?」なんてことも言うてましたです。

えっ、そうなんスか?

まぁ、ドーデモいいっすけど。。

で、外国へ出て、゛日本人の友達゛に拘るってのは、やっぱり゛安心゛とかからなんでしょうか?

昨今、日本人だから安心。ってのもないと思うんですけどね。結局は、゛人゛だと思う私であります。しっかし、どこに居てもそうですが、゛良い友゛と出会うのは大変ですね。少なくともそう思うので、数少ない゛出会い゛のチャンスを最大限に生かすべく、良さゲな人がいたら、話しをしてみて、お茶なぞしてみてます。
[PR]
by zefiro04 | 2007-05-03 19:30 | ひと
<< お義母サマ0 隣人たち15 《引越し・後編》... >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング