伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
アナタも私も”個性的”
来週ヨメに行く友達が、先月、怒りながら私に携帯を見せてきました。

これ、ヒドイよねぇぇええ」と友。

そこには、カメラのフラッシュが壊れたから結婚式の写真撮れなくなった。と書かれてありましたです。

このヨメに行く友、携帯でイキナリ断ってきた友にタダで結婚式の写真を頼んで式代を浮かせようと思っていたのですね。私には、「節約、節約」なんて言ってて、結構イヤ〜な気になったもんでありました。

私も結婚式で歌頼まれたりしたことありますが、楽器の友も言うてましたが、皆さん音楽とか写真とか芸事関係を結婚式なんかで使うのは友達だったらタダ同然と思ってる節ある人多い気するんですよね。

アナタ、芸事でソレナリになるにはスンゲ−元手かかってるんすよ。

ってなのもあって、当初は写真家の友にやや同情もしてたのですわ。”タダ”使い、本人が「タダでいいよ、お祝い事だから」って言うならまだしも、最初から使う方が”タダ決め”には納得イカン私でありましたが(これには写真家友、密かにグチっていたのですが。。友達であるってこともあり、この非礼に直接文句も交渉もしなかったのであります)でも一旦受けたからには、どんな理由があろうとこの断り方はないであろうと思ったりもしたのでありますね。

でもって、花婿ともども彼女が怒ってたのは、70近くでこの応対はないっしょっ。ってことでもありました。そんなトコから彼女の行動や言動、生き方について色々言うておったふたりでありました。

彼女、好き勝手生きて御年70(近く)

本人は”個性的”と思ってる言動、行動も、美貌も衰え(その昔は、スゲ−美人で写真も撮りつつ、モデルもしてたのですね)、年相応の分別もブッ飛んじゃってる70歳は、本人目の前にしては皆言いませんが、信用もなく尊敬もされていないヘンな婆さん。ってな見方が大方のようであります。

そんな元個性的な彼女、どうやら同じ好き勝手系に分類されるらしい私には、たまにポロリと本音を漏らしたりしてたのですね。本人は気付かずとも周囲のドン引きを目にするにつけ、彼女の内面を垣間みたことある私としては、なんか憐憫感じてしまって、「好き勝手に生きるのはいいけど、やっぱ年相応の分別や人格が形成されてないと、キツイなぁ。。」と思うことしばし。。なのでありました。

そんなシバシ、な人がもうひとり。。

こちらは御年60歳、男性。でございます。

非常に才ある方ですが、かなりブッ飛んでてですね。。ここ10年、友達ができなかったそうですが。。さもありなん。でありまして。。

フとしたきっかけで知り合ったこの男性にエラク気に入られて「お前は、変わってる。俺と友達になれるんだからなっ。俺たちはフツ−じゃないからな」に、いつも「私は、フツ−フツ−。ザ・庶民だしっっ(汗)」と答えると同時にオノレの常識やフンベツに思いを馳せる私デス。

この間、うちで友達呼んでこの友も呼んだのですが、どうやら約20人近くいた友らが皆ヤヤ引きしていたらしいデス。。(汗)

そんな引かれまくっている彼ですが、私にはうちの相方が感じ悪い。なんてことを私や他の人のいる目の前で言ってみたり、冗談と書きながらもメルに書いてきたり。。

オイ、コラ、60歳っ

と良いトコも沢山ある人ではありますが、「やっぱ、大元が欠けてるとキツイなぁ」と距離取り始めてる私もいたり。。

よく自分で、なんで皆、僕と話したがらないんだろう。

と言うてますが、60年生きてたらもちょっとその辺についての想像力が経験値から導き出されてもいいんじゃ。。と思ってもみたり。。

で、うちの相方ですが、「彼、良い人なのは分かるけど、話すときすごく近くに寄ってくるでしょ。なんか見掛け。。キタナイじゃない。。あっ、ゴメン。。で、ず−−っとひとりでしゃべってるし。。ゴメンっ」だそうで(だからって、顏に出すなよ〜ってのもありますが。。)。。まぁ、これ以外にも色々ある方なのですが。。

よく(自称)”個性的”とか、私って”変わってるから”とか”人と違うから”ってのに大きな価値を見出して、それがプライドになってる人もいますが、”最低限の普通である感覚”が抜け落ちてる人は、”普通”の人々から疎遠にされることもあることが分かってなくて、そんな孤独に耐えられないとツライなぁ。なんて感じマス。本当は、フツ−の感覚も持ちつつ、個性がヒカッテる人ってのが理想でありましょうけど、難しいですな。

音大通ってるとき、かなぁりブッ飛んでるのがそこここにいたのですが、その度に皆は「で、アイツ、上手いの?」と聞くんですよね、その答えが、「上手い」だと、「じゃぁ、イイじゃん」で「下手」だと、「オワッテル」とボロクソに言われるのですよ(笑)。”(やや迷惑ちゃんな)変わりモン”が許されるのは、周囲が認める実力を持つ人や天才(ここんとこが皆のソンケ−集めどころですな)以外は、ココロして”変わってる人”やらないと、ドン引かれたり、白い目で見られたり、孤独カモンな状況に陥りやすいのかもしれませんですね。

自称、全然フツ−庶民な私でありますが、「変わってるよね」とか「君のまわり、変わってる人多いよね」と相方や知人、友人に言われるたび、なぜかドキリとしてみたり。

大丈夫かっ!?、その”変わってる”は、ヒジョ−シキやオワッテルなんてニュアンス含んでないかっ。と思わず先日ハハが持ってきた”日本語鍛えよう”ソフトを始めてみようかと真剣に悩んでみてる日々だったりします(あっ、またズレテますよね(笑))
[PR]
by zefiro04 | 2007-06-22 17:04 | ひと
<< お義母さま2−同居 休暇予定 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング