伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
ままならぬ旅へ
来週からニッポンでやや浮き足だっている私でございマス。

そんでもって、相方も浮き足だってマス。。( 汗)

相方は後から来るのですが、私が旅立ち、自分が来るまでの間は、

ザ・ふり〜♪

もう、浮いてますから。。

昨夜も、友らと夜中の12時にピザなどつついていたとき、「ダイジョ−ブっ、いない間は俺たちに任せとケィ」と友ら。

イヤ、それが心配なんだってバよ〜

ということで、今回はウェブカムを実家と自宅のパソコンに装着して、アイという名の監視を強めたいと思っとります。ケツコンすると、自分が家を後にした後のオットのことも考えなけりぁイケナイんスねぇ。えっ、私ってば良いツマっすか?(笑)

でもそれよりも頭痛いのが、相方来た後の予定でございマス。

相方、骨董とか美術品とか美装なゴ−カ本とかとか大好きなんでございますよ。

ということで、今回もメインは骨董市と剣道。そして美食。

まったくもって、私とは正反対な嗜好性。

骨董は私も好きですが、モット−は、”いかに少ない予算の中で良いモノ、掘り出しモノを見つけるか”なんですが。。相方は、”イイものは高い。でもズ−−ッと愛せる品であればそれもヨシ”

ということで、現実庶民ツマとオノレの予算を知らない坊っちゃんオットとの攻防が繰り広げられるのでありますね。

さすがに鎧甲は高すぎてオノレにはまだ手が出ないとあきらめているのですが、火鉢や仏像はイケると思っているので、気に入った品の前でスッタモンダやることもしばしば。。特に仏像って、価値と値段がビッミョ−−。

なんつ−か、タマシイ入ってる気がしちゃって、あんまり安くても。。って気もするし。。反対に”げっ、高すぎじゃありませんかっ?”ってのも多い気が。。まぁ、素人鑑定ではありますが。。なもんで、何度、相方と仏像の前でスッタモンダしたことでありましょうか。。バチ当たりもんスね。

そんな私のクノ−を知ってか知らずか、相方、今回の予定を組むときにまずは骨董市の予定を調べておりました。。

仕方がないので、骨董市でエネルギ−炸裂しないようにと、剣道の予定をガンガン入れることに。剣道をやらない私が調べて良い道場さがして。。結構、大変なんスよね。。最近は、アイという名の節約のためにがむばる良いツマやってマス。

相方、来日3週間。

長いよな、短いよな。。

そんな日程に考えあぐねていた時、剣道でお世話になっている関西のセンセからメルが来てました。

行くっ」と相方。

夏の関西の酷暑を説明したのですが、聞こえてません。。
頭の中はイザ、関西。

観光もしたいなどと言いたい放題なので、良きヨメは予算と頭シボッテ、只今、日程組み立て中。

実は私、激安旅行大好きでありまして、50歳までは激安路線で行くのダ。と勝手に誓っているのであります。えぇ、相方とは正反対。でも私にほぼ丸投げなんだから、素直に従っていただきましょ−♪

まずは東京−京都・大阪間。。高速バス3500円なんてのを見つけました。

でも乗客ひとりに対し、荷物はひとつなんですねぇ。相方は防具どうするのかしらん。。と一瞬気になりましたが、防具って身につけられますもんね。何か言われたら、防具を身につけてバスに乗ってもらえばイイですかね。

でもって宿。400円で泊まれるとこ見つけましたよ。某有名大学の寮なんですねぇ。ここ、剣道も強いそうな。泊りがてら剣道やらせてもらえたら、サイコ−ではありませんかっ。もうちょっと調べてみようと思いマス。

で、相方。

今度こそ、旅館泊まってサ。神戸牛とフグも食べたいしっ」とかまたも贅沢言うんですよね。。

イカンなぁ

旅館の定義は”畳”があること。神戸牛は大震災の際に絶滅。フグは毒あるから、法律で50歳以下が口にすることは禁止。と何度も言い聞かせてるんですが、信じないんですよねぇ。先ごろのガイジンはムズカシイですな。

でも最近は、私がそんなデマカセ言って、代わりに食べさせたり泊まらせたりするところが、実は結構面白いと思い始めているようです。

貧乏旅行は節約のためだけじゃなくやってて、そこでの出会いや体験は、今だからこそな体験であると感じもしているようで、文句言いながらも、そうまんざらでもない雰囲気。そして旅行後は、友達たちに楽しそうに語ってみたりしていマス。

旅って、お金だせば大抵のことはできるんスよね。でも限られた予算の中で安全に楽しく旅行するって、ちょこっと”大変”なこともあるわけですよ。これって、体力あるときじゃないと、旅が台無しになってしまったりもするわけで。。

この間、ツア−旅行しかしたことない友達がやってきました。はじめは、据膳上膳なスケジュ−ル&待遇でないことにややピリリとしてもいましたが、帰り際には、そんなままならないことも旅であって、名所旧跡をダダダと見てまわるだけじゃなくても心に残る旅はできるのねぇ。と、「ツア−だったら、こんな体験できなかったよ。アリガト−」と帰って行きました。

まだまだ他力本願な旅をする彼女ではありますが、少〜し自分で旅を作ることを体験できたようで良かったデス。

年とったら、”ままならない”が無い旅&他力本願な旅希望な私としては、ままならない旅は限定モンなのよ〜。と今回もままならぬ旅のため、メンド−ではありますが、楽しく四苦八苦と準備しているとこであります。って、まぁ大抵は野となれ山となれでれっつらゴ−なんですけどね(笑)
[PR]
by zefiro04 | 2007-07-26 17:04 | ほんの日常
<< ただいまニッポン ネットでご縁 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング