伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
戻ってみたら、秋でした
ブイ−ンと直行便で、日本−イタリア間が約12時間。ウダル日本からすでに秋のきざしのイタリアまで帰って参りました。

モ−レツな時差ボケ。

”年”なんでしょかね。。それにしても近いんだか遠いんだか分からなくなりますね、だって半日でヨ−ロッパなんですからっ。しかも、もう秋っぽいし。

そんな時間軸の中にいると、色んなことが非現実的に感じてしまうこともしばしば。えっ、現実逃避??なぁんてことも考えてしまいます(笑)

そんな中、今回もまた色んな人に会うというか、すれ違う機会があったのですが、その中で、家出をしてスペインまで行ってしまった女性がいましたです。

家族が嫌で家出。行く先はなんとなくスペイン。初スペイン。でもって、語学ゼロ。

チャレンジャ−、ですよね??

しかも彼女、「帰っても待ってる人、いないから」ってことで、6年間もスペインに留まってしまったとのこと。

サバイバ〜、ですよね??

色んな人がいるもんだと思いましたデス。で、話していて感じたんですが、”芯”がないんですよ。何を聞いても「なんとなく」。まぁ、私なんぞに話したくなかったからの答えだったのかもですが。。

海外へ出る、出たい理由というのはさまざまですな。私は、はじめに音楽ありきだったんですが、どお道を踏み外したのか嫁で海外へ。

実は、個人的には嫁で海外へ出てしまったことは、自分としてはビッミョ〜だったんでありますが、結局は音楽もやれてるしで、今は「まっ、いいかぁ」ってな感じ。

運良く自分のやってたことが続けられる環境だったので、ヘナチョコ人間な私でもどうにかやってけてますが、これなかったら、海外生活はムリです、私。と確信しとりマス。でも結構ポコンと海外出ちゃってる人も多いようですね。

家出でスペイン。ってほどブッ飛んではないですが、日本が嫌だからイタリア〜♪なんて人はボチボチ見掛けたことアリです。中には行き当たりばったりで行って、そこからやりたいことなんかを見付けて逞しくやってく人もいるみたいですが、私が会った人たちは、”根無し草”になっとりましたデス。

日本嫌いだけど、イタリアにも溶けこめず。。

なぁんてカナシ−ことになってる人が大抵でありました。

ムズカシ−、ですな。

日本でグ−タラお気楽やってたせいか、海外で生活する大変さを客観的に感じてしまった帰国の日々でございましたです。「なぁんで私はイタリアにいるんスかぁ?日本の方が住みやすいのに−(暑いケド)」などと自問自答してみたり(笑)

ひとつ思ったのは、海外で生活するのには何かひとつコレというものがあるといいと思うんですよね。嫁ぐ人は、ダンナ以外にもうひとつ。

別にそれはナンだっていいと思うのですよ。語学でも、音楽でもなんでも。”ダンナ”なんて生モノといつもイイ関係でいられればイイっすけど、山ありぁ谷もあるわけで。。そんな時にちょいと支えてくれる何かがあれば乗り切れるんじゃないかしらぁん。と思うのであります。

友達から、ある日本人妻のことを聞きました。なんでも、友達もできず言葉も話せずでプチ引きこもりになってるそうな。彼女、ネット上では憧れちゃう人は憧れちゃうよな、なイイ感じの生活を披露してるのですが。。難しいですな。。海外で生活するムズカシサを感じる&イテ−話でございました。

イタリア来て3年。何かがあると音楽にスガリ(?)どうにか乗り越えてくるも、フと気づくとそれ以外にもポチポチと自分のまわりに色んなことが出来はじめてましたデス。戻ってみると、日本語教えてる生徒たちからのメルや、こちらで出来た友達たちからのメルや電話などなどが届いていて、なんかちょっとウレシな感じ。

日本のようにはいきませんが、ちょっとづつ”生活”ができてきてるよなウレシさありな初秋デス。
[PR]
by zefiro04 | 2007-09-18 20:07 | ひと
<< 隣人たち16 ちょっと涼しくてウレシです >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング