伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
最初に習うならネイティブ それとも 日本人?
私は大学での伊語強制学習を皮切りに、数多くの先生についてきました。
そんな、ダメダメ学習から得た、体験、教訓なども記してゆきたいと思います。
お読みいただければ幸いです。

もしあなたが、絶対予習復習なんて独りじゃやらんワ。でもイタリア語が話せるようになりたーイ。早速、誰かに習わなきゃ。

というような状況の方で、まだ文法も何も知らない真っさらな状態から始めるのであれば、最初はツボを押さえた日本人の先生。をオススメします。

これを聞いて
「えっ、そうなの~?最初からネイティブさんの方が効率よく勉強できるんじゃない?」とおっしゃられるかもしれません。

もしかしたら、日本人の先生→文法→義務教育で受けた英語→未だ話せない英語→話せないのはネイティブの先生じゃなかったからってなイメージがあるのかもしれない。

イタリア語独特の聞いていて楽しくなってくるようなイントネーション、イタリア人だからこそ知っている話などを、直接生イタリア人から聞くのは刺激にもなるし励みにもなる。日本に居ながらにして、イタリアを手軽に身近に感じられるし、その上楽しそうだし、上達しそうだ。

そりゃそうだ。
誰だって、楽しく上達したい。

確かに、英語でいう「ディス イズ ア ペン」でのレベルなら、イタリア語、楽しスギー。ってな印象の残る人も多いいと思います。でももし、何らかの目的(友達になりたい、住みたい、留学したい ecc...)を持っているなら、最初に、ツボを押さえた日本人の先生で文法、が後々ラクなのではないでしょうか。

もちろん、ネイティブの先生がダメと言っているのではありません。

最初からネイティブの先生につくのなら、文法を他で日本人の先生につくなり、独学するなりすればいいと思いますし、非常に教え方も上手く、そのネイティブの先生だけでなんら問題ナシ。という場合もあるでしょう。

実際に、かなり上達されていた方たちがいらっしゃったのも事実です。

私は最初からネイティブの先生で、その後も数人のネイティブに習いました。

日本語堪能ネイティブ。
日本語少しネイティブ。
日本語ゼロネイティブ。

それぞれの先生たちに、文法も教わりました。
しかし私の結果は惨敗。

この先生でダメなら違うネイティブの先生へ、というように、「いやいやあー、次で巻き返しダー!」とばかりに、ギャンブラーが負けを取り戻すため、どんどんお金をつぎ込むけど、結局は負けてしまう状況と変わりなくなっていました。そしてある時、そんなアホな自分に気づいたのです。泥沼状態にもかかわらず、相変わらず予習も復習もしなかったのがダメダメに拍車をかけていたのは言うまでもありません。

そんな自分を反省しつつ、本も出されてもいる日本人の先生の初級クラスに参加してみたのです。その時点で、本当だったらそこそこのレベルに入ってもいい位の時間数は勉強(?)していたのですが、ダメっぷりを認識し、初級の初級から参加させてもらった次第です。

授業はとても盛況で、実のりの多いものでした。

感想は「わっかりやす~い、らく~」。

そして自分のレベルと、グータラ度(これは今も変わらないですね~)を考え、日本語で理解しやすく、こちらの質問の意図を的確に把握し、日本人ならでは陥りやすい間違いを説明してくれる先生。に最初に習っていれば、ここまでの時間とお金を無駄にはしなかったろうし、ネイティブの先生たちの授業ももっと実り多いものになっていたのに。。。
と、反省しきりでもありました。

もちろん、予習・復習をしてこなかった、おナマケな自分に(いつものことながら。。)トホホともなったものです。

ここで付け加えておきたいことは、この日本人の先生のクラスに参加した時点で、私は全くの初心者ではなく、既に一応は目を通したことがある程度には頭に入っていたことも、理解度を深める助けをしてくれました。

やっぱり、予習復習は欠かせないのかも~(当たり前すぎでスイマセン。。)

で、最初に書いた結論になるのですが、予習復習の時間の無い方、プチグ~タラで、真っさらな状態からイタリア語を始められる方には、最初に「ツボを心得た日本人」にイタリア語つーもんはー、と我等が母国語にてご教授いただくのが一番の近道なのでは?と、思う所以なのであります。
[PR]
by zefiro04 | 2004-10-30 06:15 | ことば
<< ツボを押さえた日本人教師とワ? ル-ツ >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング