伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
ツボを押さえた日本人教師とワ?
日本人とイタリア人は同じ人間ですが、民族、国家、
制度、歴史、文化、言語などなど、あらゆる点で異なっています。

って、当たり前すぎましたね。

で、何が言いたかったのかというと、イタリア語に限らず
他言語でもそうだと思うのですが、日本語だけの概念では解決できない
「ナゼ?」という問いにぶつかる事があるかと思います。

その問いに、なぜ私からそのような問いが発せられるのか、を理解し
日本語と他言語との文法的な違いにおける指導ももちろんですが、
民族を異にするために起こる発想の違いなども教えてくれる先生に

「いいツボ押さえてくれるわ~」と感じ入ってしまうのです。

「ナゼ?」の答えが「そういうもんだから、とにかく暗記して」では
私の場合、結局どこかしらで破綻がきて、またもや同じ問いにぶつかってしまい
どうどう巡り、ということが何度もありました。

「暗記して~」のみをおっしゃる先生は、ネイティブの先生に多かった気がします。

もちろん皆が言語学者級の知識をもって教えてるわけではなかっただろうし、
専門的にみても説明がつかず、暗記するしかないものもあるだろう、とは思います。
特にネイティブの先生たちは、日常的に話されているため疑問が湧きにくい、というのも
あるのかもしれません。

私も何度か、日本語について外国人の方たちから質問をされ、あまりにも日常的に何気なく
口にしていた言葉だったので説明に困り「そういうもんだから、暗記して~」と答えていたこと
数知れずです。。。

しかし、イイ先生だなあ、と感じた先生たちは、わからない所は「そういうもんだから」では
片付けず、わからないものをわからないで誤魔化さない人たちでした。

暗記するしか術がなくても「ナゼ暗記するしかないのか?」を、納得させてくれました。
どうどう巡りをしないよう、道しるべを付けてくれたように思います。
というより「エ~イ、往生際が悪い!覚えるもんはトットト覚えろー」と背中を押して
くれたと言うべきか。。。

ここでは「ツボを押さえた日本人の先生」を中心に書きましたが、
当然「ツボを押さえたイタリア人の先生」も居ます。

イタリアで人気の、よしもとばなな氏、のイタリア語翻訳をされた方に
習っていた学生さんによれば「とてもわかり易くて、楽しい授業。日本人よりも
日本語が達者な方」だったそうな。

この方の翻訳本を読んだイタリア人数人が、口を揃えて「ベッラBELLA、も~ると べっら」
と感想を述べていたのが思い出されます。

ちなみに、オリジナルよりも、イタリア語訳の方が美しいとの話しも。。。
機会があれば、読み比べてみるのもいいかもしれませんねー。

注》人によって、ツボどころも千差万別かと思いますので、
ご自分にあったツボ師をお探し下さいませ。
[PR]
by zefiro04 | 2004-10-31 17:48 | ことば
<< オラトリオ(宗教曲) 最初に習うならネイティブ それ... >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング