伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
世界のトアル部分
最近、エラク忙しくしてました。

一日8時間、2週間のイタ語コースに通いながら、相変わらず日本語教えたり歌やったりエトセトラな日々だったのでっす。

このイタ語コース、フタを開けてみたらレベルはバラバラで、メチャクチャ話せる人もいれば文盲に近い人もいたりという中での授業。内訳は、ネパール3人、ルーマニア2人、アルバニア2人に日本人は私だけの8人で、全員主婦。

サンスクリット語で読み書きするネパール人にはアルファベットの羅列は難しいらしく苦戦。それに対して、ネオラティーノとも言われる言語を母国語に持つルーマニア人はベラベラ。3年半もイタリアにいるも、家でヒキコモリしてた主婦のアルバニア人はかなぁり怪しいレベル。普通、アルバニア人はイタ語の習得が早いと言われるのでこの出来なさから、どんな3年半だったか知れようってもんです。

一日8時間だったのですが、こんなバラバラレベルにして、ルーマニア人の空気の読めないひとり語りに嫌気がさし、やることもあるしでサボリ専門の日本人の私でしたが、サボると電話かかってきたり、理由を聞かれるたび空セキしたりでエラク丈夫そうなのにいつも体調悪い日本人するのにも疲れ、出れるだけ出てたんでございます。

ガンバッタよ、私。。と自画自賛

いやぁ、それにしても久々にすごかったですよ。。

ルーマニアちゃん、23歳妊婦。ダンナは18歳年上、彼女語るところ激給料の良いイタリア人。先月の給料は2700ユーロだったそうです。

って、誰も聞いてないのに、ひとりでこんなことを一日最低一時間以上も語り続けるわけです。。(汗)+何を食べたら吐き気がするか、妊婦の大変さも誰も聞いてないのにひとり語り続けるわけです。。(大汗)

それを腕組みして聞く振りもせず眠りこけてる私。。

言われました、ルーマニア妊婦ちゃんに「アンタ、聞き役なワケ ?

スミマセン、そんな自慢大会に参加できません。いや、マジ勘弁。ってこと言うのもなんなので、「あぁあああ ?!」と思わず唸ってしまいましたです。日本人の友に語り物まねしてみせたら、「マジ、こわいからぁ~」と言われたので、相当なインパクトは残せたと思います。

そしてネパちゃんたちには、初対面でイキナリ、「ダンナ、イタリアジン ?」と聞くので、そうだ。と答えると、「キュウリョウイクラ ?」と、まじでダイレクット。

参りました。。

ある日は、アルバニア人のひきこもり姉さま、突然授業中に「先生、私の結婚式の写真持ってきていいですかぁあ ?」で、持ってきたと思ったら、スンゴイ量でひとりひとりにアルバム渡され、強制観賞。見終わるまでに1時間半。

拷問、です。。

その上、ルーマニアの妊婦ちゃん、これに触発されダンナに電話、会社帰りに自分の結婚式のアルバム持ってくるように指示。

持って、きましたよ。。

真っ赤なアタッシュケースに入ったアルバムをドンと先生の前の机に置き、「授業、終わりましょ。だってアルバム見なきゃいけないでしょ

。。。。

お暇させていただきました。。

そんなこんなな2週間でした。。

ちなみに相方に、「私が電話したらアルバム持ってきてくれるぅ?」に、「即、電話きるから」と一言。

愛、足らんのですかねぇ。。

話変わって、まだ中学生の私の日本語の生徒が、「英語を勉強し始めたから、もしかしたらあんまり来れなくなるかもしれない」ってな話しから、「今のイタリアは終わってて将来ないから、海外出ないとどうしようもない。日本語は好きだから続けたいけど、まずは英語をかためなきゃイケナイと思う」とのこと。

オヌシ、エライッ !!日本語は好きなとき、息抜きでおいで。まずは英語をおやり~。でもさ、デキルイタリア人がイタリアを出てって、移民がバンバン入ってくるって。。どうなっちゃうのイタリア ?」に、「イタリアに将来、ないから」だそうで。。

先日、政府が倒れたので、政策もまた大きく変わるのかも。なんても思いますが、良い方に大きく変わること、はないんだろうなぁ。。なんても思います。

イタリアは、本当に素晴らしいものを持っていたけど、それが殆ど腐ってしまってるのよ。イタリアにいたら将来はないわ。だから息子は海外に出すつもり」とは、先の中学生のお母さまのお言葉。

何が、悪いんでしょうねぇ。。

と、ドーデモいいんですが、ルーマニア妊婦ちゃんが、「暑いっ!!」ってことで、教室の暖房は消され、ドアは開けられて、私も含め数人がコート着ながら授業受けてました。そのせいか、私、風邪ひいちゃいましたよ。

一体、この2週間はなんだったんダーー

と、鼻水垂らしながら考えてみてマス。多分、゛世界゛のトアル部分を見てたのかもなぁ。。とそんな気がしてもみたりです。
[PR]
by zefiro04 | 2008-01-30 03:10 | ほんの日常
<< ねこのかおとにくまん 外見と中身 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング