伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
ユメとゲンジツ
先日、20歳ぐらいの日本人女性とと話しをする機会がございました。ケンチクカになりたいんだそうです。なんでも、有名になりたいんだそうで、「ファッションとかってぇ、沢山やってる人いるじゃないですかぁあ。でもぉ、建築をイタリアで勉強してる日本人って少ないデショー」だそうで。。

えっ、結構いるんじゃないの?

と返すと、気分を害したらしらく、「アタシ、知らないし」とブータレながら返されました。。(汗)

彼女、勉強が嫌い。自分のまわりには大学行く人なんかいない。行っても無駄。才能さえあればいいんでしょ。

と言うので、「例えばね、デザイン描いて、お客さんにどんな素材でどういった工程でとかとかも説明できなきゃ難しいんじゃないかなぁ」には、

説明できりゃ、いいんでしょ

いや、説明するには勉強しなきゃ。。(汗)。

本物の建築家やってる友達に訊いてみました。

こういう子、たまにいるんだよね。たまーに、ポッと出て有名になる子もいるけど、やっぱり基礎がない子は続かないね。一発屋ってやつよ。だってさ、そんな子がつくる建物って、下手したら壊れちゃうじゃん。最悪、死人出るしー」だそうで(どっかで聞いたよな話しですね。。)

って、当たり前。

元ボクサーにして大学出てない有名な安藤忠雄氏なんて世界的建築家もいるわけですが。。

安藤さんて、まったくゼロスタートじゃないんだよ。確か、兄弟で建築関係の人がいたはず。。

と、20歳ぐらい女子とは環境が全然違うのよ。ってのを強調しとりましたです。

で、この彼女、ケンチクカになるべく、今回はイタリアへまずは語学短期リュウガクってやつでやって来てたのですな。学校も自分で選んだのではなく、親の知り合いに頼んで探してもらい、空港までは親に、イタリアの空港へは親の知り合いに頼んで迎えに来てもらい、宿も、「なんかぁ、現地で自分で探すとカッコイイかと思ってぇ。でもイタリア語分かんなくってぇ。結局、空港へ向かえに来てくれた人(日本人)に探してもらいましたー。でもぉ、私ってぇ、スゴクないですかぁ?ひとりでここまでできるってぇ、イタリアまで来てこんなことしてるのってぇ。私ぐらいですよねぇ

スゴイ、ねぇ♪」とニッコリ笑っときましたです。

この彼女、これだけ日本人に世話になりながら、「日本人とはぁ、しゃべりたくないんですよねぇ。だってぇ、イタリア語上達しないじゃないですかぁ。だからぁ、学校では日本人に声かけられても無視してるし、日本人とは目も合わせないようにしてるんですぅ

あなたの選んだ学校、そこは日本人だらけで有名なんですけど。。(汗)
そしてあなたの目の前にいる私、日本人なんですけどーー

とさすがにややキレかかってきたのですが、マジキレするのも大人気ないであろうと、

でもさ、こうして日本人と海外で話せるってのも悪くないでしょ。何かあったら、助けてもらえるってのも捨てたもんじゃないと思うナー」には、顔ひきつりながら、「そ、そうかもしれませんね」と答えておりました。

その後、彼女を知る友達に、どうなったか聞きました。

帰国直前、かなりがんばってイタリア語勉強してたみたいよ」だそうで。

自信のある人、嫌いではないんですけど、実力ないのがミエミエなのに自信ある(ふりしてる)人は、なんか哀しいというか、人そのものが貧乏臭いっつうか、ビッミョーにムカツクといくか、うざいというか。。三文芝居に付き合わされてる気がするというか。。な気持ちになってしまう私デス。スンマセン。

まぁ、でもこれから色々見えてきて変わってくるのかもしれませんが。。個人的には、何かあるとすぐに助けてもらえる環境にこれからもいっぱなしだったら、あんまり変わらんのかなぁ。と思ってもみたり。建築家の友は、「そんなん、ダーメ、ダメ。あっはははぁ」だそうで。。

でもこういう日本人、たまに見かけるんですよねぇ。流行なの?(ちょっと違う?)。時代、って訳でもない気するんですけどね。。色々思うとこがあった出会いでありました。
[PR]
by zefiro04 | 2008-03-11 04:26 | ひと
<< 専業主婦の時間 頭痛には。。 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング