伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
言葉はイリュージョン
ある女性の日記に、どうやら私の知人と思われるイタ男性の話しが書かれていました。

ビ、ビツクシーーー

会社名から彼の好みや出身地などなどが書かれていて、名前は出てなかったのですが「げっ、彼でしょ。。(汗)」とビツクシした次第です。そして日記からは、この日本女性がかなり舞い上がっている様子が文章から滲み出ておりました。

あぁ、あたしったらなんてインターナショナル♪

そう、外国人のお知り合いがいる。結構カッチョヨイ。名の知れた会社に勤めてる→エリート→そんな外国人とお知り合い→私がイイ女だから云々。。

汗、そして汗

思わず彼にメルしちゃいそになった自分がいましたが、そんな人の一面は自分で気付くのも人生の修行であろう。もしかしたらこんなドーシヨーモナイ一面をさらけ出してるのはネットのみで、リアルではまともなのか ? でもやっぱオカシイだろ ?とかとかグルグルと思考が行き来もしましたが、彼からなんか言われない限りは黙っとくことにしました。

害はなさそだし

でも日本語とはいえ、会社名から出しちゃうのは文の内容からしても。。ギモンッス。いいのかこんな自称インターナショナル(←自分で書いてましたデス)な人でも ?もっとアタマイイ人だと思ってたなぁ。ぐるぐるぐるるる。。

大きなお世話ですね、ハイ

゛うそ臭い゛って言葉がありますが、この゛インターナショナル゛って言葉にそれを感じてしまう私です。もちろん、それら全てにうそ臭さを感じるのではなくて、使い方ですね。

ナントカインターナショナルオルガニッゼーションや、他&多言語を使い、国境や国籍を越えて仕事をしたりしている人たちへ゛インターナショナル゛って語を冠するのは素直に頷けるんですが。。

国籍の違う人と結婚したから、外国人の友達や恋人がいるから。外国住んでるから。。だから私ったら、インターナショナルには。。ちょっとなぁ

多分、語の持つ響きの中に特殊なものやアコガレを感じる人がちょっと゛外国゛に触れたときに思わず使ってしまいたくなるんですかね。ホラ、私ったらスゴイ的に。

例えば、゛天才゛という言葉がありますが、ギャグで゛オレって天才♪゛なんてのはかわゆくて笑えますが、「オレぐらいの天才になるとさー」と真面目に言う人とかいると、すでに世間での評価が巨匠レベルとか売れてなくても傍目に゛て、天才かも。。゛と思わせる人が言う以外は。。

寒い、デス

その場が氷点下になること間違いナス。

大学の後輩でアクドイのがいるのですが、ある人がその非常識な態度に注意をしたら、「芸術家なんだから、このぐらいやってイイんです!」と逆ギレされたそうな。

問題は、アナタが゛芸術家゛として皆から認められていないトコなのよ~

とあまりの痛さに皆で合掌。でございました。

こういった言葉って、オノレがオノレ自身を称して言うのではなくて、普通は他人がその人を見て評価して言うところに価値があると思うのですよ。もし自分で言っちゃったとき(ギャグヌキで)に、その言葉の持つレベルに達していないときは。。寒いデス。いや、まじで。

そしてカナシーことに、゛芸術家゛とか゛天才゛、゛インターナショナル゛が本来持つであろうレベルについて想像すらついてないんだろナー。とオノレの井の中の蛙度をさらけ出してしまって、こりゃまた痛かったりもします。

これらの語の持つ魔力というか魅力、あこがれ、そしてなんとなく自分がスゴクなった感じがするから使いたくなるのも分かるんですが、自分自身を称して言っちゃう人のレベルが語とかけ離れているのが明白だと、お寒く感じてしまうんであろうなぁ。と思ったりもしたりデス。

゛知らないってことは強い゛

そういった言葉もよぎります。知らないからこそ出来て、それが結果的には大きなことに繋がって行く。そんな事例もあるかもですが、これらの言葉に対しての無頓着さとイメージに対しての執着には、゛強さ゛ではなくてその人の内面の゛弱さ゛を見る気がして、うそ臭く、ビンボー臭い気がしてしまう私デス。

なんだかいっつも同じよなコトにギモン持ちまくりだなぁ(笑)

と実はどーでもいいんじゃないか?なひとり分析に苦笑したりもするんですよねぇ。って、彼は大丈夫なんだろか? どうやらこの彼女の日記からは付き合ってはいないみたいですが。。まっ、でもシアワセで人に迷惑かけてなきゃなんだってイイんでしょーが。。(笑)



インターナショナル(国際人で検索)

(1)広く世界に活躍している著名な人
(2)教養や語学力があって、世界に通用する人

天才

生まれつき備わっている、きわめてすぐれた才能。また、その持ち主

芸術家

芸術家(げいじゅつか)は芸術活動を行い、また社会的にも特に認められた個人(あるいはグループ)を指す。アーティスト、アーチストとも呼ばれる。また、専門的な芸術活動を行う人々の総称をさす場合が多い

グーグル辞書より
[PR]
by zefiro04 | 2008-08-01 22:18 | ことば
<< (本物の)上流は一日にしてならず 食の記憶 >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング