伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
(本物の)上流は一日にしてならず
数ヶ月前に、あまり上演されないオペラのガラコンサートがあるというのでちょこっと聴きに行ってまいりましたです。

どうやら、チャリティー目的だったらしく、ある発展途上国の現状をオエライさんと思われる人が開始前に説明。でもって、やたらと「今日はこんなに沢山の上流階級の皆様にお集まりいただいて。。。云々」とか、「ここは上流階級の皆様の。。云々」とかとか、とにかく゛上流階級゛がイヤミなぐらい出てきて鼻白んだのでありました。

そりゃ、ヒガミだよ(と゛ザ・庶民゛な私が言うと言われそうですが。。)

この日のコンサートは全て自由席。なもんで、たまたまですが、私の周りが゛ジョーリューカイキュウ゛の皆様の一部の方たちに囲まれたんでありました。座ってて、ひょんなことから、どうやら私を囲んだ皆様はある有名なお店の経営者一族らしい。ということが発覚。

そういやよく見ると、女性は高そうな毛皮を纏い、男性はモーニングかびしっと背広。私、ジーンズ。バッグは友達からもらった米軍払い下げ品(だって、そんなコンサートだと思わなかったんデス。。許してくらさい。。)

で、ジョウリュウカイキュー

こういう場ってですね、はっきり言っちゃえば音楽なんて二の次三の次なんスよ。彼らにとっては、顔合わせとか、ちょっとご挨拶を。ってのがメイン。その昔、日本でも知人にチケットもらって行ったコンサートがこの手のたぐいで、会場は「あら、奥さまお元気でございますか ?まー、先日はヨーロッパへ ?ステキですわネー。そうそう、今度○○先生、ご紹介してくださいましよ」なんてのがあちこちで繰り広げられてるんですね。

ということで、場所は変われどやってることは日本で見たのと変わんねーなー。な光景が目の前で繰り広げられてたんであります。で、この経営者一族の中に40代後半と思われるマダムがいらっしゃったんですが。。

ヤバイ、です。。(汗)

開演前にひとりでも多く。という気合いからでしょうか、゛優雅゛とか゛上流゛なんてのがフッ飛ぶくらい精力的にご活動されてましたデス。

あっらー、お元気ぃ ?奥さまはいかがなされてますのぉお ?あっ、ちょっと失礼。お久しぶりーーー」なんてのをハゲシク繰り返されてました。で、少し遠くにお知り合いだかの名士さんを見つけ、指差しして、隣のダンナさまと思われる紳士に手で制されると、気分を害して意地でしょうか、しばらく指差しし続けてました(汗)

で、演奏が始まるや、ツマランのでしょうな。しゃべり続け。

。。。。(汗)

大学生のとき、大学にはそんな金持ちさんたちが沢山いたのですが、教養とか知性とかが感じられない金持ちさんを友人は、「カネ、持ってるってだけでしょ」と一刀両断でございました。

私の知人でその昔はかなりな資産家だった人がいるのですが、今は着ているモンは安物だし、穴あいてたりで、「落ちぶれたもんよ」なんてご自身でもおっしゃってますが。。

でも、オーラが違いマス

ある友人を伴ってその人とお茶したとき、「ねぇ、本物のオジョーだったんじゃない ?」とコソッと聞かれるぐらい、オーラがあります。

友人のイタ人の近所に、新興資産家の全身ブランド、エセ゛グレース・ケリー゛なオバチャンがいるのですが、その成金っぷりに友達は頭を痛めておりました。その昔の上流階級の趣味やスタイルを真似てみるものの、基本的な知識や心構えってんでしょうか、人より富を持つものの心得ってんでしょうかは全く欠如してるんで大変とのこと。

勝手にやってくれればいいんですが、゛見せ付けたい゛とか゛分からせたい゛、゛羨ましがらせたい゛、゛敬われたい゛なんてのがあるらしく、色々強引に彼女の欲望を満たすべくプロジェクトに巻き込まれて、ご近所連は疲労しとるようです(実例を書きたいとこですが、「いつか本を書いてヤルー」と友人、握りこぶしだったので割愛。残念)

このイタ友曰く、「この人さ、多分、両親は南の貧しかった地域から北へ出てきてがんばって、やっと資産をつくって彼女の代で裕福になったんだと思うんだよね。そしてお金ができた次はステイタスって考えてるんだと思うんだけど。。土台がないんだから、無理なんだって。本当の゛上流゛ってのはお金だけで出来あがるもんじゃないわけよ」とのこと。

※出身地とかは、苗字で大体分かっちゃうんですね。そこから、この成金夫人の人生を推測する友人であります。

話し戻って、上流階級の皆さん、いやもとい゛金持ちの皆さん゛が大勢いらした演奏会後日、ある音楽家に感想を聞かれたので、「演奏ひどかったですねぇ。゛上流階級゛の皆さんも退屈そうで、おしゃべりに余念のない人もポチポチいましたねぇ」と言うと、カラカラと大笑して、「上流階級にしちゃぁ、随分と安っぽい演奏会したんだわねー。ディスカウントコンサート !!」と金持ってる≠必ずしも人としても上流。ではない。なんて話しに花が咲いたのでありました。

イタリア、身なりの上品な方は結構見かけるんですが、態度や振る舞いが゛下゛ですな。って方も多いんでありますよ。例えば、今日もレジに並んでたら、ブランドものの買い物バッグを片手に提げ、良いお召し物を着たご婦人に割り込みされました。いや、させませんでしたよ、今回はっ(強くなったね、私。。)

でもこんなんは序の口。「そんなにキレイにして気をつけてるんだったら、態度も気をつけてヨー」なんて方を見てしまったり、遭遇してしまうことも多い、んですよね。。(泣)

まぁでも見かけから入る。っていうのもアリだと思うんで、それはそれでイーんですが、こう見かけと中身が乖離した人を見続けると、人間不信になりそになりますわ(苦笑)

アコガレの上流階級。道は険しい(?)&外見だけじゃなく、中身も伴ってなきゃダメなのよ~。ってこと、誰か教えてあげないトー。とそんなエセジョーリューを見るたびに雄たけびたくなる庶民な私なのですわ。。いや、まじ、どうにかして欲しいです。。(切望)
[PR]
by zefiro04 | 2008-08-05 03:21 | ひと
<< ノー・フュー・チャー 言葉はイリュージョン >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング