伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
星のプライド
ボローニャに、相方のセミナーのお供で行って参りました。

゛お供゛なんていうと聞こえがいいですが、ただの゛便乗゛でございます。

それは置いといて。。

このセミナーが行われたのは、四ッ星ホテル。建物リッパですわよ~。いやー、さすが四ッ星!ってのは見かけだけでございました。

フロントはセミナー会場を把握してない、参加者は部屋探してウロウロなんてのはいい方で、セミナーで使うプリントは用意するのが面倒なのか、「欲しい人はコピー使っていいですから自分でやってください」とのこと。さすがにこれには参加者たちが言って、ホテル側にコピーしてもらうも、使った紙が裏紙。しかも、宿泊者の身分証をコピーしたものの裏紙。

個人情報、もれもれ。これ、四ッ星。

更に、バーで相方とコーヒーとカプチーノに5ユーロ。その後相方は私にお金渡して私が払ったんですが。。で相方曰く、「ボクがコーヒーとクロワッサンで3.4ユーロだったから、いくらなんでもこの値段はないよ。ボラれてるよ。多分、キミだからやったんだよ」とご立腹。

値段をバーテンに聞き返したんですが合ってる。とレシートも渡さずそそくさと立ち去っちまったんですよね。いつもだったら、逃げ出す(?)店員に「レシート出せ!」ぐらいは言うんですが、隣に相方と同じセミナー参加者がいたので、詰め寄ることもできず。。無念。。

これ、四ッ星

そして外国人のドアマンが、客のための新聞をヒマなのかロビーで立ち読み、客と同じトイレ使って、トイレのドア開けっ放し、客がドア閉めてるヨ。なぁんて他にも四ッ星にあるまじきな行為オンパレードでございました。

゛星゛って、どうやって決まるんですかぁあ? 

ということで、調べてみました。なんでも、星の数ってのは、どうやら国によっても少し違うらしいのですが、ホテルの設備によって等級が決まるらしいです。

つーと、サービスではないってことか。。

勝手に、星というのはサービスというか、゛おもてなし゛の度合いというか。。な感覚でいました。゛設備゛ってのは。。そりゃそうですが、それによって等級が決まるってのは考えつかなかったなぁ。

ということは、設備を基準に星が決まるのであれば、星が付いちゃった以降は見直しってのはないってこと??

ないんだろうな、多分。。

私は泊まるとこは、星ないぐらいで全然OKなんでございます。だから、宿泊者の身分証を裏紙に使って他の利用客に渡す。ということはさすがに許せんですが、朝、ちょっと部屋離れて戻ったら、荷物はさんばら撒き、ベットは片付けられてて他の宿泊客の寛ぎ場所に変わってて、入り口前でボーゼン。ってことや、従業員がちゃんと働いてない、サボッてますネ。なんて光景を目にするのも当たり前。他にもドビックリなことも色々ありますが。。

そんなモンと思ってるんで、ユルス。

が、

星が四つ、五つを掲げてるホテルだとまた話しは別でございマス。

以前、ツアコンの人が、「イタリアの四ッ星、五ッ星のホテルは、平気で客にプラスチックのコップを出すのよ!」と観光で持ってる国がこれでイイんかい?というのを力説しとりました。

もちろん、全てのホテルがこんなではないですが、結構な数で存在する。ってのは事実であるようです。プラスチックのコップに関しては衛生面。とかなんとか反論もあるでしょうが、折角ゴーカなホテルでハイテンションでウキウキしてるとこに、プラスチックのコップ見たら、気持ちが萎えますわな、やっぱ。

小さいとこを見ればコップだったりしますが、ホテル全体で見れば、ボローニャのホテルみたいなコトになってるとこも多い気がします。お客の立場に立ってないよねー。っていうんでしょうか。でも値段はそれなりだよねー。星が四つも五つもついてれば。っていうんでしょうか。

そんな人の立場に立てないとこが、人の身分証明のコピーの裏紙。ってのにもなるわけですな。どーでもいいんだな、だって゛自分゛のことじゃないから。

他にも、そこに宿泊してたセミナー参加者に頼まれて、相方が携帯PCを見てあげるのに、ネットを使わせて欲しいとフロントに聞いたんですな。ロビーには、ワイファイ。と当ホテルではお客さまに快適にネットを云々。。というお知らせあったんで。

えーっと、イタリアはネットに関しての法律がウルサイんですよ。。ぶつぶつ。ちょっと聞いてきます」と近くにいた同僚さんに聞くも、なんやかんやと面倒くさいんでしょうか、結局、待たされた挙句、スル~。ダメもイイも返事ナシ。さすがのイタリア人たちも呆れてましたよ。。

星、関係なくこういうのマズイですよね。。

でも全く持って意識低い&頭良くなさソーなんで、ネットを使うためのパスワードは多分これじゃろ。と相方当たりつけて、使えとりました。

セキュリティーもヤバイそうですね、ココ

もちろん、こんなホテルばかりじゃないし、星の数に見合った信用に値するホテルも存在するんでしょうが、設備だけでなくもちょっと基準設けて+せめて数年に一度は星の見直し。ってした方がいい気するなぁ

えっ、してる?

としたら、その基準とか気になりますデス。深いな、ホテルって。



Hotel Boscolo Tower Bologna

名前出すなよー。なんて人もいるかもですが、敢えて出す!のでございます。

゛星゛って設備云々とかで付くとはいっても、星に付随するお客の信用ってのは大きいと思うんですよ。そしてそれもあって、それなりの値段も出すんでございましょ。だったらバシッとプロフェッショナルにやっていただかにゃ困る。お客の身分証のコピーをセミナーの裏紙に使うって、プロフェッショナル以前の問題で、星関係なく許せないっすね、私。

もちろん、私は身分証なんか出してないから関係ないっちゃ関係ないし、こんな影響力もなにもない不人気ブログに書こうとどうってことないんでしょうが、出しちゃいますよ名前。

例えば、お金払って演劇でもなんでもいいんですが観に行って、ヘボかったらバシバシとマスコミやら個人レベルのブログなんかでも叩かれるんですな。で、演じ側は凹んだり紆余曲折ありながらもより良いものを目指して作って行く。そういうなんていうか、プライドっていうか。。しかしそれでもまだどうしようもなかったら、客も来なくなって潰れてくわけですが。。

それなりのお金をいただく。というのは大変ですよね

まっ、ここのホテルはフランスやドイツやらの団体さんが主な顧客っぽいので、日本人観光客には中心街から少しあることもあり、アウトオブ眼中ではありましょうが、こういう四ッ星ホテルもあるってことで。
[PR]
by zefiro04 | 2008-10-16 03:30 | そんな旅もありました
<< こどもとおや 隣人たち18-実はスゴかったの... >>


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング