伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
カテゴリ:いろごといろいろ( 13 )
愛のタヨウセイ
相方とプラプラ歩いてたら、知り合いの年の差カップルに会いました。

ちょっと立ち話しして分かれた後、「彼、20も年下の奥さんでラッキーだねぇ」というので、あの結婚は彼女にとってもラッキーだったんだよ。と言うと、相方はポカンとしてました。

だんなさんはイタリア人で40歳を超えてマス。嫁さんは20代前半。家族総出で生き抜くためにイタリアにやって来た移民さんでございます。

嫁さんは、美人で色っぽい女性。でも当たりはいいけどどこか信用できない。なにかこちらに余裕があると見ると、自分のために有利に使えることはできないかとあの色っぽい目で企むとこがあるので、要注意。結婚前は刹那的に生きてる印象がございました。悪いヤツ、って気はしませんが、なんかコズルイ印象が拭えないので、いつも少しばかりの゛注意゛が必要な人物。

ダンナはイタリア人、どうやらこの結婚は、彼女の方がかなりプッシュしたものらしい。というのは、他の知人が、結婚前における彼女の不機嫌と結婚という繋がりを語っていたのでそこから推測。まぁ、そんなこんなも乗り越え(?)目出度くゴセイコンされたカップルです。

で、彼女は結婚してすぐにしたことがあるんですが。。それは大学のパンフ集め。

丁度、大学にパンフをもらい歩いてる道すがら出くわしたんで、茶なぞして話しを聞くに、「あそこの大学は、世帯の収入で学費が決まるのよ。結婚前だったらうちの両親の収入だと学費は安くてすんだんだけど、今だとうちの彼の収入ってことになるでしょ。そうすると、結構払わなきゃいけないのよね。それに行きたい学部じゃないし。。でね、ここは私学なんだけど、私の勉強したい学部があるの」とあの妖艶な目が輝いておりました。

聞くと、この私学の学費は平均的イタリア収入をもってすれば゛ゲッ゛と言いたくなるよなお値段。国立にないんかい?!と彼女のダンナの顔が浮かび、なぜか不憫な気持ちになり彼女に問うと、「あっ、あるわよ。でもね、ここから車で40分もかかるのよ。この私学だと近いし。。それに払えると思うのよねっ♪

。。。。(汗)

あたしゃ大学通うのに、片道2時間かけて通ってたわい!などと苦学な貧者のたわごとなぞ、結婚によって、ある程度の下克上を成し遂げた彼女には届きますまい。。でもとりあえずは、「40分ぐらいなんじゃい。そっち、行け」とは言うときましたが。。

で、現在の彼女は、イタリア的には高い学費の私学に通っとります。

まぁ、それはダンナがいいんなら、良いんであろう。と忘れてたんですが。。

ダンナに、愚痴られました。。(汗)

どうやらダンナの収入で彼女が私学というのは余裕の上での出費というのではなさそうデス。しかも、彼女は結婚後、バイトも「勉強に差し支えるから」と辞め、ダンナにごり押しで「勉強ついて行けないから」。と、家庭教師をつけさせているそうな。もち費用はダンナ持ち。

結婚後に大学行くって知ってたら、結婚なんかしなかったよ !!!」とダンナご立腹。当たり前か。。

彼女、結婚前から大学へ行くつもりであったことを知る私は、ここで彼女の意図を察したんであります。かと言うて、今更そんなことをダンナに告げ口してもねぇ。。なんて考えてたら。。

だって、彼女だって学校行ったり音楽やったり好きなことやってるのよっ !!!なんでアタシがやっちゃダメなのよっ !!!」とキレてマス。。(大汗)

で私は自分は結婚前に自分が譲れないこと、音楽を続けて行くことや、異国でのくらしで想定しうる困難をオヌシは背負うことができるんかい?と腹を割って話し合い、準備し結婚してるから、状況はちょっと違うよね。と言うと、彼女のダンナも全然違うだろーがお前とはっ !!と腹立ち収まらずなご様子。。

なんで結婚前から大学に通わなかったのか、と私が聞くと、ダンナが離れたのを確認してから、「結婚前には、私には何もなかったから」とポツリ。。


彼女の目標は、この゛私゛なんだそうです。

人の金で好き勝手してるから

。。。。(怒)

暴れてスマキにして道頓堀川あたりにブチ込んでやろうかと思いましたが、すんでのところで理性が打ち勝ち、耐えましたヨ。

でもしかし、正直ですな。

ちなみに私は格好つけなんで、ツライこともある程度笑いに昇華できるまで相当なことないと話しませんし、自分の人生にナルシストぶっこくほどオトメちゃんでもないんで、苦労なく淡々と飄々とやってるように見えて、たまに羨ましく思う人もいるようです。

勘違い、ですから

まぁ、そんなことは置いといて。。そんな話しを相方にしたら、「ひょえ~~~~。イタリア人って狙われてるんだね~~。も、もしかしてキ、キミも???」とやけにビビっとりました。「イタリア人ってだけで結婚するほど、ミーハーでも貧乏でもないし、幻想も持ってないよ」とは言うてみたものの、それは私が日本ていう安定した国に育ったから言えるのかもな。とフと思ってもみたり。

もち、日本人でもイタリア人ってだけで飛びついちゃう人もいるわけですが。。でもなんていうか、人生を生き抜くために移住してくる人たちとは底にある゛生きる゛という気合が違う気がしますね。

そして20代前半にこれからの人生をよりよく生きて行くための結婚という゛資本゛を手に入れるため、まさに体張って(?)結婚する彼女たち。今までに何人かこういう年の差結婚してきた女性を見たんですが、大体が結婚後はえらく向学心に燃えてる。ってことなんですよね。。

上手く言えませんが、私の中では彼女らに対する嫌悪感もありつつ、いかによりよく゛生きて行くか゛ということへの貪欲さになんていうか原始的なパワフルさを感じてちょっと圧倒されたりもしたりだったりします。

私、オットのこと愛してるの

なぁんて聞くと、思わず「本当かよ」とツッコミ入れたくなる私ですが、そういう゛愛゛ってのもあるのかもな。その人を愛ス。というより、その人にくっついてくる゛何か゛があるから愛すというか。。

愛という定義は、真理は別として、人それぞれに定義の仕方があるのね、多様なのね。と雨続きの日々はつまらん思索にはピッタリなんで、こんなことを雨音ききながら考え込んでもみたりデス。
[PR]
by zefiro04 | 2008-11-07 03:29 | いろごといろいろ
言いにくきコト
そんなこと、聞けないよ~」と某国で働き、彼氏さんはイコクジンの友は言います。

お金のことや、今後のコトなどの具体的なことが聞きにくいとのことです。って、一緒に住んでてそれら聞きにくいことが原因で関係はギクシャクしているようです。

聞けよ。

ドライらしい私はスパッとそう言いますが、「聞きにくい」とのことです。

相方からケツコンの話しが出たとき、彼に電卓を渡し「一ヶ月の給料いくら?」と電卓に打たせましたです。プラス、音楽を続けさせてもらえること。イタリアへ来ても外国人の私が職を見つけるのは難しいであろうことなどを請け負えるのかを話し合いましたですよ。そして日本を離れるまで2年間という時間を持たせてもらえること。

相方、電卓を渡したときはちょいビビッてましたです。でもこういうことはキッチリしとかないと、後で絶対にトラブりますからね。もし彼がオオガネモチで、「いいよ、いいよ好きにして~」なぁんて人だったら、別にお金の心配もいらないし話しにくいこと話す必要はないのかもしれませんけど。。でもそうじゃない私含む大部分の方々は、特に海外という土壌の違う場所へ行くとなったら、そりゃぁ、下調べ&土台つくり(?)は必須でありましょう。そんなこんなが功を奏したかはナゾですが、色々あるにはありますが、相方とは穏やかにやっとりマス。

以前に語学で同じクラスだった南米の姉ちゃんがイタ人と結婚しました。そして結婚後すぐ、母国に残してきた自分の子供を引き取りたいと言い始めたそうな。そしたらダンナになったイタ人のご家族が大噴火。そりゃそうでしょう。ダンナひとりの給料でダンナの子じゃない子も育てることになるんですからね。結婚前に話して了承を得ていたんならまだしも、結婚するまで黙ってたんだから怒られても仕方ないっすね。で、この南米の彼女も大噴火、「口出しすんナ」だそうな。

クラスで、そんな話しになってるらしいよ。なんて話していて、私に意見を振られたんで、「結婚前に話していたんならまだしも、結婚後に言ったら、そりゃぁ家族だって゛騙した゛って言いたくなるわさ。言いにくかった、そんなつもりじゃなかったは通んないでしょ。ただ単に問題の先送りにしか思えないね。結婚前に言ったら、結婚がフイになるってことで。もし仮にすでに子供がいて、結婚に差し支えるってことで隠しておきたいんなら、一生隠し通す覚悟なきゃダメなんじゃないのぉ。明らかに結婚後に出てくる重大な問題なら、結婚話しになったとき、あるいはなる前にでも相手に言っておくのが誠意ってもんだしょ」と言ってみましたです。

実はこの彼女、結婚前に妊娠していたのですが、皆からそれを聞かれるたび、「あぁ、太ってるだけ」と答えていました。で、臨月頃にクラスにいるとき、役場から電話が掛かってきて、「このお腹のことで聞きたいことがあるからすぐ来いって役場からの電話だったから帰る」とそれっきりになっていたのでした。

どうやら、彼や彼の家族にも太っている。で通していたみたいです。

って、分かるだろ---

と大いにツッコミいれたいとこですが、これ、現実の話。でもって、子供をネタにかどうかは分かりませんが、それからほどなく結婚しましたですね。多分、役場に呼ばれたなどの話しから、滞在許可証の問題も絡んでいたと思われます。

それから数ヶ月後、彼女とも仲の良かった友とお茶してるときに「彼女どうしてるの?」と聞くと、「もう付き合ってないわよ。あんなサイテーな子。別れて今は他のイタリア人と住んでるわよ」とかなり気分悪そうに言うとりました。そして、友達の国のジェスチャーをしたので、「どういう意味?」に、「手に職持ってない人。ってことよ。彼女何もできないから、生きるために男を渡り歩くのよ。サイテー」だそうです。生きるために男を渡り歩くってのは、これはこれでひとつの才って気もしますが、でもどーも彼女のやり方は見ていて気分悪いんすよね。

個人的には、仕事でもなんでもそうだと思うんですが、絶対に避けて通れない言いにくいけど言わなけりゃいけないことってのは、相手が考える余裕や時間、そして受け入れる、断れるなどの選択肢があるときに伝えるのが最低限の誠意というか、お約束っしょ。と思うのであります。そんな余裕もなんもない。って場合や相手が聞ける状態にない。なんてこともありますが、少なくても自分の言いにくさがためだけに先送りはねぇ。。と思うのであります。もちろん、先送りしてなんとかなる問題ってのも存在しますし、何はともあれ死なない限り、どうにかはなって行きますですよ。でもそのどうにかなった先が良い方でない、望まない場合もこりゃまた多々あるわけで。。でももっと先に言っときゃ、どうにかなった場合もあるわけで。。

南米の彼女がどうしているのかは知りませんが、多分、コスイままだったらあんまり良いことにはなってない気がいたしますです。私の友は。。そうですねぇ、どうするんでしょうねぇ。根本的な問題に触れ、解決しない限り苦しい気がしますねぇ。友曰く、「アンタみたいに、聞きにくいこと聞けないよ。それに、私は゛なんとかなるサ゛派だし」だそうな。

って、なんとかなってないじゃないッスかぁ。

なんとかなってくれることを願いますが、ちと難しい気がします。。

言うべきか、言わざるべきか、それが問題なんスよね。言ったからって、解決するとも限りませんし。難しいっすよね。
[PR]
by zefiro04 | 2006-12-11 20:58 | いろごといろいろ
住めたら幸せな国(?)、イタリア
茶飲み友達がひとり減りました。

散歩していたら、顔見知りに声を掛けられ「知ってる?彼女、もうここに居ないのよ」とニンマリと笑い教えてくれましたです。他のイタリアオトコと別の町で暮らし始めたのだとか。そういえば、某御曹司が自分に気のあるようなことを言ってくる。となんだか嬉しそうに話していたので、「その人と住んでるの?」と聞くと、「違うわよ、他よ、他のオトコよ」だそうです。。

「。。。。」

彼女、つい最近まで私が住む町にイタリア人男性と住んでいましたね。最後に会ったときには、元彼氏さんのことを、「私の彼への想いは゛真実の愛゛なのよ!!純粋で偽りのない愛なの!!」と、力説し、母国へ大学の卒業試験を受けに帰国してから一ヶ月も経たないうちに他のイタリア男と同棲だそうです。。

「。。。。」

彼女はですね、背景がちょっと分からないとこのある人でありました。多分イタリアへ住みたくて。。。ってこともかなりあったんじゃないかと私は見ていますです。そして、私の知る元彼氏さんの前に、少なくともあとひとりはイタリア人男性と同棲しているんじゃないかしらんね。。

恋愛の数や期間、ナニ人と。。なんてことをどうこういうのはヤボってもんでしょうが、彼女はイタリアへ住みたくてイタリア人男性を選んでいたんじゃ。。と思うことしばしばだったので、気になります。気になる。っていうのは、彼女はなぜにそこまでイタリアに拘る必要があるのか?そして、イタリアは、イタリア人男性は彼女が思うところの幸せをもたらしてくれてるのか?そういったところが気になるんであります。

彼女の国は戦時中でもなく、あまり裕福とはいえなくても、そこそこの生活は出来る国であります。そして大学の最終学年。本当だったら、大学に通った上で卒業試験を受けなければならないのに、イタリアに来て彼氏と同棲し、たまに帰っては大学の試験を受けたりという日々を繰り返していました。大学の彼女への対応の悪さを私にグチっていたので、「あと少しで卒業でしょ。卒業してから、こっちへ来ても遅くないんじゃない?今は卒業することが大事だと思うけどなぁ」と言うと、「私はここに居たいの」と言うので、なぜ?を聞くと口を濁らせてましたです。

彼女、ここ数ヶ月は滞在許可証の取得について悩んでいました。でも彼女言うところの「真実の愛」があるので、これを機に彼が結婚の話しをするんじゃないかと思ってたら、彼が出した案は、彼のお母さんの住み込み介護婦として働くことにして滞在許可証を申請する。って話しになったんですね。こういう住み込みのお手伝いさんや介護婦さんのことを、最近はコルフと呼び、移民さんの中にはこういった形態で働き滞在許可書を得ている人もいるようです。

で、彼女むやみにプライドの高い人でありますから、かなり不本意ではあったのですが。。。仕方ありませんわな。これ以外に、彼女が現況下で滞在許可証を手に入れる手だてはないんですから。結婚も断られちゃったしね。私は、「その前に母国へ帰って大学をきちんと卒業して、それからイタリアで就職活動するなり、彼との関係を築いて行けばその先には滞在許可証もあるんじゃないの?」と言ってはみたけど、そんな彼女ですから聞く耳持ちませんわな。

で、ですね、ただでさえイタリアやること遅いです。その上、この形態での申請は、私みたいな結婚して家族ビザ。ってのよりもかなり時間を要すようで、イラついた彼女はよく私に、「いつになったら、滞在許可証は降りるの?」と何度も聞くので、「私は家族ビザの更新だから、時間はかかるけど問題なく降りるけど、あんたのは私には分からないわよ。そういえば、ルーマニア人が同じ種類のものを持ってたから、彼女に聞いてみる方がいいよ」と言うと、怒ってましたね。「私と彼女は違うのよっ!!あんなのと一緒にしないでよっ!!」だそうです。

複雑だなぁ。。

多分、うちの町に住む彼女言うところの゛真実の愛゛を感じた彼の元を去った理由のひとつには、滞在許可証の問題というのもあったんじゃないでしょか。彼女にとっては、結婚して取得。というのは、形に表れた゛愛゛でもあったんじゃないでしょか(かなり落ち込んでたからね。。)。そして、自分が軽蔑する人物と同じ状況下にある。というのも許せなかったんでしょうな。それに加えたものも色々あったんでしょかね。

複雑、だなぁ。。

彼女には、雑誌やらを貸していたので電話してみました。疲れた声をしていました。元気か聞くと。「元気じゃないわ。。」と、大学の卒業試験も落ちたと話していました。私には、「今、そっちには居ないのよ」というので、「知ってるよ」とだけ答え、それ以上は聞きませんでした。そして、引越しの準備をしたいから、貸したものを持ってきてくれる?と言うと、「明日か明後日だったら時間があるから、家に行くね」という約束をしたのですが、やって来ませんでした。電話すれば良かったんですが、しませんでした。来ないんだったら、来れない理由があって、それは彼女からしたらあまり良くない理由だと思ったから、電話をしない方がいいと思ったんでありますね。

彼女は前の電話で、私には誠実でいたい。と言ってましたです。本心はそうであっても、態度や行動が言葉と乖離してると、信用を失うから出来ないなら言わん方がいいのになぁ。と思うのですが、そんな彼女の生き方のままならさと本心を表してもいるようで、なんだかイタイです。

最後に、「今、幸せなの?」との私の質問に、「最悪。。」と答えてました。

なぜにそんなにイタリアに拘るんでしょうね?イタリアって楽園なんでしょうか?イタリアという国が、イタリア人男性が幸せをもたらしてくれることに絶対ってあるんでしょかね?

彼女は、27歳までに結婚して子供を生みたいんだそうな。なんだか色々なことに拘りすぎて、それにガンジガラメになってしまって、世界が狭く、人生の羅針盤が狂ってしまってる気がしますです。。

それにしても残念、茶飲み友達が減ってしまいましたです。。でもまぁ、私も引越しなんかが落ち着いたら、また連絡してみようかしらんね。
[PR]
by zefiro04 | 2006-08-11 18:06 | いろごといろいろ
旅の恥は掻き捨て(?)デス
ひょんなことで、ある日本人女性と会いました。

スゴイ人でありました。。(汗)。。

だって、イタリア人が引いてましたもの。。

この方の得意技は、「人からモノもらうこと」なんだそう。話題は、オゴッてもらった話しとか、イタリア人にオカされそうになった話しとか、どういう格好していたらイタリア人に声かけられるとかとか、今日は何人に声かけられたとかとか。。(汗)。。とにかく人生に対して貪欲な方でありました。。

最初は感じの良い人だったので、私のイタ人の友達を紹介したりしたんですが。。

迫りまくってました。。イタリア人に。。。

後から友達に聞いたとこによると、お目当ての人を見つけたらしく、体を押し付けたり触りまくっていたそうです。でもこの彼、トットト逃げてしまったんだそう。。そんな話しがあったんだよ~。と他国在住の友人とスカイプで話していたら、「グワッハハハハハッッ、イタリア男に断られるって、その子、相当オカシかったんじゃないの~?」とのこと。

イタリア人でも真面目でちゃんとした人、いますから。。

その更に後になって、また他のイタ人の友人から、「俺にもなんか言ってたゾ」と一言。そして、「ありゃぁ、オカシイんだろ?」と、更に一言。。。絶句、です。。で、「でも、彼女はイイ人生だよなぁ。旅行して、食べて、オトコとネテ。。」なんて言うてました。。。

まぁ、そう言われてみれば、イイ人生ですわな。

で、ここから、「でもさ、ああいう人は困るよ。サイアクだと思うわな」と私が言うと、「でも、どこで何人のオトコに迫ろうが、相手もOKだったらそれはそれでいいんじゃないの?」と友。「げっ---」の私の言葉に、「分かった、分かった、お前は昔の日本人なんだよな」と諭されたんであります。

う~ム、ちょっと違うんだよなぁ。。

と思ったので、「イタリア来て自国じゃできないような(してるかどうかは分かりませんが。。)ことしまくって、旅の恥は掻き捨てされちゃさ。彼女は日本へ帰るからいいよ。でも、イタリアへ残って住み続けなきゃいけない私たちはさ、彼女のようなコトして行かれると、『あぁ、日本人はカンタンなんだ』って現地のイタリア人に思われちゃうんじゃない?それって、やっぱ困るし、イヤだな」と言うと、「う。。ン、それはそうだな」と唸っとりましたです。

基本的には、人それぞれと言える気もするので、こういうコトを言うのはヤボだよなぁ。と昔は思っていたんですが、相方と付き合い始めたり、こちらへ来てからは、個人が国というブランドをしょってるのねん。と肌で感じることもしばしばなんでありますね。「そんなん、関係ないね」ってのもアリっすけど、その関係ないで、人が「エッ?!」と思うようなことをしてしまうと、大抵はそこで悪印象を持った現地の人なりが、「あの国の人たちはね。。」と思ってしまうのは、人の常と申しましょうか。。「あれは、ああいう人で、あの国の人たちが皆ああいう人じゃない」って思ってくれる人は。。。いますが、そういう風に思ってくれない人も結構います。そして、そう思っても、感情は相反してしまう。ってのもよくあることです。

例えば、相方と付き合っているときには、よく友達から「イタリア人でしょ。。騙されてるんじゃ。。」とか、反対にこちらへ来て、日本人の人からですが、結婚でこちらへ来たと言っただけで、イヤ~な顔されたりしたこともありますです。多分、その人は日本人とイタ人カップルでのイヤ~な例を知ってるんでしょうな。もちろん、そうじゃないイタリア人もいるし、イヤ~な例じゃないカップルもいる。って分かってても、そお思っちゃうんでしょうね。仕方ないっちゃ、仕方ないですわな。

日本人女性はカンタンだ。なんて言う人もいますけど、この彼女を見ていたら、「まぁ、そお思われちゃうのも仕方ないんかなぁ。。」と思ってしまいましたです。って、彼女の場合は、カンタンとはまた違う気がしますが。。でもこういう人、増えてるのかしらん。。(汗)。。

旅の恥は掻き捨て』って言葉もありますけど、捨てて行ったものの掃除なり、影響を受けるのって、その後に来た旅行者であったり、現地に住む同国人だったりするんですよね。。こんな言葉があっても、実際には゛捨てて゛行って欲しくないですわな。

そうそう、先に話しをしたイタ人の友人に、「日本人女性で、イタリア人やフランス人男性が好きな人って多いんだよ~」って言うと、「げっ、イタリア人っていっても色々だし、フランス人なんて、風呂入んないじゃん。汚ねぇよ」だそうです。

時に、ステレオタイプな話題も面白いっちゃぁ、面白いんですけどね。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-06-09 18:06 | いろごといろいろ
国際結婚への目
町を歩いていると、かなりの年の差カップルをたまに見かけます。大抵は男性側のイタリア人は、すでに老年の域に入ったかぐらいの年齢で、相手はとても若い外国人女性だったりします。私の友人の中にも自分の年の倍以上のイタ男性と結婚してるのがいます。そこに愛がある。とか、ないとかは知る由もないし、なんともいえませんが、そういったカップルに対する心情は、私が見聞きする限りでは、あまりよろしくないようであります。

それは単に年の差がかなりある。というのではなく、一時、偽装結婚ってやつが横行したからその一環で。というのもあるようです。だからか、滞在許可証を申請すると、警察官が自宅へ、本当に結婚して一緒に住んでいるかをチェックしに来ますね。私が前回申請したときも、家の間取りやらをチェックしに警察官がやって行きましたです。実はその時にちょっと留守をしたら、その後、警察官に呼ばれ、「君が結婚してここに居るのは分かってるけど、警察官がチェックしに行ったときに家に居ないと、ウソの結婚だと思われて、滞在許可証は降りないから気をつけてね」と言われましたです。

その時は、「へぇ~、すんません。。」って感じでちょっと遠い世界に思ってたんスけど、こういう話しって結構身近にあるもんで。。。

相方の知り合いの奥さんが東欧出身の才女だったそうで、アメリカへ研究をしに渡りたくてもビザが下りず、イタリア人と結婚して暫くしてからダンナを捨て、結婚したままアメリカへ渡っちまったそうです。

ほかには。。。私の通っている語学学校に、ある南米女性が通っていたんであります。彼女は誰がどうみても゛妊婦゛でありましたがが、それを否定しておりました。で、ある日の授業中に役場から彼女の腹のことで聞きたいことがあると電話があり、教室を出て行ったきり戻ってこなかったのですが、その後を知る友人からの話しによると、彼女はその時点で結婚していなかったそうで、この出産(イタ人の彼氏さんにも内緒だったらしい。。って、このハラみたら分かると思うんですが。。)を期に結婚し、自国に残して来た子供を引き取らせろ。と彼氏さんの家族とモメテいるなんて言うてましたです。そして更に数ヶ月後に彼女の消息を友人に聞くと、「もう付き合うのやめたわよ。サイテ-よ、彼女。今は違うイタリア人と暮らしてるわよ」と言っとりましたです。この彼女、イタリアで生きて行くためにイタリア人男性を渡り歩いているようです。まぁ、ビザの問題やらを考えるとそれが手っ取り早いんですかね。

結構、こんな話しがゴロゴロあったりします。

もちろん、こういった事例って年の差云々って関係ないです。でも同年代カップルよりも、そんな事とは無関係であっても、そういった目で見られ易いってのはあるかもしれませんね。

以前、数人のイタ人と国際年の差カップルの話しになったとき、「これって、問題なのよね。。」と言ってた人もいましたです。多分、一般概念的に、そんなに年離れた人をアイすることができんノ?しかも外国人と?というのから想像が膨らみやすいってのもあるのかもです。

友達にも自分の倍以上年上のイタリア人と結婚し、つい先ごろ自国に残してきた自分の子供を引き取って暮らし始めた友もおります。自分の事を一切話さない彼女のことを、他の友達は、「彼女ヘンよ。ダンナはジィさんでしょ」とか、ゲッ、そんなこと言うなよ~。なことを言うのもいますね。あるとき彼女が、自分の子供の写真を見せてくれたとき、「パパ似なの、かわいいでしょ~」と言うのを見て、「なんで、イタリア人と結婚してここにいるの?」と聞きたくなったりもしましたが、話したくない彼女にそれを聞くのは酷だと思い聞けてません。

私も友人たちから相方のことを聞かれたり、写真を見せろ。と言われる度、面倒なので適当にごまかしてたら、ダンナはジッチャマでイタリアに住むために結婚したと思ってた人もいたらしいです。。とほほ。。なもんで、今は相方のことを聞かれると、写真を見せたり年齢も聞かれれば答えるようにしてます。本当は、誰にどう思われようとどうでもいいんですが、やっぱり知人友人らのそういった結婚に対しての反応とか見ると、クリアにしといた方がいいかもなあ。。。と思っちゃったりします。まぁ、別に隠してるわけでもないし、ただメンド-ってだけっだったので、最近はサラッと答えといてます。そういったときに、「あぁ、私はそういう風に見られたくないんだなぁ」と思ってしまったり。。多分、外国人と結婚してるということで、イヤ~なこと言われたりというのが今までにもあったので、あのイヤな気持ちをもうしたくないなぁ。。というところから来てる自己防衛みたいなもんですかね。。なんだかなぁ。。

結婚の目的って、人それぞれですよね。ふたりの目的が必ずしも同じでなくても、上手い具合に妥協して良い関係を築けてれば、それもひとつだとも思いますです。でも見てて気持ちいモンと、どうなんだろう、なんだかなぁ。。という感情を湧かせやすく、同国人同士ならされないような質問や、イメ-ジを持たれ易いってのが国際結婚にはあるかもしれませんね。まぁ、もちろん良いこともありますけど、手続きも含めてメンド-なことも多いんですよね。。

あぁ、ただ今、滞在許可証の更新を申請中なもんで、そんなこんなをツラツラと考えてしまいましたデス。。今回はスム-ズに取れるとイイんだけどなぁ。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-05-31 17:20 | いろごといろいろ
早めの結婚とゆっくりめの結婚
一概には言えませんが、ザッと見回すと大きく括った途上国の出身者の人たちは(なんだか区分けがややこしいんで、ザックリ括って)、結婚時期が早いような気がします。ある40代のモロッコ人は、14歳で結婚したんだとか。

じゅ、じゅうよんさい~??!!

って、私はその頃、学生服きて中学校に通ってましたよ。

ブッ、飛びです。

アゼルバイジャン人の友人は20歳で結婚してますね。ただ今、22歳。キューバ人の友人は最初の結婚がいつだったか忘れましたが、子供を17、8歳で産んでます。

は、早や~~

やっぱりアレなんでしょか。社会の不安定要素が強いと、まずは家族という絆をがっちり。と思うのかしらん。と考えてみたりもして。

だからかどうかは分かりませんが、子供を持つのも早い人が多い気します。他には30歳にして三人の子持ち。最初の子は、19か20歳で産んでるんですね。「やっと子育てが少し楽になったから、これからは少しずつ好きなことするの~」と話していました。早よ産んで、早よ育ってくれてラクになる。。ってのもいいですよね。

でもですね、こういう早婚、早くに子供を持つ彼女たちを、「働きたくないから、結婚して子供を欲しがるのよ」と言う友もおりますね。彼女は先進国出身。

単純に先進国だから、途上国だから。とは言えませんが、パッと一見すると、両国の結婚に対する考え方の根底には大きな差異があるような気がします。

途上国の友人知人を見ると、まずは家族という絆をがっちり。そして家族で助けあって生きて行く。という基本的なコンセンサスが存在しているように見受けられることが多いです。一方、先の友人を含む先進国出身者は、助け合ってという概念ももちろんでしょうけど、それよりも強く、一緒に人生を楽しんで行くパートナー。という意識がより強い人が多い気がします。

ご存知の通り、先進国の女性は、女性の就業率が途上国の女性たちより高いだすね。一方、途上国は男性、女性問わず、キビシー状況が存在します。途上国で働く友達の話しだと、その国の女性に「どんな男性がいいの?」と聞くと、「仕事持ってる人」という答えがしばしば返ってくるのだとか。。かつてのニッポン女性の間で流行った『三高』というような答えは返ってきたことないよ~ん。とのこと。

自身が職を持ち、自分に対してのお金が使える女性の多い国と、職を見つけるのも大変な国。。

なんだか考えさせられることが多いだすね。じゃ、イタリアはどうなんでしょか?

同棲゛、多いですよね。

イタリアで離婚ができるようになったのは、確か。。数十年前からですね。で、今は離婚したいからって、スグにできるわけではなく、セパラツィオーネと呼ばれる期間を3年経てから、やっと離婚ができます。

メ、メンドクセーー

だから付き合う期間や同棲期間のいわゆる゛お試し期間゛が長いんじゃ。。と勝手に睨んどりマス(あっ、マンマ説ってのもありますね)。日本ではたまに耳にする出会って3ヶ月でスピード婚。な~んてイタリアンカップルさんとの遭遇率は今のとこゼロです。私たちは、3、4年付き合ってから(わ、忘れてる。。(汗)。。)結婚しました。日本の友人たちからは、「よく続いたよね~」と言われましたが、彼のイタリアの友人たちは、「まだそんな付き合ってないじゃん!結婚、早くね~?」と驚かれたそうです。

この違い、面白いッスね。

永すぎた春』って言葉がありますげど、イタリアにはこういう表現はないんじゃないかしらん。。(あったら、イタ語教えて欲しいでス)

なんだかちょっとズレちゃいましたが。。。生活や経済にやや余裕があったり、自身にやりたいこと(キャリアとかとか。。)などがあると、少し婚期や出産が先延ばしになるんじゃないかしらん。。って、フランスは初産年齢が下がってきてるんだとか。婚期はどうなんでしょね。ってことは、経済云々というより、社会システムが整っている場合や先に書いたような経済的な困難により生きて行くことが難しい場合なんてのは、婚期や出産が早まる事多しなのかしらん。。

へぇ~、そう考えると、状況的には正反対に位置するのにってことだよなぁ。。

う~むむむ。。

あれっ、なんかとめどもなくなってマス。。スイマセン。。

もちょっと色々な国の結婚事情とか知りたくなりますね。機会あったら、ちょっと話してみようかしらん。それにしてもモロッコって、何歳から結婚OKなのでしょうね。気になります。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-04-04 17:12 | いろごといろいろ
隣の芝生はあおい
ダンナ、30歳だよ」と言うと、「ヴェ----」などとスゴイ奇声を発して驚かれました。。この彼女、私のオットはすでにロウジンだと思っていたんだそうです。「ナッニ----」。今度は私が怒声を発して驚いてしまいました。。

私がさんじゅうさんなんだから、彼が30歳って妥当なんじゃないの?」と言うと、「だって。。日本人ってさ。もごもご。。。」と言います。

「・・・・」

実は、前にもある日本人女性から「こちらへ来たのは音楽でなの?」と聞かれたので、「結婚を機にこちらへ来ました」と答えたとたん、あからさまに嫌な顔をされ、ひとりショックを受けたのでした(涙)。。

もしかしたら、イタ人狙い。っていうんでしょうかね。そういう人たちが増えているのでしょうか。と、私はイタ人狙いだったんだろか?と自問自答してみましたです。

イタリアとの出会いは、大学で声楽科だったので必然でありました。そのうちイタ人女性の友人もでき、一緒に遊んだり、語学学校に通ったり。とそんなところであります。そうこうするうち相方と知り合い、今があるわけですね。出発点は声楽というところから裾を広げた興味や人との繋がりから→相方。って気もしますが、人によっては「狙ったね」とか思われちゃうのかしらん。。。とほほ。。

で、イタ人狙いのお姉ちゃん。。実は、知ってマス。彼女は、日本で10年働いたのち、イタリアへラクをするためにやってきたのだそうです。ネットで知り合った男性何人かと付き合い、今度は結婚できるカモ。とホクホクしてました。そして、「彼がさぁ。彼の親も私の親だから。とか言うのよ。親はいらないっちゅうの」と高笑い。

ということで、実際に存在しますです。

ネットを検索してみると(ヒマですね。私も。。)、「どこでイタリア人男性と知り合えますか?」とか、「イタリア人と結婚したい」などなど、結構でてくるんだなぁ。

私はこちらへ来てから、イタリアへ住むために結婚を望む女性を何人か見ましたです。彼女たちは途上国の出身者たちです。途上国で勤務経験のある友人は、「でもさ、彼女たちは仕方ないよ。例えば、日本のパスポートって大抵どこでも行けるでしょ。でもあの人たちは違うもん。それに自国で生活が成り立たないっていうのもよくある話でさ。それが、その国の人と結婚できると、環境が一変するんだもん。だから、そういう国の人と結婚を望むってのは、仕方ないと思うなぁ」とのことでした。

私も、結婚って人によって、する意味や目的は違うんだな。と感じることしばしなので、お互いが持つ意味や目的は違えど、そこそこ上手く行っているのであれば、それもアリなのかな。。と思うのであります。

とあるイタリアーノに、日本人女性でイタリア人と結婚したい人って増えてるみたい。と話すと、「え~っ、イタリア人っていってもピンキリだよ。それに、日本は貧しくないのに、なんでわざわざイタリア人なの?」と逆に質問されてしまいましたです。

なんでだろ?

相方は、「日本に行きたいイタリア人がいたり、イタリアへ来たい日本人がいたり。。不思議だねぇ。おもしろいねぇ」と、茶をすすりながらつぶやいておりました。

隣の芝生はあおい、ってやつなんでしょかね。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-01-30 22:08 | いろごといろいろ
恋愛のダイゴミ
40歳近くの無職の南米国籍の男性と付き合っている日本人女性に出会いました。幸せそうでした。彼さんも感じの良い人でありました。彼らは昨年の春、彼女が旅行中に出会ったのだそうです。彼女は将来は南米で暮らすことを、夢心地に話してくれました。

勝手ながら、ちょこっと南米事情を耳にしている私は心配してしまいました。。。

実際に南米へ行ったことはないのでナントモですが。。南米人たちと接したことがあったり、話しを聞いたり、南米で暮らしている日本人などからも話しを聞いたことがあり、小耳情報から心配してしまいましたデス。。(あっ、余計なお世話?ス、スイマセン。。)

そんな出会いがあった数日後、友人の元青年海外協力隊員で、専門職に従事していた友人から電話がありました。で、先のカップルさんの話しをしたら、「途上国、だよね」と、そこから一気にその辺の国における恋愛事情や生活、安全事情などを語ってくれましたです。。。最後に、「その彼女、彼の国に行ったことないんじゃない?」と一言。ハイ、行ったことないです。彼女。。

個人的には、恋愛や結婚相手の国籍はどこでもいいんじゃないの?なんて思ってますが、海外生活&勤務経験のある友人どもからの話しを総合すると、日本との経済格差や安全性などなどを考えると、途上国と言われるところへ嫁ぐには、それ相応の覚悟が必要みたいです。

もちろん、私も彼の地へ嫁に来ていますから、それ相応の覚悟やらやらは必要でありました。そのため、約2年間の準備期間を要しもしたわけであります。でも国によっては、それ以上のものが必要であるようです。

先日、古くからの友人で、今は東南アジア圏の某国で働く友人から「婚約した」とメールがありました。お相手は、同僚の地元民男性だそうです。「私も母国語以外に2ヶ国語話せるから、相手もそういう人が良かったのよね。一緒にいて安心できるし、親も実際に会って気に入ってくれてるし」とありました。この彼、日本に留学していたこともあり日本語ベラベラ、今は日本の大企業で即戦力として彼女とともにビシバシ働いているそうです。

こりゃ、大丈夫だな。

と思えましたです。でも現地に住み、働いてン年の彼女でも、「でもさ、結婚したらずっとここに住むわけでしょ。。。彼と結婚することに異存はないけど、将来のこととか家族とか色々考えるとね。。不安でさ。考えちゃうわ」ということで、そんな自分の気持ちの整理や、実際に新生活をスタートさせる下準備として最低1年間は結婚までに余裕を持たせるそうです。

気が済むまで悩んで、ふんぎり付いたら嫁に行っちゃってください。。そんな風に答えときましたです。

彼女は、今いる国の状態や状況などなどを知った上で悩み、結婚をしようと決めたので、「まぁ、大丈夫でしょ」と勝手に安心しとります。でも先の日本人女性は、何も知らないようでした。彼さんの方は、日本へ行きたいと考えているそうです。人生に疲れたんだそうです。多分、この彼さん、話しや生活状況から考えると、不法滞在ではないでしょうか。。彼女は彼さんとの付き合いから、親ごさんにカンドーされたんだそうです。

でも、子供ができたみたいだから、両親も許してくれると思う」と言ってました。

そんな彼女を労わる彼さんは優しくて、好きあってるんだなぁ。と思えましたが、反面、彼女は現実と向き合ってるんだろか。。とぼんやり考えてしまいました。

彼らの意思疎通は英語でしたが、彼女さんはほとんど話せません。石橋を叩いて渡る性格の私には、ほとんど話せない英語でのコミュニケーション、相手の国への無知さなどなどを目にして、「」ってやつはスゴイんだね。と信じがたいものがありましたが、もしかしたらそういった他人から見ると障害であるものも「」ってやつで乗り越えることろに恋愛の醍醐味があるのかもしれませんね。。(そんな醍醐味、知る機会なかったなぁ。。ちょっと残念(?))

彼らの10年後が気になる私です。。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-01-15 08:36 | いろごといろいろ
時の経つのは早いもので。。。
相方からの、「ねぇ、ねぇ、来週はナンの日か覚えてる?」という問いに答えられませんでた。。そういえば。。。あぁ、結婚してちょうど1年になるんスね。。。。

早ぇ~

何を申そう、私はかなりオンナ度の低い女でありまして、私が結婚するという事実に周囲の反応は、素直に喜んでくれる人もいれば、「オ、オメェ、結婚するのかよっ!」とか、妙齢のご婦人からは、「あなたと結婚してくれるなんてありがたいことだから、大切にしないとダメよ~。次はないわよ」とありがたいご忠告をしていただいたりというものでした。

要するに、キレイどころでも、気の利くどころでもないオナゴであります。
ちなみに、女性の方からは何度か、「あなたがオトコだったら。。。」と嘆いていただいたことはありますが(無用の嘆きですな。。。)。。

余談ですか、今でもうちのハハは、「捨てられるんじゃ。。。」と口にいたします。そんなハハには、「ハハ上、ご安心を。捨てることはあっても、捨てられることはないです。ハイ」とハハの心中を察しての私のイタワリ(?)の言葉に、「バカッ!」と一喝される、まだまだな自分。。。。額に修行の文字が浮かびます。。。

その実、私自身もよく結婚したよ。なんて密かに思うほど、いい加減な交際期間を過ごしておりました。結婚の話しが出てからも、日本でやりたいことまだあるんで~。ということで2年だか3年待ってもらいましたし(この辺のことももう忘れかけてる。。。)週末や平日の時間のあるときに、ウェブカムで話しがしたいから。という申し出にも、「ムリ」と一蹴。自分のやりたいこと、やらなきゃいけないことでテンテコマイだってのに。。。当時の私には考えられないことでありました。

相方は2度ほど日本に滞在しているのですが、その時も「ほかへ泊まっとくれ」との私の冷たい言葉に、「も、もしかして、アソビなの?」なんて言われる始末。親からは、「結婚の約束もしてない男性、しかもガイジンなんてっ!!!」と泡吹き出しそうな勢いで怒られ、「結婚を前提にしてるんでしょ?」とか「結婚の挨拶にくるのよね?でないと、ご近所の目が~ブクブクブク。。。」ってな状況(結局2回とも拙宅にご宿泊だったんスけどね。。)そんなこんなな状況が一気に重なり、婚約者ってことになり、結婚と相成ったのですが、この間にもハハを相方の両親に会わせにイタリア連れてったり、彼を遠方の親戚に紹介したり。。。あぁ、エトセトラエトセトラ。。。と、こっちが泡吹いて倒れちまうがな。ってなことを散々やった末になんとか?結婚式を挙げたのが約1年前。涙なしには語れぬこの苦労(と自分では思ってますが。。。)。。

しかし時の過ぎるのは早いもので、そんなドタバタな日々から早一年。
一時はどうなるのやら。。。と考えたりもしましたが、結構どうにかなるもんで、最近はちょっとづつではありますが、落ち着いてきております。といっても、まだまだ取り組まにゃならん問題もありますし、これだけ離れたところにヨメに来ると、これから両親の健康問題とかなんとかが出てきたときの対応とかもあるしですね。。云々。。。いやぁ、人生問題だらケですな。考え出すとキリないので、この辺で。。。

と、ある私の友人が、こんなに遠距離で長期間、しかも私の淡々とした対応とデカい態度に、よく相方が愛想をつかさなかった、と驚きを隠しきれないらしく、相方に「ナゼ?」というメ-ルを送っておりました。昨夜はその返事を返してご就寝。

気になっております。彼の答え。。。

聞いても答えてくれないので、「後悔してません?」と聞いてみました。
後悔するのには、まだ早いでしょ~」とのお答え。

交際中さぼっていた相方業。
気負わず精進してゆかねばナ~。とやっとこの一年で思っておりまする。
お互いに後悔を感じずに歩んで行きたいッスけど、これって意外にムズカシかったりするんですよね~来年は一体どんなことを考えてるんでありましょか。

はぁ。。それにしても時の経つののなんと早いことか。。そして、なんと先のながいことか。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-23 06:22 | いろごといろいろ
イタリアオトコの賞味期限
8月に、30歳になるというので、相方は大いに悩んでいる。

「30になるというのに、これだけのことが出来ていない」
「まだまだやらなけりゃいけないこと山積みなのに、もう30」
「あぁ、僕のキャリアはこれで終わりなのか。。。」

まったくもって、うっとうしい

しかし、こんなに早くに賞味期限がきれるダンナ様では非常に困るので、仕方なく、ひとつひとつ彼の悩みに詭弁という策を弄し、懇切丁寧に答えた私の努力もあり(?)、今のところ悩みは治まっている。

では、30歳とはイタリアオトコ賞味期限切れの年なのか??を(勝手に)考察してみた。

友人の40代、イタリア人女性曰く、
イタリアオトコは30から。30前は全然ダメよ」とのこと。
ちなみに「イタリアより北のヨーロピアン、イイわよ~~」とも言うてらした。
(ほんとかっ??。。。知らなんだ。。残念。。)

相方の元同僚の当時27歳のナポレタ-ノが、「イタリアーノは27歳で終わりなんだ。。。あぁ、なのに僕には彼女がいないっ!どうすればいいんだ~」と正しく(?)悩み、嘆いていた。(彼は、彼女探しにはかなりな努力を重ねていた上でダメだったので、今後もダメじゃなかろか、と踏んでいる。っていうか、仕事しないで、そんなんばかりに気合入ってるのが丸見えな人に、オンナという現実的な生き物が、ケッコンテキレイキという世間的には旬な時期に、そうそう靡いてくれるとは思えん)。

なんだか話しがズレてきた。。。
まぁ、上記以外にも(数少なき。。)目撃談や耳年増経験から導かれた私的結論を言えば、
個人が感じる自身の賞味期限は、当たり前だが人それぞれ
人生の酸いも甘いもご存知のイタリア女性は、やはり30以降をおすすめになる傾向あり。
というと、30前に賞味期限が切れることはあまりないと思われる。人生80年ともいわれる時代に、30以降は息切れ人生ではまったくもって困ったものなので、なにがなんでも切れては困る。ということで、30歳で賞味期限がきれることはない。としとく。いや、しときたい。

しかしそれ以降って、結構ムズカシイのではないか?
なぜなら、如実に顔なりに生き方が出てきてしまう気がする。誰かの言葉で「40になったら、自分の顔に責任を持たなければいけない」というのがあった。イタリアーノに限らず、どうやらここらが、分かれ目らしいと見た。

げっ、あんな大人にゃなりたくない」と思われるか。。。
あぁ、あんな年の取り方できればナ~」と溜息つかせられるか。。。

どうするよ、相方

できれば賞味期限が切れることなく人生を突っ走って欲しいので、まずは早速相方の今後10年に思いを馳せてみた。そこでハタと気付いた。

賞味期限切れキケン度の高いのは私の方かもぉ。。。

う~ム。。。(汗)。。。
相方ではなく、自分のことの方が切実にヤバイのカモ。。う~ム。。う~ム。。(油汗)。。。なんて、ちょっと思い至っちゃってます。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-05-10 01:09 | いろごといろいろ


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング