伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
カテゴリ:ことば( 21 )
海外にいても、日本人
パソコン前で、愕然としました。

日本語のそこそこできる外国人と思ってた人が日本人だったので。。(汗)

どうやら海外生まれではないようですが、海外生活が長いらしく、ヘンテコな日本語になってしまったようです。

私は幸か不幸か日本語に対するキッビシー友人知人が少ない友達数からするとかなりなパーセントおりまして、子供の頃から日本語に対してはビクビクなところがあるので自分なりには気をつけとるつもりッス(全然ダメじゃん。そんなお言葉を頂戴すること分かっとりますが、一応これでも気を付けとるんすよ~)。で、一番身近なところだと、オトート。

子供の頃って、なんかアコガレたりするじゃないですか、外国語発音って。

例えば、ピザとかイタ語的にピッツァなんて言おうもんなら、「しゃべれもしねーベタな日本人なのに、いるよなぁ、そういうちょっとした発音だけ外国語っぽくしゃべってイイ気になってるやつ。格好悪いよナー」とかとか。。(汗)

こんなことを小学生なんてイタイケナ年頃からガシガシ言われ続けてるんスよ、私。

でもって、こりゃまた幸か不幸かたまたま住んでた地域やら学校やら働いてたとことかで、帰国子女やら日本語に携わる仕事の人たちが周りにいたりもして、そういった人たちの前でうかつにも(?)ナンチャッテ発音の外国語を日本語に「なんかちょっと私って、一段上って感じしな~い?」みたいに使ったり、言葉遊びとは違う、ただ単にオバカですね、な日本語使ってる人たちに対する、そりゃー冷たい視線や裏でバカにしてるのを随分見てきたので、先のヘンテコ日本語になってしまった日本人に自分を当てはめ、「大丈夫か、私。。(大汗)」と自分のことのようにヒヤ~ンとしてしまったのでした。

本当は、そんなこと知ってもフンとばかりにオノレ道行けばいいのですが、自分の語学力の足らなさを恥じて自覚な半生&そういった゛ナンチャッテ゛な人たちが使う言葉の裏に見え隠れする見栄や虚栄、本当は自信がないんだろなぁ。なんて勝手な想像が、自分と置き換えつつ、「あんな格好悪いのイタダケン」とばかりに、冷や汗かきつつ裏で辞書引き引き、好きでもないけど、とりあえず読んとけ、とばかりに自分が読んでも分からんだろ、なんて本も読んでたもんでした。

結局、見栄っ張りで意地っ張りなんスね、私

まぁ、そんなこんなでイイ年になってしまったわけです。。

で、言葉にキビシー人ってのは、言葉の持つ力というか、言葉ひとつで人を深く傷つけもするし、救うこともある。というか、その辺の感覚が鋭いなぁ。とそして、゛格好良さ゛や゛格好悪さ゛、その感覚も鋭いんだなぁ。なんてオノレの鈍さと比較したりでございました。

そうそう気付いたのですが、日本人で外国語や海外としっかり向き合っている人たちは、日本語にもしっかり向き合ってる率が高いような気がします。もちろん゛日本゛そのものにも。

゛しっかり゛っていうのも変っすけど、ヘンにカブレタ外国語を日本語に織り交ぜないとか、やっぱり日本人の相手の立場にたってというか、日本的な気遣いも健在というか。。

でもって、今までの経験からだと、帰国子女とか在住長いでもない生まれも育ちも日本人がビッミョーな外国語を混ぜて話す場合、大抵、外国語が殆ど話せないパターン。これ、法則?

そう、ナンチャッテ。
(格好悪いんだけど、なんか悲哀も感じマス。。)

でもって勝手な印象ですが、゛自分゛とか゛母国゛なんて根が張ってない気がいたしたものでございマス。

一方、海外生活長くて日本語ヘン(?)になっちゃた方、なんか思考が。。そう、なんテーかヨーロピアン。゛間゛とか゛もし良かったら゛とかそういう感覚消えてしまって(?)、バババンとストレート。もち、ヨーロピアンの皆が皆ではありませんが、なんつうか即物的というか。。

まっ、でも外国人が書く日本語だから。。いやぁ、がんばってるなぁ~

なんて思ってたら、実は日本人だった。というのが分かり、ビックシした次第。そしてオノレを振り返り、またもヒンヤ~リしてしまったのでした。

海外に住むってのは、どうしてもそこにある程度は馴染まなきゃイケナイこともあると思うんですが、それは良い馴染み方ばかりではないし、時には理不尽やなんじゃそりゃーなことも含まれたりします。でも、頭ではそれはあまり良くないことであるとか、ヨーロッパではそうでも日本ではダメっしょ。とかとかな感覚というか区分けは頭の中で分かってて、気をつけなきゃなぁ。と思ってもみたり。でないと、自然と言葉だけでなく態度やなんかも含めて出て来ちゃうと思うのデス。場面に応じて、上手い具合に出せればいいですが、分かってないとナンチャッテヨーロピアンであり、なんちゃって日本人という格好悪さ炸裂、おまえ一体ナニジン?となってしまうと思うのですね。

先日、日本の会社から派遣されてヨーロッパで数年働いてる友達からメルが来てました。大学の頃からの友達なんで、もう15年以上前から知ってるんですが、メル読んで良い意味で変わってないこと。。友達のバランス感覚の良さに感心したもんでございます。

上手く言えませんが、ヨーロッパと日本の良さ、悪さ、そしてその出し方というか使い方というかが良く分かってるなー。って何が言いたいか、全然分からん文章で恐縮っですが、そんな印象をメルから感じたのでした。良い意味で、毒されていない。ってんでしょうか。

こちら来て4年以上経ってみて、日本人の少ない地域といえどそこそこ色々なこちらに住む日本人の方やらに会う機会を持ち、「いやぁ~、いい感じやねぇ」なんてのから、「ヤバスギッ」とか「これマズイっしょ、日本帰れないしー」なんて方まで見て思うのは、゛母国゛って根がゆるい人はダメだな。そいうのって、分かり易いとこだと言葉にあらわれやすいよナー。と思う最近デス。

そして、自分も気をつけないとぉおお、と思うとこアリでもある最近、だったりもするんですよねぇ。。(汗)
[PR]
by zefiro04 | 2008-09-18 04:09 | ことば
言葉はイリュージョン
ある女性の日記に、どうやら私の知人と思われるイタ男性の話しが書かれていました。

ビ、ビツクシーーー

会社名から彼の好みや出身地などなどが書かれていて、名前は出てなかったのですが「げっ、彼でしょ。。(汗)」とビツクシした次第です。そして日記からは、この日本女性がかなり舞い上がっている様子が文章から滲み出ておりました。

あぁ、あたしったらなんてインターナショナル♪

そう、外国人のお知り合いがいる。結構カッチョヨイ。名の知れた会社に勤めてる→エリート→そんな外国人とお知り合い→私がイイ女だから云々。。

汗、そして汗

思わず彼にメルしちゃいそになった自分がいましたが、そんな人の一面は自分で気付くのも人生の修行であろう。もしかしたらこんなドーシヨーモナイ一面をさらけ出してるのはネットのみで、リアルではまともなのか ? でもやっぱオカシイだろ ?とかとかグルグルと思考が行き来もしましたが、彼からなんか言われない限りは黙っとくことにしました。

害はなさそだし

でも日本語とはいえ、会社名から出しちゃうのは文の内容からしても。。ギモンッス。いいのかこんな自称インターナショナル(←自分で書いてましたデス)な人でも ?もっとアタマイイ人だと思ってたなぁ。ぐるぐるぐるるる。。

大きなお世話ですね、ハイ

゛うそ臭い゛って言葉がありますが、この゛インターナショナル゛って言葉にそれを感じてしまう私です。もちろん、それら全てにうそ臭さを感じるのではなくて、使い方ですね。

ナントカインターナショナルオルガニッゼーションや、他&多言語を使い、国境や国籍を越えて仕事をしたりしている人たちへ゛インターナショナル゛って語を冠するのは素直に頷けるんですが。。

国籍の違う人と結婚したから、外国人の友達や恋人がいるから。外国住んでるから。。だから私ったら、インターナショナルには。。ちょっとなぁ

多分、語の持つ響きの中に特殊なものやアコガレを感じる人がちょっと゛外国゛に触れたときに思わず使ってしまいたくなるんですかね。ホラ、私ったらスゴイ的に。

例えば、゛天才゛という言葉がありますが、ギャグで゛オレって天才♪゛なんてのはかわゆくて笑えますが、「オレぐらいの天才になるとさー」と真面目に言う人とかいると、すでに世間での評価が巨匠レベルとか売れてなくても傍目に゛て、天才かも。。゛と思わせる人が言う以外は。。

寒い、デス

その場が氷点下になること間違いナス。

大学の後輩でアクドイのがいるのですが、ある人がその非常識な態度に注意をしたら、「芸術家なんだから、このぐらいやってイイんです!」と逆ギレされたそうな。

問題は、アナタが゛芸術家゛として皆から認められていないトコなのよ~

とあまりの痛さに皆で合掌。でございました。

こういった言葉って、オノレがオノレ自身を称して言うのではなくて、普通は他人がその人を見て評価して言うところに価値があると思うのですよ。もし自分で言っちゃったとき(ギャグヌキで)に、その言葉の持つレベルに達していないときは。。寒いデス。いや、まじで。

そしてカナシーことに、゛芸術家゛とか゛天才゛、゛インターナショナル゛が本来持つであろうレベルについて想像すらついてないんだろナー。とオノレの井の中の蛙度をさらけ出してしまって、こりゃまた痛かったりもします。

これらの語の持つ魔力というか魅力、あこがれ、そしてなんとなく自分がスゴクなった感じがするから使いたくなるのも分かるんですが、自分自身を称して言っちゃう人のレベルが語とかけ離れているのが明白だと、お寒く感じてしまうんであろうなぁ。と思ったりもしたりデス。

゛知らないってことは強い゛

そういった言葉もよぎります。知らないからこそ出来て、それが結果的には大きなことに繋がって行く。そんな事例もあるかもですが、これらの言葉に対しての無頓着さとイメージに対しての執着には、゛強さ゛ではなくてその人の内面の゛弱さ゛を見る気がして、うそ臭く、ビンボー臭い気がしてしまう私デス。

なんだかいっつも同じよなコトにギモン持ちまくりだなぁ(笑)

と実はどーでもいいんじゃないか?なひとり分析に苦笑したりもするんですよねぇ。って、彼は大丈夫なんだろか? どうやらこの彼女の日記からは付き合ってはいないみたいですが。。まっ、でもシアワセで人に迷惑かけてなきゃなんだってイイんでしょーが。。(笑)

ちなみに。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-08-01 22:18 | ことば
ことばとヒンセ−
あなたのような人が、そんな汚い言葉を使ってはダメよ

と、ある上品なイタ婦人に言われましたです。他にも、「汚い言葉を使わないからアンタのことスキ」とか、エレガント(!?)だとか物腰柔かくて優しい。とかとか、リアルで私を知る日本人の友達どもが聞いたら、鼻白んで飛び蹴り喰らわせられそな言葉をイタ人から言われることがございマス(まっ、お世辞だろうけどね)

イタリア語というのはですね、まぁ、よくもこんなに。。というほど、人を罵ったり嘲ったり、ムカツいたときに思わず言っちゃう言葉のバリエ−ションが豊富で、ちょっと道を歩いているだけでもこういった言葉が耳に入ってくるんでありますね。なもんで、こちらへ来た日本人たちもフツ−にそんな言葉を覚えて使っちゃったりしてます。

なんかさぁ、イタリア人みたいなんだよ。イタリア人みたいにパロラッチェ(イタ語で汚い言葉のことを指しますね。ちなみに、単数形はパロラッチャ)使ってた

と、そんなとこでイタ人と同化してる日本人を称賛(?)というか半ば呆れ気味に(?)語るイタ人の言葉を聞くこともあったりします。でもですね、確かにこういった言葉を言うのって広〜く一般化してはいますが、やっぱある程度の教養というか、なんつ−か人として上品な人からはほとんど聞いた記憶がないのでありますよ、私。

それは学歴であるとか、着ているものであるとか、カネ持ってるとかとかではないとこで、人としての品性感じるイタ人たちは(皆無とは言い切れませんが)、”少なくても一日一回は言ってミヨ−−!”ってことはありませんデス。

その国の良いとこ悪いとこ含めて染まって行く。というのはあると思うんですが、あんましウツクシ−くない習慣なんかであっても、それに染まらず”品性”ってものを保ちえる人もいるのねぇ。とそんな人たちにたまさか会うことがあると感じるんですな。

そして、よく「やっぱぁ、パロラッチェ思わず言っちゃうよネ−−。なんかぁ、最近は言わないとダメってぐらい馴染んできちゃってぇ−−」なんてこと言う外国人の言葉とか聞くと、「この人のまわりは、そういうイタ人ばかりなんだろなぁ」とその人の”お付き合い”してるイタ人たちへ思いが馳せてしまったりします。

と、余談ですが、このパロラッチェくんは、これは許される。でもこれは許されない。などなど、カテゴリ−というか、ランクというかがあるようダス。面白いですな。なもんで、”許される”ものは人に不快感を与えるというよりは、時に感情表現の豊かさ(笑)、あるいはイタリア人っぽさを色濃く出して、特に外国人からは「あぁ、イタリア人って感情豊かでステキ♪」と”真似したくなる要素(?)”をたっぷり含んでいるようだ。とは、私の勝手な観察デス。蛇足ですが、真似どころを間違えると、ビッミョ〜な印象を残すことも多々あるようなので、気をつけませう。

そうそう、こちらへ来ている日本人女性の周りがドラッグまみれのイタ人ばかりで、そんなイタ人どものブッ飛んだ行動なんかが書かれているのをネットで読んだことがあります。で、「ドラッグやったことないイタ人なんかいるわけないのに。。云々」と括られていましたデス。多分その人の書いたものに、”ゲッ、ヤバイ。こやつの付き合ってるイタ人どもはっ!”なんてコメントを受けての、上記の発言だったと思うのですが。。(ウロ覚え)

確かに、日本に比べるとドラッグ普及率は高いと思われますし、今はシャキッとチャントしたイタ大人でも、ワカゲの至りでドラッグ経験アリの人も多いかもしれませんが、”そんな経験持ち合わせているのが確定できるイタ人どもばかり&続行中イコ−ル、それがイタリア。そういう事実を知らないアンタはイタリアを知らない”なぁんて頭だったら、”ゲゲッ、ヤバイ&ちょっとカワイソ−”と私も思ってしまいますですね。やっぱ。

ドラッグ経験云云よりも、それが当り前の環境下にあったとき、”当り前でないしヨロシクない”場所もあるしと考え想像できる頭のないとこがヒゲキであるな。ドン詰まりであるなと感じるのであります。

なんつ−んでしょうか、どの国でもそういった部分を多かれ少なかれ持ち合わせていると思うんですが、どの国、どんな国でも”知性”や”品位”そして”知恵”などを持ち合わせた人ってのも少なからず存在もしてるんですな。というのは、色々な国の出身者を見る機会があった私の感想であります。

でもって、こういった人たちは、よく人を見ている人が多いように感じますですね。それは、皆がやってるし言ってるから私も。ではなく、皆はああだけど、あれはヨロシクないし、ウツクシクない。という判断できる頭と感性を持ち合わせている人ってことですな。実はこういった人たちの割合が、国のレベルや将来を左右するひとつの要因であるように感じてもみたり。。

な−−んてひとり感慨にフケッテちゃってるのは、この間の帰国時に、「なんか、イタリア行ってから、ちょっと下品で乱暴になった−−」と長年の友に言われてしまって、ちとショック〜を受けて考えてみることしきりだからなのでありました。。なはは
[PR]
by zefiro04 | 2007-10-27 17:57 | ことば
ペンパル、募集してました。
最近、自分の語学力のナサに落ち込み気味の私デス。

たま〜に、波がやってくるんですよねぇ。。

実は、数ヵ月前に、たま〜〜に行っていた語学学校の先生と口喧嘩っぽいのをしてしまったのでありマス。

イタリア人はこ−なの。じゃ分からないんスよ。私、イタリア人じゃないんデっ。全然異なる言語の勉強ってしたことあります???」と努めて平静を装って言うと、先生、ショボリンとしたので、「スミマセン。こういうことが言いたかったんじゃなくって、どうして違うのか。そしてあなたが正しい答えを選んだ基準というのが知りたいんです」に、

答えられず。。

プライド高いが技術はナシ。に定評があった方なので、仕方ありませんが。。

そこへ、やりとりを聞いていたロシアヲナゴが全く関係ない説教を私に始めたので、「ダマラッシャイッ。全く、話しと関係ないからっ」といなすも、先生、これ好機。と見て「あんたの質問はいつもヘン」と括られてしまいましたデス。。(泣)

そんな話しをアラビア語圏の友達にすると、「アタシが教えてあげるわよ」と友。友、イタ語勉強し始めてからまだ2、3年です。で、ベラベラ。

アラビア語とイタ語ってこりゃまた全然違う言語なんですな。まぁ、イタ語と同じくラテン語派生の言語が母国語なら、すぐにベラベラなのは分かりますが、アラビア語が母国語なのに、ベラベラ。。

なんでも彼女の国では、その昔、フランスの植民地だったこともあり、フランス語が定着しているのだそうな。そんでもって、小学校から歴史や国語の授業はアラビア語、算数とか理科なんかは英語で行われているので、

イタリア語は大して苦労ないわけよ」、だそうで。。

日本は、今は変わってきてるけど、私たちの年代では、中学から英語を勉強し始めて普通は高校と通して6年は勉強するけど。。しゃべれないのがフツ−。大学の英文科出てても話せないのいたりするからねぇ。に、「うちの国も随分昔は日本みたいな教育してたわねぇ」なんて言われてしまいましたデス。。

先進国、アヤウシっ。

ではないですか?でも日本語の難しさとか考えると、彼女の国と同じような教育ってのもまた難しいと思うんですよね。。なんてことを語りあった昼下がりでございました。ちなみに、彼女からのイタ語教授は、私のチンケなプライドからお断りし、なぜかアラビア語を(彼女の)気が向いたときにくっちゃべりながら教えてくれることになりましたデス(笑)

で、数ヵ月前にもこのイタ語スランプの波が襲ってきたのですよ。そのときに、やっぱリアルの友だけでは足らんから、”ペンパル”ってやつを探してみるベ。とラブ度低し、勉強度高し(?)と勝手に判断してみたサイトに登録してみたのですわ。もちろん無料。

いや−、ドキドキしますね。こういうの。

そんでもって、自分でも笑っちゃうようなド真面目なプロフィ−ルを作成し、掲載。

多分、私の写真を載せたら”日本女性のコイビト求む”的なのは来ないと思われますが、そんなニホイのするのも含めて数通のペンパル希望が来ましたデス。その中に、年上の女性で、かなり真面目に日本語を勉強してっぽい方からの連絡があり、これじゃ!。と思うも。。。なんですか、メルを送るのって有料なんですねぇ。。

知りませんでした。。(汗)

クレジットカ−ドの番号入れるのも嫌だしなぁ。。と結局断念。いまだペンパルちゃんは得られずでございマス。

イタリア語、やればやるほど(ってやってないですが。。)疑問の嵐。ネットとかで質問するトコもあるんですが、不特定多数な方々からいただいた答えにたいして返事を書くのもメンド−であるのよのぅ。と恩知らずのネット不精は考え、やっぱペンパルか?と考えるも、メ−ル不精だったりもするのですよね。。実はっ。

あっ、全然ダメじゃ−−ン(笑)

不精でエ−加減な私でもどうにかなりそな語学上達法、あったらコソッと教えていただけると感涙デス(笑)
[PR]
by zefiro04 | 2007-10-13 00:59 | ことば
語学のキリ
語学って、どのくらいやったらヨシ。なんでしょうね。。

って、最近思いマス。

個人的には、日常会話で困らない程度でモウいいですわ。ってのが目標ですが、生活してみると、なんやかんやと面倒な手続きや、ちょっと行動起して外へ出てみると、日常生活に困らない語学力&単語力を身に着けるって、相当大変ではないですかっ。と思い至ちゃうわけです。

辞書に載ってない単語や言い回し、その上、ゼスチャ-も多いんですよね。この間も、あるイタ婦人と話していて、「主人、今これだから大変」と、自分の喉をつまんで見せたので、「あぁ、ノド痛くて声出ないんスか?」と言うと、「違うわよぉ、仕事ばかりで大変って意味よぉ」だそうです。

知らんがな。そんな表現。。

って、これは別に語学力とは関係ないですね。何か話はズレましたが、゛意思疎通゛という点で、結構ちょっとした苦労が耐えない日々なんであります。

でも同国人の日本人と話していても、その語学力の差は意外にあるもんだなぁ。とは、よく感じるところであります。「そんなこと言ってないじゃん」、「そんなこと聞いてないしっ」ってのは、よくあるいことですし。これは語学力の問題か、はたまたコミュニケ-ション能力の問題であるのか、それとは違うブブンの問題か。。は判然としませんが。。

同じようなことでも、これが慣れない外国語となると、相手に「ハテナ」って顔をされる原因には、まだ初心&中級学習者だと、その語学力によるところも大きくなる気がします。語学ってのは、いうなれば゛道具゛でありますが、いくら使い手に道具を使って出来ることのアイデアがあろうと、道具の使い方を知らなければ、アイデアは表現されないわけで。。でもって、よりよい会話や中身を求めて行くならば、その道具もそれに適した良いものの方が作るものも容易くなるんですよね。じゃあ、どの程度の道具があれば、いいんですか?と考えると、語学だと、語学って突き詰めて行くと、無限なんですわ。キリがない。

で、自分の活動範囲や、交際範囲を考えてみました。

友人どもとは、多少拙くてもどうにか通じてるんで、文法をもちょっとやり直して序々にオカシナ所を直して行けばいいかしらんね。音楽の方は、大抵言うてること分かるんで、こっちは語学力というより、知識が問題か。。問題は、相方の奥さまヅラしなけりゃいけない時と、仕事を探すとなった時に要求される「社会人として笑われない(?)レベル&語学力のなさから起こる仕事上のミスが無いレベル」を目指す。というところでしょうか。

って、ことになると、急を要しているよなないよな感じですが、結局のところ、やっぱ地道にミチミチ勉強しないことにはダメな気がしますね。まぁ、皆さん、地道な勉強してるんでしょうから、これが普通なんでしょうな。

で、最近、ちょっと気になるのが。。。ブログを見てると、全く語学できなくて、見ようによっちゃ共通言語ナシ(?)な状況からネットで出会ってお付き合いしてる方たちですが。。コミュニケ-ションって、問題ないんスかね。お写真出されてる方を見ると、カワイコちゃんかビジンさんだったりするので、「美人は3日で飽きる説はウソだったらしい。。」と密かに唸ってもみたり。。で、そこからババンと数回会ってケツコンに至る方もいて、その過程を見てると、私にはショ-ゲキというか、驚嘆だったりするんですね。

なぁんだ、語学、できなくてもナントカなるのかも。

日々是苦悩の私には、目からウロコっすよ。

これって、゛運命の相手゛は言語を超える。ってことでしょうか。それとも、コミュニケ-ション能力がヒジョ-に発達していて、共通言語なんかいらんわ。って感じなのかしらん。。コミュニケ-ション能力だったとしたら、コツを教えて欲しいですわ。ほんと。

かくいう私も語学ダメ人間ですが、ケツコンしてますね。全くできないわけではなく、メチャクチャだがとりあえず通じる語学力は保有いたしております(レベル低すぎて、自慢にもならないですが。。)。相方は剣道野郎で、日本文化オタク、私は反対に西洋音楽ヲンナってことで、お互いイタリア人だったら、日本人だったらこんな感じっしょ。ってことで大した文化摩擦も壁もなく、ゆる~い語学力でここまで来てしまいましたです。

おっ、そう考えると、語学力以外によるところも大きいかもなぁ。

う~ム、どうなんだろうか?

語学力について考えると、なんだかとりとめがなくなりますね。

結局は、語学の勉強は、その人が必要とするレベルを目標とすべし(ということで、人それぞれ)。人間関係においては、語学力以外による要素が大きい。ってことでしょか。

まとまってないなぁ(笑)。しかも適当ですな。

またつれづれなるままにでも、考えてみますです。
[PR]
by zefiro04 | 2006-07-14 20:42 | ことば
留学、してますか?
二度ほどエセエッセーをしたためてみて、学費が無料になるショーガクキンをもらい、イタリアの語学学校へ来たことがありますね。その時に、浮かれて「イタリアへ行って来まっ~ス!!」と言うと、「それって、遊びでしょ」と友人知人に、にべもなく言われたものでありました。

カ、カナシ~

って、でもその通りでありますけどね。。ほんと。

大学へ正規留学をしていた友人が、留学を終えたその数年後に、またもや海外の某大学併設の語学講座へ2年間通っていた時に、「ま~た留学してんの?!」と聞くと、「ディプロマもらえるわけじゃないから、留学じゃねえわな」とアッサリ言ってましたですね。

留学って、なんなんでしょうね。

ということで、手元の電子辞書の広辞苑で『留学』を引いてみました。

よその土地、特に海外に在留して勉強すること。「アメリカに留学する」「内地留学」
「出入国管理及び難民認定法」に定める外国人の在留資格の一。日本の大学、専修学校の専門課程、高等専門学校などで教育を受けることができる。→就学。→留学生

フ--ン

ツーことは、私のようなちょこっとイタリアの語学学校に居ただけでも゛留学゛と言えないこともないわけだ。でも正規留学してる人たちと一緒くたに゛留学゛とするのは、なんだか申し訳ない気もするけどなぁ。。私の場合は゛遊学゛って言葉の方が良い気がしますですね。

多分、正規で留学してて「勉強してんなぁ。。」という友人や知人を身近に見てるから、たがだか語学学校にちょこっと通ったぐらいでさほどの効果もあげられなかった自分と比較してしまって゛留学゛という言葉にとまどってしまってるのかもですね。そして友人どもの中には、語学学校にちょこっと行ったぐらいのことで「留学してました」と言う人たちのことをヒヤヤカ~な目で見ているのを見ているから。ってのもあるのかも。。しれないなぁ。

それと、私と同じような感じで海外へ行ってた人たちから゛留学゛って言葉をよく聞くので「で、何を勉強してきたノ?」とイヂワルでも何でもなく、素朴に気になって聞いてみると、超個人的統計によれば(?)、「イタリア好きだから~」とか、「日本がイヤだから~」とかって答えが返ってきがちなのが、いわゆるひとつの語学留学ってやつに行ってた人たちに多かったという私的体験があるからかもしれませんね。

例えば、大学やそれなりの専門職を手につけられるような現地の学校に通うためには、語学って最低限のことで、そういった学校に通う前に語学学校に通うってのもよくある話しですよね。多分その段階のことを、彼らは留学とは称さないんじゃないかしらん。それが、言語学とかそういうのではなく、多分大抵は「生活に困らないレベル~」を目指して。(ってのが多いのでは?)と思うんですよね、そうするとそれはいわゆるひとつの゛学問゛しに。というのとはチト一線を画す気がするんだよなぁ。やっぱ。だから語学学校に生活に困らないレベルの会話力を求めてちょこっと通うぐらいだったら、゛遊学゛なんじゃないかしらんね。

で、またまた広辞苑で、今度は『遊学』を調べてみましたです。

故郷を出て、他の土地や国へ行って学問をすること。留学。

ゲッ、ってことは、留学も遊学も同じってことなんスかぁ?

ビッ、ミョ~

なんだかヤヤ腑に落ちないんですが、私の考えスギってことですよね。コレ。じゃぁ、語学学校にちょこっとだろうがなんだろが、留学でOKなのね。。

ハ~ン。。

秋でもないのに、゛学問゛とはナンゾヤ?と考えふけってるからこんな疑問が湧いてしまうのかもしれませんです。まぁ、なんにしろ、日本じゃないところで勉強してれば゛留学゛でよいんですね。ツーことは、こっちで語学勉強してたり、音楽してる私は゛ただ今、留学中゛ってことでもよろしいんでしょうか?なんだか正規留学してる人たちとかにはスマン気がしないでもないですが、まーそういうことでいいんスよね。。。なんだかナー。。こんな私でスンマセンって感じです。。

と、いうことで、「ワタクシ、ただ今留学中でございますノ」。。のほほ。。

。。やっぱ、ナンダカナ~。。って気になっちゃうんですけど~。。とほほ。。

でも問題は、「どこで学ぶかではなく、何を学ぶか」ってことだから、ほんとは゛留学゛って言葉云々なんて、どうでもよいことなのかもですけどね。
[PR]
by zefiro04 | 2006-05-07 06:28 | ことば
言葉と国民性
ここんとこ、たて続けに日本人の友人や知り合いと会う機会がありました。数ヶ月ぶりのナマ日本人に思わずキンチョーしてしまいましたです。。

リュウチョウに日本語、話せるだろか。。

結構セツジツだったりします。なもんだから、こうしてブログを綴ったりして日本語の練習をここでしてるんでありますね。語学って、母国語といえど使わないと忘れて行ってしまうと思うんですよ。私がそうです。って、じゃぁイタリア語が日本語を忘れるのに反してぐんぐん上手くなって行ってるのか。というのとはまた別なところがカナシーところ。ほんと、ちょっとした単語が日本語で出てこなくなるのです。。とほほ。。

最近感じるのは、言葉というのは人生とともに歩んできてるのだなぁ。ということです。経験とともに使ってこそ、場にあった表現や感情を表せるのだな。と感じてみたり。。

数年前に、欧州某国で医者をする日本人男性と食事をしたことがあります。彼はヨーロッパの主要言語は全てマスターしている秀才であります。もちろん日本語も流暢に話します。そんな彼と食事をしている最中に、彼が私にお茶を持ってきてくれたので、「すいません」と言うと、「はっ?なんで謝るの?」と言われたんでありますね。これ、相手が自分のために何かしてくれたときに、その手数をかけたことにたいして「すいません」と言う気持ちから出る感謝の気持ちの表現だと思うのですが、彼には分からなかった。。んだなぁ。

あぁ、言葉って使いこまなけりゃダメなんだわよ。。

と、その時に思ったんであります。

ちょっと例えがそれますが。。欧州で駐在員の奥さましている方のサイトに、ある駐在員の子供さんが、「髪が短い」を、「髪が低い」と言うて、両親を恐怖の底に突き落とした。。なんて話も書かれてましたですね。

ありえ、る。。。

もしかして、バイリンガルやトリリンガルな人たちで、ほんとにその語学のツボまで理解できている人っていうのは少ないんじゃないですかね。友人たちの中にも多言語を操るのが結構いますが、ホントのところはビミョ~だな。と感じてマス。って言うても、これがスペイン語が母国語でイタ&フラ語が話せるとかはラテン語派生だし、日本と欧州ほどの文化差もないだろうしでまた違うんでしょうけど、日本人はその辺が不利に働いているよな気もしますです。

先日やって来た友人は、某国でフラ語を使い、時にはナントカ相のお偉いさんともフラ語で交渉をしたりするよな仕事に従事していた骨太なオンナであります。そんな彼女でも、「ダメダメ、まだまだだよ私のフラ語はさ」と言うので、控え目に言うてんだな。と思ったのですが、そうではないそうです。仕事で使えても、ツボっていうんでしょうか。。やっぱりそういうところとかがなかなか難しいそうな。

まぁそういう風に言っちゃったら、母国語でも怪しいよ。私。。

とも思っちゃうんですが、さすが30年も日本生活を満喫していただけあって、ソコソコココソコな日本語のツボは分かっているようです。って、イタ語に比べてってことですが。。

こちらに住んで長い日本人の方と何度か話しをする機会がありました。彼らと話して思ったのは、在住が長いからでしょうか、それとも元々なのかは分かりませんが、日本的なやんわりした表現や、少し遠回りな表現がイマイチ分からなかったりするように感じましたです。同じように話してても、日本では通じていたのに、なんだか不思議なんだなぁ。

そうそう、今だにイタ語で慣れない表現に、メ-ルなどでものを頼むとき、頼みたいことを書いたあとに「ありがとう」って書いてあるんですよね。「まだやるかやらないか言ってないじゃん。なんでもう引き受けるの前提(みたい)で、お礼いっちゃってんのサ」とひねくれ思考が一瞬よぎっちゃいます。まぁ、こういう゛型゛ってだけなんですけど、なんとな~く嫌なんだなぁ。

言葉と国民性っていうんでしょかね、これってかな~り密接な関係にある気がします。だから、イタ人の表現の型が自分の文化コード(っていうんでしょかね)に引っかかると、違和感感じてみたり。この辺がクリアになると、また外国語の語学力もあがるような気もします。でもって、母国語が日本語でも、在住歴が長く移住先の思考回路に近づくにつれ、日本人特有の性質があらわれているよな表現にピンと来にくくなってくるんじゃないかしらん。。と考えてみたり(どうなんですかね)。。ほんとは上手にその事が使い分けられるといいのかもですね。

最近は、日本語が怪しくなって行くのが、なんだかコワイです。。だって、私にとって話しをすることが無条件に楽しめる言語って日本語なんですもん。イタ語はもちろん、これで日本語も怪しくなったりしたら。。(汗)。。

あぁ、どうしまひょ。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-03-14 16:16 | ことば
日本語のできない日本人
欧州某国に嫁いだ友人から電話がありました。今は子育てに追われ、忙しい毎日なんだそうです。話しの流れから、「日本語教えてるの?」と聞くと、「えっ、教えてないよ。やっぱ、教えた方がいいのかなぁ」と言うので、「日本語できなかったら、両親や親戚と話しできないじゃん」と答えときましたです。

やはり両親のどちらかが日本人であれば、日本語を教えてナンボ。と固く信じる頑固者の私デス。でも世の中は必ずしもそうではないらしく、両親が日本人であっても日本語なんかイラナイなんて場合もあるようです。

以前、ご夫婦共々日本人のイタリアに住む女性と話しをしたことがあります。彼女のお子さんの話しになり、そんな流れから「日本人学校に通ってるんですか?」と聞くと、「あぁ、うちは日本語なんかできなくていいから通わせてないです。むしろイタリア語の方をできるようになって欲しいし」と言うてました。

・びっくり

なんでも、日本人社会が大嫌いなんだそうです。でもそういう彼女は、友達も日本人、ダンナさんも日本人。。なんだけどなぁ。。色々あったんですかね。。

随分前に、『天才たけしの元気がでるテレビ』ってのがありましたよね。そこのある企画で、両親が日本人と(確か)英国人で、日本に住むハーフの男の子のお悩み解決というのがありました。彼の悩みは、父親が英国人なのに、英語が話せない。というものでしたです。外見も欧州人なのに、日本語しかできず、日々『百万人の英語』を聴いたりして涙ぐましい努力をしているのだが。。さっぱり。。なんだそうです。番組側は、まずどのくらいできないのかを見てみよう。と英語圏の同年代のグループを見つけ、話しかけさせるのですが、「ハ、ハロ・・;」と話しかけるも後が続かず。。「なに?英語で話せよ」とツッこまれるも言いかえす言葉みつからずで退散。ってな流れだったと思います。

もしかして、人って自分のルーツを知りたいという欲求が生まれたときからすでにインプットされてるんじゃないですかね。そして言葉というのは、ルーツと深く結びついてる。もちろんアイデンティティとも。

語学のクラスで作文を書かされたときに、上記の日本人ご夫婦との出会いと母国語のことについて書いてみたのですが、教師は私が何を書いてるかイマイチ分からなかったようです(私の伊語力のなさもありますが。。)。口頭で、日本人だけど日本語はイラナイと考えてる人もいる。と言うも、やっぱりピンと来なかったようです。そこで、アイデンティティと母国語というのは、私はイコールと考えるがそうは考えない人もいる。ということを書きたかったんスよ。と言うと、ポカンとしてましたですね。で、「えっ、そんなん当たり前じゃない」。「。。。」。どうやら当たり前すぎて今更そんなことを作文に書くことがピンと来なかったらしいデス(って、語学力のなさもありますが。。あっ、シツコイ?)

日本語のできない日本人。。う~ム、考えちゃうなぁ。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-10 19:44 | ことば
語学の習得能力
ハンガリー人のネエちゃんと、我が家でお茶しながら、「イタ語、難しくてやってらんないよね~」なんて愚痴っておりました。お互い、マイナーな母国語&母国語とイタ語がかけ離れている。というところでやたら盛り上がった冬の午後のことであります。

じゃぁ、ナニジンが語学習得能力が高いか?

そんな方へも話しが飛び。。イタ語習得に限ったら、やっぱり母国語がフラ語かスペイン語人が強いよねぇ。とはお互い一致した意見。習得言語を限らなかったら゛中国人゛とは、ハンガリネエちゃんの意見です。

彼女曰く、ハンガリー語はオソロシク難しい言語なんだそうです。そんな難しいハンガリー語をこともなげに話す中国人たちをブダペストで見てびっくりしたんだとか。そういえば、各国にちらばる中国人たちは、一様にその国で生きて行くための最低限の会話は話せている気がします。

最近、自宅近くにいつも通っている語学学校の姉妹校ができたので通ってみてます。レベルごったまぜの1クラスしかない学校です。約半分の生徒が、祖国では生活困難なため、イタリアへやって来た人たちです。中には読み書きが全くできない人もいます。会話がかなりできても、アルファベットが書けない人もいます。でも彼らはそんな自分を悲観するでもなく、ただもくもくと゛貪欲゛って言葉が浮かぶくらい、必死で勉強しています。

この間の授業中に、ある女性が、「仕事で、ディプロマをとらないと解雇する。と言われたんだけど、私は読み書きもできない。。どうすでばいい?」と先生に聞いていましたです。彼女は、病院で精神障害のある若者たちの世話をしているそうです。イタリアへ来て7年。会話はかなりできる人です。

私が住む地域に日本人は私ひとりです。なもんで、こちらの日本人事情には疎いので、これが゛普通゛なことかは分かりませんが。。。実は数年前にフィレンツェとアレッツォという街の語学学校に通っていたことがあります。ここで数人の日本人と知り合いになりました。なぜだかかたまたまかは分かりませんけど、ここで知り合った日本人は゛日本が嫌いで逃げてきた゛という人たちだったんですね。アワよくば、イタリア人と。。。なんてのが目的の人もいましたです。彼女たちはイタリアへ来てから結構たっていたと記憶しているのですが、みな殆ど話せませんでした。

ハンガリー人の友人は、「やっぱり、その国の言葉を話せないと職探しも難しいしさ、そうすると生きて行くことも難しくなるわけでしょ。祖国で生きて行けなくて外国へ行くわけだから、そりゃぁ、必死で言葉を覚えるよ」とのことです。

そりゃ、そうだ。

ということは、語学習得度と母国の政治・経済状態というのは関係あるのかしらん。。。まっ、必ずしもそうであるはずはないと思うけど。。。完全にナイとは限らないよな気もするですね。。。そうすると。。国内では生活困難で海外に流れた゛中国人゛がやっぱり習得能力高し!ってことになる??それじゃ、経済的には恵まれていて、崖っぷちにはない帰れる場所のある日本人は習得能力低いってこと??

うわっ、単純。。。(汗)。。

なんか短絡的な結論になってる気が。。
うぅム。。阿呆が露呈しまくりになりそなんで、この辺でやめときますね。。。

でも確実に言えるのは、確固とした目的がある人とない人とでは、やはり習得度に大きく差が出ますよね(こりゃ、当り前か)。そんな中で゛生きる、生き抜く゛というところにポイントがある人たちの語学習得が目ざましいのは、必然ですかね。。母国が嫌いで逃げてきた。という目的があるよなないよな人たちと一線を画してしまうのも、こりゃまた必然かもですね。。

で、私。。。
その昔、大学の授業で強制学習させられていたイタ語。。。音楽のためにダラ~と続けて早ン年。今では、なんとな~く音楽の話も分かっているよな(分かっていないよな。。)感じのため、適当街道まっしぐら。。。になっている気が。。。ここらで、目的再確認して、モチベ~ション高めて勉強せねバっ。

あっ、これ来年の抱負にしよっ。

ということは、今年中はサボッてていいですよね~~モホホッ
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-15 19:13 | ことば
時制って、大切です。
最近、やっぱりちゃんとイタ語使えないとマズイかも~。。と、ある出来事をきっかけに、またも(一時的?)ヤル気になっております。。。

ある友人が、「ダンナの同僚が、彼の誕生日にクスリをプレゼントとしたのよ!どう思う??誕生日プレゼントにクスリってオカシイじゃないのっ!だから、ダンナにもう彼らとは付き合うなって言ったのよっ!!」と、かなりご立腹でありました。そりゃそうでありましょう。誕生日プレゼントにおクスリってのは。。フツーはよろしくないですよね。。

で、彼女の憤りはまだまだ続き。。。
そりゃぁ、私もクスリやってるわよ。でもイイ年の大人がクスリを誕生日に贈るなんてサイテーよねっ!!」。(ムムム。。?!)。。「ちょっと待った。で。。今もクスリ、やってるの?」と聞いてみると、「やってるわけないじゃないのっ!!」と逆ギレ。

そりゃぁないよ。君の時制がメチャクチャなのが悪いんじゃん。もし私がここで聞き返さないで、誰かに「彼女、クスリやってるんだよ」なんて言ったりしたら、マズイでしょ。。。ってなことで、彼女の怒りはまだまだまだ続く。。なのでありますが、こんなことや、聞き手にパズルを組み合わせてゆくような苦労を強いる時制メチャクチャな友人もおりまして、「せめて、時制の使い分けはきっちりできないとダメだよなぁ」なんて、今更&また思っているのであります。

もちろん、時制に限ったことではありませんが。。話題によっては、時制の取り扱い次第で誤解が生じてしまうこともありますよね。これがもし仕事の上の話しだったら、かな~り痛い。。

しかしイタリア語の時制って、一口に言ってもかなりの法則を覚えなきゃいけません。私の場合はよく使うのだけを覚えて、あとは使い回し。広がりも深みもあったもんじゃありません。とにかく、「よう変化してくれるワ」ってぐらい、色々な形に変化してくれるのですよ。規則形だけでも結構な数なのに、これに不規則形も加わるのですから、すでに私の許容範囲を超えとります。。とほほ。。
  
先日、語学学校の先生が、「日本語や中国語なんて、新聞や本を読むために、トンデモナイ数の文字を覚えなきゃなんないのよ。それに比べたらイタリア語なんて、これだけのアルファベットを覚えたらもう読めるんだから、楽でいいわよ」なんておしゃってました。。。

いやいや、日本語が母国語の私にはその先のイタ語が大変なんですよ。。
なんて言っても、しょうがないか。。。

仮にイタリア人として生まれて母国語がイタ語、でもってひょんなことから日本語を勉強しなくちゃならなくなったら。。あぁ、そんな今更ありえない不毛なこと想像しても、それこそしょうがないですね。。

でもどっちが大変なんだろ?

・・・・

。。。素直に現実を受け入れて地道に勉強しますかね。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-11-18 04:43 | ことば


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング