伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
カテゴリ:ほんの日常( 75 )
こどもとおや
スーパーで、超肥満児の兄弟が店の棚からチョコバーを取って開けてモシャモシャ食べ始めました。そりゃ、ダメっしょ。と注意をしようかと近寄ってみてまたボーゼン。

近くにいた母親が、「これもオイシソウだから食べてみて」と、またもや勝手に商品の袋を開けて子に与えようとしていたのでした。しかも、この時は店員も通りがかったので注意するのかと思いきや、お咎めナシ。

ポカーン

もしかして、イタリアって試食自由なんですか??

いや、そうではないらしいですが。。イタリアでは勝手に試食なんて光景をよく目にします。

支払いの義務はこういった勝手に゛試食゛の場合にも生じると思われますが、どうやら勝手に試食民族の全員が払っているというわけではないようです。

ポカーーーン

他のときにも、良い教育受けた風な洒落た若ママがやっぱ同じことしてました。まぁ、外見だけで職業や経済的なレベルが推測しにくいイタリアなので、ほんとのことろはどうなのか分かりませんが、結構良いみなりの人たちも同じように日本的には゛ポカーン゛なこと連発してくれちゃって、私なんか日々ポカーンポカーンだったりします。

もう、口開きっぱなし

ある日、知り合いの女の子が彼氏欲しい~。と話していたので、「あぁ、彼なんかどぉ?」と頭に浮かんだイイとこの坊ちゃんのイタリア美男子の名をあげたところ、

彼、手癖悪いから。。」と彼女。

なんでも皆で車で遊びに行って寄ったパーキングで、飲み物を注文して飲んでいたら、そぐそばにあった茶菓子になるよなものをフツーな顔して取ってきて、笑顔で皆に配ってくれたそうです。もち、払ってません。

盗み、ですからソレ

この話しを聞いた後、もちろん彼女には「やめとくよーに」とお姉さま的立場から忠告いたしましたデス。

先日、ある同年代のイタ人夫婦さんとお茶してたとき、「どーしてイタリア人はスーパーで支払いの前に食べちゃうの?で、払ってんの?」と聞いてみました。

ふたりとも口を揃えて否定的な意見で、そりゃヨロシクナイことだ。と普通人な意見でございました。支払い前に食べちゃうことに、嫌悪を感じるイタリア人もいるけども、そんなことより食べちゃう人の方が多い。でもって嫌悪を感じられる感覚を持った普通にちゃんとした人の方がなんだかマイノリティーになっちゃてるようです。

食べちゃったりするコトに疑問が抱けなかったり食べちゃったりする人は、カナシーですが、そういう゛レベル゛ってことになるのかしらんね。。一応、キチッとしたイタリア人もいる。ってのは少しばかし救いではありますが。。

そしてそんな話しから、彼ら夫婦と最近のイタリア親子事情。なんて話しに。

このダンナさんの方はですね、空手を子供に教えてるんですな。で、ある時、親を集めて家でお願いしたいこと。ってことで話しをしたそうな。

胴着など、道場へ来る際の道具は子供たち自身で用意させること。練習時間に道場に着くのではなく、練習時間には胴着を着て練習が始められるように時間を見計らって道場に着いて欲しいことなど。

今更言わなくてもな当たり前のことを言うたそう。でも胴着云々以前に、15ユーロの胴着を買うこと自体を渋る親(自分のことにはお金使うのはOKなんですよね、こういう人)、小さい子供を連れてくるのに、自分の買い物だ、友達と会っていただと時間通りに来れないのは仕方ないと開き直る親がいたりと、「これじゃ、子供たちに基本的な゛責任感゛とかを教えることができないよ」と嘆いておりました。

彼は、子供たちに自分で胴着の準備をさせたりして小さなことでも責任感を持たせたり、目上の人や相手、人を敬う気持ちを空手を通じて育てたい。と考えているも、そんな子供たちの゛今゛学ばなければいけないことを阻んでいるのが、実は親だったりする。。そしてそれがまた厄介だったりもすることも嘆いとりましたね。

日本でも給食費払わない親だ、モンスターペアレンツだ。なんて話題もあったりしますが、イタリアのそれも結構深刻な気がいたします。

イタリア人って一見身なり良かったり、話してみて感じ良かったりするのに、約束守れない、責任感なし、手癖悪かったり、怒鳴るのフツーとかそういう人ってよく見かけるのですよ。で、なんかの拍子に話す機会があって、私の好奇心もありで、相手に悟られないよう怒らせないよう探り(?)を入れると、大抵、家族や周りが同じような人たちで、それが良いとか悪いとか物心つく前から刷りこまれちゃってて、大人になっても善悪の判断や人に迷惑かけてることとかが判断どころか、考えも及ばず。だったりするようです。

思考が完全にスポイル、されとりマス

オッソロシーなぁ。と背筋が凍りますな。ちょっとダラシナイ家族がいて、子供ができて大人になりまた家庭を持って、更にダラシナイ家族ができ、子供ができ。。ぐるぐる

モンスター人間生成過程の歴史を想像してしまいました。。(汗)

それにしてもなんだか社会がメルトダウンしてる気がいたします。そんな中、空手のお兄ちゃんや、大きなとこでは、イタリアマフィアの実態を書いたロベルト・サヴィアーニやらがどうにかしたい。とがんばるも。。(汗)

望みは薄そうではありますが、住んでる限りはカスカナ希望ぐらいは持っていたいっすね。。。

ちなみに、ロベルト・サヴィアーニはイタリアを出る、なんてことを聞きました。こういう国だからこそいて欲しい人物ですが。。残念ですね。

イイ人間や普通の庶民の常識を持った人間がだんだんとマイノリティになっていて、そしてそのうちいなくなっちゃうんじゃ。。そうしたら、どうなっちゃうんですかね。

あぁ、どこへ行く、イタリア。。でございマス

※サヴィアーニの著書は、『死都ゴモラ』の邦題で、日本でも出版されてます。私は出だしパラ読みでドーンときて読めてませんわ。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-10-23 19:30 | ほんの日常
どうにもなんなくて、いいんでしょーか
アウトストップして、相方が仕事から帰ってきました。

不運なことに車が壊れてしまい修理屋に出すも、ときはヴァカンス。。普段よりも働かないイタリア民族に車を預けてしまったため、車が戻って来ず、通勤はバス&電車な相方だったのですが、仕事で最終便の19時30分のバスに乗り遅れてしまったのでした。

パニック状態で電話かけてくる相方に、「ネットで他ルート探すから待て!」とすぐにググルも、陸の孤島にそんなんあるわけもなく。。

って、あったんですよ。昔はっ !!!

その昔は電車通ってたとか、20年前までバスの最終は20時30分だったとか。。

ドーシテ、退化するよ?

マタカイっ !!な疑問と愚痴が炸裂するよな情報を得ただけで、現時点での問題解決にはいたらなかったので、「タクシー拾えばいいじゃん」に、「そんなモン、ナイよっ !!!」と相方。。(汗)。「じゃあ、宿に泊まんなよ」にも、「ないっつーの(怒)」とパニック&キレまくった相方でございました。

で、歩行者用に作られていない車びゅんびゅん緑わさわさ豊かな道を、重い鞄持ってトボトボと帰ってくる。と言うのですが。。

いや、無理だって。。(汗)

オイハギとか山賊(?)とかにあって、命の保障ないですよ(冷汗)←いや、マジで

通勤で命を賭けるなら、とりあえず「いちかばちかでアウトストップしてみろ !!」ってことに。

で、やってみたら、始めて2、3分で拾ってもらえたそうです。

いやぁ、良かった良かった。イタリアも捨てたもんじゃないネー。なんて喜び合い、後日、友達に話したら。。

あぁ、あの辺ってよくアウトストップしてるよね」と友。

友達によると、その辺の地域は交通の便がイッジョーに悪いため、足を持たない人たちは当たり前にアウトストップしてるそうな。

結構、助け合い精神のあるとこなんよ。この間なんか、90歳ぐらいのおばぁちゃんが親指立ててアウトストップしててさー。止まらんわけにはいかんでしょー

でも万が一、助けていただけなかったら、どうなるんですかっ ?!

素朴な疑問がよぎりますが、ここはイタリア、考えてはイケマセン。しかし、ひとつ言えるのは、そんなギャンブラーな生活、絶対に嫌デス。「今日も拾ってもらえるだろうか。。」と出先からいつも心配するなんて、やってられませんですよ。まぁでも、今のとこ行き倒れは見かけてないので、拾ってもらえてるとは思いますが。。いや、片付けられてるのかも、ユキダオレ。。

この路線って、実は私も使うんですが、なんとも不便でありまして。。かと言って、利用者が少ないか。というと国境までの線てこともあり、そこそこな利用者だと思うんですが、この状況。うちの街からだと直通と乗り換えとがあって、時刻表にはその旨も記載されてますが。。

運転手、次第だそうで。。

ということで、直通ってバスのプレートや時刻表にはあっても、乗り換えなきゃいけなかったり、直通なら30分なのに、寄り道ルートで走られたり。このルートだと、1時間近くかかるのですよ。

まったく、時間が読めません

全く持って、運転手次第みたいデス(汗)

この間も、約束があってスイスへ行くのに、余裕を持って3時間前に家を出るも、着いたのは5時間後でした(泣)

仕方ないわ、だってイタリアだもの。それが嫌で私、スイスに引越したの」とは約束した人に詫び入れたとき返ってきた言葉デス。

そう、イタリアだからしょーがない

そんなイタリアではありますが、友達情報によると、イタリア交通網を発達させなかった張本人のフィアット社が電車をつくっているそうです。まずはイタリアの背骨に路線をつくり、その後に少しづつ路線網の拡大をはかるそうな。イイことなんですが。。

でも、ナンダカナー

個人や一企業が国の根幹をがっちり抑え、それによってこうも庶民生活が左右されるって、ダイサンセカイと呼ばれる国ではよく聞くハナシですが、(一応)先進国で水面下でもなく、こうも大っぴらに当たり前にやっちゃってる国ってなんかスゴイよなー。しかもだからドーシタ文句あっか的なとこがまたスゴイ。

で、影響モロにくう庶民の皆さんですが、゛しょーがない゛ってことで終了

なんというか、しょーがないで済ませちゃイケナイレベルの人たちまでがショーガナイ。現実はどうであれ、個人レベルでは無理であれ、゛どうにかなんないもんかね゛なアガキや思考さえもブロックされちゃってるのか、そういうポーズしてんのかは分からんですがな人々を見るにつけ、「こっりゃーヤバイですよ、将来」と背中ひんやりな私デス。

どーしよーもなくて、しょーがないことばっかで無関心が一番楽なんですが、゛怒れる゛って大事なんじゃないかしらん。と無力であっても思う次第デス。
[PR]
by zefiro04 | 2008-08-15 06:11 | ほんの日常
ノー・フュー・チャー
友達がメルで英国在住邦人女性のブログを教えてくれました。

最近読んだ中でのイチオシです。

そこには『子盗み政策』についての記事があるのですが。。

壮絶すぎて画面前に釘付けになってしもた私デス

その記事には、書き手の友人である日本人女性が理不尽に国に子供を取り上げられてしまった行きさつや政治背景などが書かれとりマス。

ヒドイっすわ、いや、マジで。背筋、冷えました

今までにも、英国国内でおこっている背筋寒くなるニュースなんてのもチラと見聞きしたりして、なんかこういう事件多くない? それともマスコミが大げさに言うてるだけ?本当は一部でのできごとなワケ?と思ってたのですが。。

起こる土壌があるのですよ、今の英国にはっ

マジで久々にウッギャーとドンビキしたお近くの国、英国の現在進行中のホラーなお話し満載でございました。このブログの方、文章も上手いんで、気になる方は是非ご一読してみてくださいまし。

イタリアはどうかというと、英国の『子盗み政策』のようなことは耳にしたことありませんが、親が子供を育てることができない、もしくは虐待などの諸事情によって子供が避難というか暮らす゛SOSハウス゛なるものがイタリアにもあったりします。以前に、そこで働いてたドイツ人とチェコ人とお茶してたことがあるのですが、彼女らは、子供たちの置かれている厳しい状況や人生のスタートから家族の愛情なしに生きて行くことの将来への影響。などなどをよく眉間に皺寄せて話していたもんであります。

実は、日本でも友人がそういう施設へ勤めていて、子供たちを取り巻く状況などを会うたびに聞いているので話しとしては知っていましたが。。

英国のそれは、日本やイタリアとはちと違うようです。

実際、各国が抱えると同じ、親からの虐待や捨て子などなどの問題から子供が親と離れて暮らすというのはあるにしても、引き離す必要のない親と子を無理やり引き離し、里子へ出す。そしてそれを達成した公的機関には報奨金が出るそうな。

その報奨金欲しさとノルマがあるため、不幸なコドモをでっちあげて親から取り上げることに血道をあげてるとのこと。そのでっち上げっぷりがまた笑えないんスわ。例えば、親のIQ低いから養育能力ナシとか親が若すぎるので養育能力ナシなんて大きなお世話じゃーー。勝手に判断すなっ!ってなツッコミ入るレベル。

記事には、親と引き離されて里子に出された子供たちが成長して、社会にどんな結果を招いているかにも触れていますデス。

まさに、ノー・フュー・チャー

目先の利益に踊らされ、坂を転がり落ちてる国の実態がございます。

この夏一番の背筋が寒くなったお話しでございました。

※昨年の夏、ロンドン在住の友がこっちへ来たとき会った際、友の奥さんが「ねぇ、子供どうするの?私?悩むよね。。」と言うてたのを思い出します。彼女、このこと知ってたのかしらん。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-08-09 00:13 | ほんの日常
食の記憶
私ったら、あんまし゛食゛に興味ないんですよ。適度に旨けりゃそれでヨシ。

多分、それは。。学生時代、金喰い虫学校に通っていたせいで、゛食゛を削ってはレッスンやコンサート行ったり、楽譜買ったりなどなどで泡のようにお金が消えていたので、そのときの体験が身についてしまったせいではないか、と。。

ヴァイオリンなんかの弦楽器の友達も大変でして、「太ると洋服買い替えなきゃいけないじゃん」という理由で体型気にしてたり。「髪切れないよ。お金かかるじゃん」ということで伸ばしっぱなし。一般の華やかなる女子学生とは一線を画す理由でダイエットしてたりしたもんでした。人によっては、楽器代でローン組んでたり、結構な借金背負ってたり。なんてのがゴロゴロいましたし。。庶民が音大ってのは中々大変なのですねぇ。

※でもそんなんが音大生なんてのになると、50円のお菓子代は渋るくせに、「(ヴァイオリンの)弓が100万なんて安スギ~。ナメテンノ?」とかン千万や億の話しを平気でする金銭感覚になってしまうこともあるので、要注意。

当時の私はバイトの嵐だったので、睡眠時間は4、5時間。その間に練習、学校、アソビ少々( ?)。ということで、練習室のグランドピアノの上とかでグースカ寝てたりなんてのが日常。

食事なんか、時間なくてプライベートレッスン行くときは、人のいない路地を選んで歩きながら弁当食べてたり、友達とカップラーメン食べて練習したり。。期限切れ近くになると半額になるパンを買って友達と半分こしたり。。友達なんて、拾ったパンや飴なんかを食べてましたからね(さすがにこれは、できませんでしたなぁ。。(遠い目))

いやぁ、よくやってました。

という経験から、゛食゛の大切さは分かりますが、私の中では二の次三の次の優先順位なのであります。

そんな私が食の国、イタリア。にいても、あんまし意味がないよな気もする最近デス。

しかし、こんな私でも私的には大枚をはたいてたまに行っていた食事処もございました。それは、゛ヘン゛&゛アヤシイ゛とこ。飲み物&ふざけたオツマミ程度で1500円。でもマスターとのキンチョーした会話と突発的な演奏が聴けるトコ。とか、店の中が古くて傾いでて長くいればいるほど腰悪くなりそなトコとかとか。

そういうトコは大好きなんスよ

だもんで、ただコギレイで料理そこそこ旨し。なとこには興味なし。イタリアって、そういうアヤシゲなとこが普通に少ないんで、イタリア来てから本当に食べることとかどーでもよくなってしまった私デス。

イタリアってオイシイですけど、選択肢が少ない、アヤシサが足りない(笑)、大したサービスしてないのにサービス料強奪。というのがどーもお肌に合わなくて、友達と行く以外は食べに行きたくなかったりします(もしかしたら、うちの町が食に関してはイタリアなのに全然ダメ地域。と言われてることも関係してるのかもですが。。)

以前、あるイタリア食界で有名な人から珍しいチーズやパスタを食べさせてもらったりしたのですが、ハイ、おいしかったデスまる。で終わり。友達からも、「今、日本人が血眼で探してるのよ~、コレ」と食べさせてもらうも、ごっつぁんでした。で終わり。

おいしいけど。。やっぱナニカが足らんのよ。

学生時代のビンボーっぷりが身についてるせいか、ただオイシイだけじゃツマラン。付加価値ナイとねぇ。。な面倒くさい性分になっちゃってマス。

そして東京の下町の雑然とした雰囲気や、町をプラプラして゛な、なにココっ゛な驚き発見感も欠乏してるんだろなぁ&次の帰国がまだ未定なのもツマラン感を後押ししてるのかもデス。

それにしても懐かしくなるのって、やっぱ食に関する記憶が強いですね。意外にくいしんぼう万歳な自分を発見。イタリア、もーぅちょっと選択肢が増えてくれるといいのになぁ。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-07-17 17:48 | ほんの日常
知ったこっちゃない。では。。ないのデス
スイスへ行く用事が増えたので、うちの街からスイスへの行き方を調べていました。

車で4~50分の目的地へ、車がないと1時間30分はかかかります。あくまでも上手く行っての時間。下手したら。。(汗)。ストされたら(しょっちゅうですから)。。お手上げ(泣)

ほんっとにドーイウことなんですかネーー。とその昔からの地元民の人と話してたら、

60年代初めまでは電車あったんだよ」で、イタリア-スイス間を約30分ほどで走っていたらしいです。

???

なんでも、その人の話によると、フィアット社が自社の車を売る目的のため、庶民の足である鉄道を廃止したそうな。

×××××(怒)

そういえば、前に住んでた家から今住んでいる中都市までバスで40分ですが、その昔は隣町(自宅から歩いて10分)の町から、電車が出てたそうです。でもって、その電車を使ってこの街までだと。。

30分、かからないと思うんですけド~~

退化、してます。。この国(汗)


よくイタリア人が使う言葉で、゛知ったこっちゃねーヨ゛というのがあるのですが、こういった精神が、住んでいるといたるところで感じられるんでございますよ。

自分には関係ないからイイ。人のことなんて知ったこっちゃねー

もちろん、そうでない部分もありますが、そうでない部分よりも、この知ったこっちゃネー精神の方が上回っている気がするのです。地元民も在住者もそこんとこ骨身に沁みてるんで、必要以上に警戒心が強くなったり、ツマランことで嫌な思いしたり。。

そういったレベルを超えて、だからこそ人には暖かくありたい。という人ももちいますが、なんてったって、上記の交通の件にしても国全体を覆う空気が゛自分さえ良ければ的゛

例えば、現大統領のベルルスコーニさんが、ある女性からの質問で、物価高などで結婚してもやってけない。に、「貧乏がいやなら、金持ちと結婚すればいい」(うろ覚え)by先進国(とりあえず。。)のトップの発言

懐かしのマリー・アントワネットさまの「パンがないならブリオッシュをお食べ」(やっぱりウロ覚え)を思い出してしまいましたです。

ご存知のように、その後フランス庶民さんたちは革命をおこし、マリーさんは断頭台の露と消えるのでありますが。。

歴史は繰り返す。なんてもいいますが、ここはイタリアですからね。そりゃないでしょうな。ベルルスコーニは再選して大統領ですしね。。

まぁ、そんな愚痴は置いといて、国の最高責任者からしてコレでございますからして、なかなかねぇ。。というのがいち庶民としての感想でございます。

そうそう、プラハとバルセロナへ行ったことあるのですが、もーー、驚きましたヨ。とんでもなく失礼なんですが、私ったら、イタリアよりも更に後ろ向きなお国と思っていたのです。

がっ、

この二都市を見るかぎり(観光者視点からではありますが)、ミラノなんかよりズーーーッと進んでましたっ。

国際空港からの街へのアクセス、そして街中での交通状況、文化に対する配慮、サービスなどなど。。

全然、ダメじゃん。。イタリア。。

なんというか、プラハもバルセロナも観光は大切な外貨獲得手段。というのを良く分かっていて、観光者視点でツボを抑えたサービス。だった気がします。在住者としての視点はまた別なんでしょうが、上っ面を見るかぎり、イタリアほどの苦労はないんじゃないかしらん。と感じましたデス。

で、イタリア。

イタリアの交通網の未発達ぶりは今更言うに及ばずでありますが、例えば、マルペンサ国際空港なんかですね、ミラノ以外の都市へ行くのにバスを使うと。。私が自宅へ帰る路線だと、1時間から1.30分ぐらいに一本。週末の最終は19時ちょい。これを逃すと、電車で余計な大回りをして帰宅するため、優に2時間はかかります。

これ、国際空港。

両替なんかですね、絶対にしてはイケマセン。プラハへ行くとき、マルペンサでスイスフランからチェコ通貨を、ユーロに換算すると約200ユーロ両替したら。。

手数料、約半分もってかれました(怒)

ユーロからチェコ通貨だったら、まだマシだったのですが、フラン→ユーロ→チェコ通貨ということで倍の手数料を取ることを説明なく両替。それにしたってコレ高すぎ。イタ友に言いまくったら、皆口を揃えて、「道端で両替はダメだよ~」って、天下の国際空港内で両替したことをしばらく信じてもらえませんでした。。

これ、国際空港。

で、プラハの空港で、相方に手数料のチェックをさせたら。。

震えてました。。相方。。怒りとともに。。

自分さえよければ精神。その場はいいかもしれませんが、結局、大きな目でみると、自分の首を絞めることになる気がいたします。

と、一度廃止したうち方面のスイス-イタリア間の電車、ただ今作りなおしているそうな。だって、うちの地域からスイスへの通勤者は一日約3000人だそうで、そのほっとんどが車通勤。渋滞なんかも時間帯によってはヒドイわけです。。

タメイキ。。

私もスイスへ出張って行く機会が増えそうなので、相方もスイス勤務だし、もう少し様子みて、国境の町かスイスへ引越し。。なんてことを考えてみるのもいいかもねぇ。。と話し合ってみてる最近デス。

って、昔のように電車がちゃんと通ってれば、今のままでもいいんですがネ。。ちなみに、開通は。。いつになるんでしょーね。。(遠い目)
[PR]
by zefiro04 | 2008-07-09 21:51 | ほんの日常
ご近所周辺と政策
自宅近くのスーパー周辺、なんだか最近はイヤ~ナオーラが漂っております。

このスーパーで安酒や料理用ワインを買って、出入り口付近や建物の周辺で立ち飲みしてるんでありますね。

私がイタリア来た4年前からの情景を思い出してみると、ほんとここ一年ほどの間に随分人数が増えました。最初は、無職のイタリア人がひとりふたり居たかな。ぐらいだったのですが、ここんとこイタリア人も含め、中東系、南米系、東欧系、アフリカ系、そして身障者も混ざって、朝っぱらから立ち飲みしてマス。

どうでもイイんですが、彼らって地べたに座りませんよね。それはエライ気がしてもみたり。。そういえば、数年前に東京でボランティア通訳ってのをやったことあるのですが、その時に案内したイタリア人ふたりは、地べたに座る日本人を見て、「日本人は、体が悪いのか ?立ってられないから座るんだろう ?」と本気で日本人の健康を心配しとりましたデス。

ちなみに、案内したのはジャーナリストさんでした。もしかしたら、どこぞに゛地べたに座る日本人゛なんて記事を書かれたかもしれませんねぇ。。

ということで、スーパー

で、キケンはないんかい。というと、基本的にはありませんが、一度買い物袋が重かったんで、店出てすぐのとこで゛フ~~゛と一息ついてたら、ちょっと離れてたとこで飲んでたアフリカ系グループのひとりが近寄ってこようとしたので、ダダッと逃げましたがしばらく追いかけられました。。(汗)

最近は、怪しげな帽子をかぶり、俯きかげんで絶対に飲みゾーン内を通るときは誰とも目を合わさず止まらずを心がけている次第です。

イーユ~だ、移民ちゃんバンザイ政策だのの行きつくとこの先が見えかかってきている気がする最近です。

この他にも、ロマ(ジプシーですな)で各所で物乞いしてる女性たちがいるのですが、ある日、そのロマ女性が4、5人集まって歩いてるのを見かけましたデス。よく見ると、皆同じロゴの入った上着を着てました。

えっ、ユニフォーム ???

信号機のところで、車が止まったところを見計らって物乞いを始める足の悪いオッサンがいるのですが、天気の良い午後のある日、上記のチームロマの女性たちと片手にコーヒーカップ持って談笑してましたデス。

えっ、休み時間 ?
でもって、ご同僚ですかっ ??

どーも気になったので、しばらく柱の影に身を潜め彼らを観察してしまいましたですよ。。

えっ、私が一番怪しいデスカ ?

まぁ、こんな怪しげなことして分かったことといえば、オッサンの足が実は悪くない。ってことぐらいでございました。。バカ、自分。。

色々な場所で見かける物乞いの人たちですが、どうやら組織化しているようでございます。例えば、魔女っぽい風貌の物乞いおばちゃんがいるのですが、昼ごろ通りかかったときはチームロマのひとりが座っていて、また午後遅くに通りかかったらおばちゃんに代わっていましたデス。

お昼、だったんですかね。。

そんなこんなな話しを友達にしたら、ルーマニアやその周辺の人たちであるそうな。でもって、駅前によくワゴンっていうんですか、バンっていうんですかちょっと大きめの後ろが開く車。。が止まってて、あの車で東欧-イタリア間を物資や人の輸送で行き来するそうな。

EUに入りましたからね、行き来なんてチョロイものなのです。

そんでもって、我が家のすぐ近くに小さな広場があるんですが、そこはルーマニアやブルガリア人たちの情報交換場になっているそうで、たまに東欧系の人たちで溢れかえっています。

皆が皆、どうのということはないですが、ちょっと近寄りがたいオーラが漂う場所や怪しげな場所が増えてきたナ。と感じる最近。そしてそんな近寄りがたしな雰囲気を発散させている人たちはどこの人?と聞いてみると、大体同じ答えが返ってくるのですよね。。

そうそう、語学のクラスで一緒だったルーマニア妊婦が授業中に、「あのジプシーたちや(だから、ロマだってぇ)犯罪をする人たちと私たちは違うのよっ !!イタリア人はルーマニア人っていうと警戒した目でみるけど、私は違うのよ !!私はイタリア人と結婚してるし、悪いことしない。着てるものだって、ホラ、あの人たちとは全然違うでしょ !!あんな人たちと一緒にしないでよっ !!」とお怒りでございまして、授業中、いかに自分が彼らと違うかに終始しとりましたデス。

で、彼らとあなたはナニジン、なんですか?

思わず聞きたくなった私ですが、アホ臭い。。いや、あとがコワイ(?)のでやめときましたデス。。


移民ちゃんいらっしゃ~い政権が斃れ、その前のメディア王にして整形王のベルルスコーニ氏がまたも大統領として返り咲くこととなったイタリアでございます。

どうなるんでしょうね、移民政策。。

これだけ政権によって生活の変化が肌で感じられる国なら、選挙や政策に興味を持つはずだなぁ。と少しイタ人の気持ちが分かる気もしたり。。でも良い方に変わって行かないのはナゼなのか? 

これは、私じゃ解けないナゾでございマス。
[PR]
by zefiro04 | 2008-04-20 19:41 | ほんの日常
頭痛には。。
b0050003_352235.jpg


頭痛には。。
[PR]
by zefiro04 | 2008-03-01 03:53 | ほんの日常
らっつぃすた
一見すると、アフタヌーンティーあたりの新製品かなんかについてそうな響きもある言葉ですが、人種的偏見を持つ人。って意味になりますね。簡単に言えば、例えば。。ヒトラー的世界観を持つ人ってのが分かりやすいかな。イタ語では、゛razzista゛

これを、ヒキコモリのアルバニア主婦ちゃんが男のイタ人先生に連発してたんでございます。「イタリア人は私に優しくない。私がアルバニア人だからダ」「同じアパートの人に挨拶しても、目を合わせようとしない。私がアルバニア人だからダ」「イタリア人は私と友達になりたがらない。私がアルバニア人だからダ」。。。まだまだ続く(汗)

イタリア人はラッツィスタだからだ。

だからアンタもラッツィスタだ!!←イタ男先生に毎日ことあるごとに連発。こんなんが生徒って、堪らんですな。。

まぁ、全てこの言葉へ彼女の愚痴は集約されるのであります。

思うんですが、゛絶対゛とか゛皆そうだ゛とかとか100%そうデス。と言い切れる人は、本当に頭イイ人か、ただの世間知らずのおばかちゃま。ではないでしょうか。

大抵は、そういう人もいるけど。。と全員(全て)がそうではないけどというのは分かってるけど、敢えて言っちゃってるのよ。というのを言っときますがね。じゃないと、「皆が皆そうじゃないよ」とか、「分かってるがな、そんなことっ!話しの腰、折らないでよっ。だまらっしゃーイ」ってなどうでもよいツッコミが入るの必須ですから。

でこの彼女、そんなツッコミ入るたびに、「違うっ !!あんたらは、イタリア人を分かってない !!イタリア人は全員ラッツィスタなんだ !!!!」と、さ、刺されるかもぉおお。。ってなぐらいの勢いで、ツッコミ入れた人たちにガンつけてました(汗)

彼女にとってのイタリアでの3年半は、空想と子供だけの世界だったんでしょか。彼女の語るイタリアでの生活や、嫌なこと。。

どれも、私の過ごしてきた理不尽との戦いの3年半には及びませんネっ。むはは

ってのを、自慢しても仕方ないので(笑)、というかルーマニア妊婦が、近所のオバハンはケチでラッツィスタっぽいけど(なんでケチとこの言葉がイコールなのか分かりませんが。。)、うちのダーリンは良いイタリア人だから、イタリア人全員がラツィスタではないのよっ !!とアルバニア姉ちゃんを怒鳴ってました。

すごい、説得。。(汗)

それに対して、「ホットケヨ」がアルバニアちゃんの返し。

この返しも、スゴイよなぁ。。(笑)

で、またまた今度は、イタリア人は自分に何もしてくれない。教育が悪い。教会へ行かない。イタリア人の若者は働かない。でもって、アルバニアは素晴らしい。教育レベルも高いし、教会へも行く。親兄弟を大事にする。働きもの。。と続くのであります。

どうして、そんな素晴らしい国を出てきたの ?」と私。

ホットケヨ」とアルバニアちゃん。今度は少し分かる返しかも(笑)

アルバニアちゃんだけでなく、今までに私が見てきた移民ちゃんたちの多くが、なんだかしてもらうことばかりを考えているんですよねぇ。じゃあ、あんたらは何してるの ? 何ができるの ? っていうのには答えられない。で、上手く行かないのは人のせい。

どんなに貧しいといわれる国でも、数の違いこそあれ、ちゃんとしてる人。ってのはいると思うんですね。なんというか、ちゃんとしてない人の数とちゃんとしてない度が国の命運に大きく関わってくる部分もあるんじゃないか。そんな気がチラとしてもみたりデス。

ってことで、こんなトンチンカンなやりとりが一杯だったイタリア語集中講座だったのであります。いくつか個人的に興味深いこともあったので、(またそのうちですが。。)もちょっと、続く。。でございます。
[PR]
by zefiro04 | 2008-02-12 04:11 | ほんの日常
世界のトアル部分
最近、エラク忙しくしてました。

一日8時間、2週間のイタ語コースに通いながら、相変わらず日本語教えたり歌やったりエトセトラな日々だったのでっす。

このイタ語コース、フタを開けてみたらレベルはバラバラで、メチャクチャ話せる人もいれば文盲に近い人もいたりという中での授業。内訳は、ネパール3人、ルーマニア2人、アルバニア2人に日本人は私だけの8人で、全員主婦。

サンスクリット語で読み書きするネパール人にはアルファベットの羅列は難しいらしく苦戦。それに対して、ネオラティーノとも言われる言語を母国語に持つルーマニア人はベラベラ。3年半もイタリアにいるも、家でヒキコモリしてた主婦のアルバニア人はかなぁり怪しいレベル。普通、アルバニア人はイタ語の習得が早いと言われるのでこの出来なさから、どんな3年半だったか知れようってもんです。

一日8時間だったのですが、こんなバラバラレベルにして、ルーマニア人の空気の読めないひとり語りに嫌気がさし、やることもあるしでサボリ専門の日本人の私でしたが、サボると電話かかってきたり、理由を聞かれるたび空セキしたりでエラク丈夫そうなのにいつも体調悪い日本人するのにも疲れ、出れるだけ出てたんでございます。

ガンバッタよ、私。。と自画自賛

いやぁ、それにしても久々にすごかったですよ。。

ルーマニアちゃん、23歳妊婦。ダンナは18歳年上、彼女語るところ激給料の良いイタリア人。先月の給料は2700ユーロだったそうです。

って、誰も聞いてないのに、ひとりでこんなことを一日最低一時間以上も語り続けるわけです。。(汗)+何を食べたら吐き気がするか、妊婦の大変さも誰も聞いてないのにひとり語り続けるわけです。。(大汗)

それを腕組みして聞く振りもせず眠りこけてる私。。

言われました、ルーマニア妊婦ちゃんに「アンタ、聞き役なワケ ?

スミマセン、そんな自慢大会に参加できません。いや、マジ勘弁。ってこと言うのもなんなので、「あぁあああ ?!」と思わず唸ってしまいましたです。日本人の友に語り物まねしてみせたら、「マジ、こわいからぁ~」と言われたので、相当なインパクトは残せたと思います。

そしてネパちゃんたちには、初対面でイキナリ、「ダンナ、イタリアジン ?」と聞くので、そうだ。と答えると、「キュウリョウイクラ ?」と、まじでダイレクット。

参りました。。

ある日は、アルバニア人のひきこもり姉さま、突然授業中に「先生、私の結婚式の写真持ってきていいですかぁあ ?」で、持ってきたと思ったら、スンゴイ量でひとりひとりにアルバム渡され、強制観賞。見終わるまでに1時間半。

拷問、です。。

その上、ルーマニアの妊婦ちゃん、これに触発されダンナに電話、会社帰りに自分の結婚式のアルバム持ってくるように指示。

持って、きましたよ。。

真っ赤なアタッシュケースに入ったアルバムをドンと先生の前の机に置き、「授業、終わりましょ。だってアルバム見なきゃいけないでしょ

。。。。

お暇させていただきました。。

そんなこんなな2週間でした。。

ちなみに相方に、「私が電話したらアルバム持ってきてくれるぅ?」に、「即、電話きるから」と一言。

愛、足らんのですかねぇ。。

話変わって、まだ中学生の私の日本語の生徒が、「英語を勉強し始めたから、もしかしたらあんまり来れなくなるかもしれない」ってな話しから、「今のイタリアは終わってて将来ないから、海外出ないとどうしようもない。日本語は好きだから続けたいけど、まずは英語をかためなきゃイケナイと思う」とのこと。

オヌシ、エライッ !!日本語は好きなとき、息抜きでおいで。まずは英語をおやり~。でもさ、デキルイタリア人がイタリアを出てって、移民がバンバン入ってくるって。。どうなっちゃうのイタリア ?」に、「イタリアに将来、ないから」だそうで。。

先日、政府が倒れたので、政策もまた大きく変わるのかも。なんても思いますが、良い方に大きく変わること、はないんだろうなぁ。。なんても思います。

イタリアは、本当に素晴らしいものを持っていたけど、それが殆ど腐ってしまってるのよ。イタリアにいたら将来はないわ。だから息子は海外に出すつもり」とは、先の中学生のお母さまのお言葉。

何が、悪いんでしょうねぇ。。

と、ドーデモいいんですが、ルーマニア妊婦ちゃんが、「暑いっ!!」ってことで、教室の暖房は消され、ドアは開けられて、私も含め数人がコート着ながら授業受けてました。そのせいか、私、風邪ひいちゃいましたよ。

一体、この2週間はなんだったんダーー

と、鼻水垂らしながら考えてみてマス。多分、゛世界゛のトアル部分を見てたのかもなぁ。。とそんな気がしてもみたりです。
[PR]
by zefiro04 | 2008-01-30 03:10 | ほんの日常
明けちゃっておめでとーございまっす
誰ともなく叫んでしまいたい気分でございます。なんていうか、「明けちゃったヨ。また一年ダラダラと過ごしちゃたんだなぁ。。」と年明け早々、昨年へのダメ出し&またダラダラ行きそうな予感にぐったりです。

ということで、今年も例年と同じく、とりあえず゛今年こそはやるぜい゛なんてことを相方や友達と語ったりしてみましたが、私のことですからなぁ。。なはは

そうそう、クリスマスは楽しく過ごしてしまいました。

相方のご実家へは行かず。。

イタ友の家へ泊りがけで遊びに行って参りました。

嫌がる相方を実家へ放って。。

こういった時、友のありがたさが身に沁みますねぇ。このイタ友、いつもは世界中飛び回っててイタリアに居ないことも多いんですが、丁度いたんで遊びに行って来ましたです。そこへ他国勤務の日本人友とも合流。

って、昨年の正月もこのメンバーでだらだらしてたんだよなぁ。。

と、世は着飾って盛り上がりまくっている時期に、普段は゛天晴れ、これぞコクサイハ゛な妙齢の女子ふたり、でもクリスマスはジャージ、スウェット&いつも問題ありありな主婦、それ私。なヲナゴ三人、かしましく過ごしてまりました。

えっ、アンタ達、さびしい ? 

いいんです。楽しいんデス。ったら、デッス!

なんかさぁ、「SATC」みたいじゃない ? ひとり足りないけどぉ」の私の言葉に、「やることやってないから、ちょっと違う」なんてまたもやサビシーお言葉が響いてもいましたが、このドラマに負けず劣らずの本音爆裂で、まぁ、楽しかったです。

実は、私たち3人には共通の言語がないんですよ。私とイタ友とはイタ語で。日本人の友とはもち日本語。で、イタ友と日本人友はフラ語で会話するので。でもそれはそれでイイ感じ。

フラ語会話者たちは熱き血潮のヲンナたちなんで、街中だろがどこだろが、ところ構わず本音トークの言い合い始めたりするんですが、私は分からんので放っとけるのがイイ感じ(笑)。で時々、日本語&イタ語で「こんなコト言うのよー、アンタどお思うっ ?!!」と詰め寄られたりもしますが、まぁ、ご愛嬌でございマス。

そういえば昨年の゛会合゛のときは、相方も一緒だったんですが、友の家でたらふく食べた後は、私たち三人がかしましく三ヶ国語でギャーギャーやってるのにウンザリ( ?)したのか、ツタンカーメンスタイルで寝てました(笑)

出不精、メル不精、孤独ニストな私にも、こういった友達がいるってのはありがたいことですな。特に海外なんてとこにいて、この関係はウレシイことです。そうそう、他ヨーロッパ勤務の友達からもメルが届いてました。機会があれば、友達訪ねて行くのもいいかも。なんかちょっとサビシそうなんで(笑)

海外に散ってる友がちらほらいるのですが、皆言うことは同じ。

正月は日本、帰りテーー

今は、正月帰国を晴れて果たした友だちの帰国報告&今夜つく日本のお客人から日本のカホリをかがせてもらえる(笑)ことを期待しつつ、今年もがむばりたいと思いまふ。

今年もヨロシク&お願いっ!今年こそイイことあるあるな年にして~~ !!

と祈念しつつ、締めたいと思いまっす。

(でも今年は天中殺、なんですよね。。とほほ)
[PR]
by zefiro04 | 2008-01-04 18:45 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング