伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
カテゴリ:ひと( 26 )
アナタも私も”個性的”
来週ヨメに行く友達が、先月、怒りながら私に携帯を見せてきました。

これ、ヒドイよねぇぇええ」と友。

そこには、カメラのフラッシュが壊れたから結婚式の写真撮れなくなった。と書かれてありましたです。

このヨメに行く友、携帯でイキナリ断ってきた友にタダで結婚式の写真を頼んで式代を浮かせようと思っていたのですね。私には、「節約、節約」なんて言ってて、結構イヤ〜な気になったもんでありました。

私も結婚式で歌頼まれたりしたことありますが、楽器の友も言うてましたが、皆さん音楽とか写真とか芸事関係を結婚式なんかで使うのは友達だったらタダ同然と思ってる節ある人多い気するんですよね。

アナタ、芸事でソレナリになるにはスンゲ−元手かかってるんすよ。

ってなのもあって、当初は写真家の友にやや同情もしてたのですわ。”タダ”使い、本人が「タダでいいよ、お祝い事だから」って言うならまだしも、最初から使う方が”タダ決め”には納得イカン私でありましたが(これには写真家友、密かにグチっていたのですが。。友達であるってこともあり、この非礼に直接文句も交渉もしなかったのであります)でも一旦受けたからには、どんな理由があろうとこの断り方はないであろうと思ったりもしたのでありますね。

でもって、花婿ともども彼女が怒ってたのは、70近くでこの応対はないっしょっ。ってことでもありました。そんなトコから彼女の行動や言動、生き方について色々言うておったふたりでありました。

彼女、好き勝手生きて御年70(近く)

本人は”個性的”と思ってる言動、行動も、美貌も衰え(その昔は、スゲ−美人で写真も撮りつつ、モデルもしてたのですね)、年相応の分別もブッ飛んじゃってる70歳は、本人目の前にしては皆言いませんが、信用もなく尊敬もされていないヘンな婆さん。ってな見方が大方のようであります。

そんな元個性的な彼女、どうやら同じ好き勝手系に分類されるらしい私には、たまにポロリと本音を漏らしたりしてたのですね。本人は気付かずとも周囲のドン引きを目にするにつけ、彼女の内面を垣間みたことある私としては、なんか憐憫感じてしまって、「好き勝手に生きるのはいいけど、やっぱ年相応の分別や人格が形成されてないと、キツイなぁ。。」と思うことしばし。。なのでありました。

そんなシバシ、な人がもうひとり。。

こちらは御年60歳、男性。でございます。

非常に才ある方ですが、かなりブッ飛んでてですね。。ここ10年、友達ができなかったそうですが。。さもありなん。でありまして。。

フとしたきっかけで知り合ったこの男性にエラク気に入られて「お前は、変わってる。俺と友達になれるんだからなっ。俺たちはフツ−じゃないからな」に、いつも「私は、フツ−フツ−。ザ・庶民だしっっ(汗)」と答えると同時にオノレの常識やフンベツに思いを馳せる私デス。

この間、うちで友達呼んでこの友も呼んだのですが、どうやら約20人近くいた友らが皆ヤヤ引きしていたらしいデス。。(汗)

そんな引かれまくっている彼ですが、私にはうちの相方が感じ悪い。なんてことを私や他の人のいる目の前で言ってみたり、冗談と書きながらもメルに書いてきたり。。

オイ、コラ、60歳っ

と良いトコも沢山ある人ではありますが、「やっぱ、大元が欠けてるとキツイなぁ」と距離取り始めてる私もいたり。。

よく自分で、なんで皆、僕と話したがらないんだろう。

と言うてますが、60年生きてたらもちょっとその辺についての想像力が経験値から導き出されてもいいんじゃ。。と思ってもみたり。。

で、うちの相方ですが、「彼、良い人なのは分かるけど、話すときすごく近くに寄ってくるでしょ。なんか見掛け。。キタナイじゃない。。あっ、ゴメン。。で、ず−−っとひとりでしゃべってるし。。ゴメンっ」だそうで(だからって、顏に出すなよ〜ってのもありますが。。)。。まぁ、これ以外にも色々ある方なのですが。。

よく(自称)”個性的”とか、私って”変わってるから”とか”人と違うから”ってのに大きな価値を見出して、それがプライドになってる人もいますが、”最低限の普通である感覚”が抜け落ちてる人は、”普通”の人々から疎遠にされることもあることが分かってなくて、そんな孤独に耐えられないとツライなぁ。なんて感じマス。本当は、フツ−の感覚も持ちつつ、個性がヒカッテる人ってのが理想でありましょうけど、難しいですな。

音大通ってるとき、かなぁりブッ飛んでるのがそこここにいたのですが、その度に皆は「で、アイツ、上手いの?」と聞くんですよね、その答えが、「上手い」だと、「じゃぁ、イイじゃん」で「下手」だと、「オワッテル」とボロクソに言われるのですよ(笑)。”(やや迷惑ちゃんな)変わりモン”が許されるのは、周囲が認める実力を持つ人や天才(ここんとこが皆のソンケ−集めどころですな)以外は、ココロして”変わってる人”やらないと、ドン引かれたり、白い目で見られたり、孤独カモンな状況に陥りやすいのかもしれませんですね。

自称、全然フツ−庶民な私でありますが、「変わってるよね」とか「君のまわり、変わってる人多いよね」と相方や知人、友人に言われるたび、なぜかドキリとしてみたり。

大丈夫かっ!?、その”変わってる”は、ヒジョ−シキやオワッテルなんてニュアンス含んでないかっ。と思わず先日ハハが持ってきた”日本語鍛えよう”ソフトを始めてみようかと真剣に悩んでみてる日々だったりします(あっ、またズレテますよね(笑))
[PR]
by zefiro04 | 2007-06-22 17:04 | ひと
お義母サマ0
シロートの書くもの、しかも人気のないブログ(笑)でであったとしても、家族のことを色々書くのはドウカシラン。と考えてあんまし触れなかった゛お義母さま゛ネタ(?)でありますが、ココんとこのあまりの強烈さに「こりゃ、ダメだ」とやや観念気味&家族のありかたについて考えさせられたことと、お義母さまを見ていると、イタリアという社会の良いとこ悪いとこを垣間見れたというのもあり、勝手に義母ネタ解禁することにした次第でございマス(笑)

これが結構へびぃなのでございまして。。前々から色々ありましたが、私の持ち前の゛何考えてるのか分からないヒョウヒョウぶり゛で適当に乗り切っていたものの、最近はも~う、悲鳴しかあげられん状況へと突入。

あなたのパンツ、私嫌いだから全部捨てなさい

ぷらいばし~侵害も甚だしいだろっ!!つーか、勝手に人の下着を見るなーーー !!つーーか、勝手に人のタンス開けんナーー !!つーーか、つーーか、つーーかぁああ !!と叫びたくなる言葉を皮切りに、まぁ、色々ございました。

そんなこんなで、数人のイタ人、外国人の友達に相談なぞしてみたら、「フツーじゃないよ」ってのと、「イタリアンマンマってそうなのよね。。」と、イジョーと思いつつも、このイジョーさがイタリアではフツーと言う意見もあったりしたのでした。

もちろんフツー&人としてかなり尊敬できるレベルのお義母さまも存在するにはしてますが、かなぁりな数の強烈な方が多いのもこりゃまた事実。

さて、じゃぁ、フコーにして強烈なお義母さまに巡り遭ってしまったらどうするのか?やっぱりダンナの母親ってことで我慢するのか?

でも限界ってもんがございますんでね。

では、限界を越えないようどうオノレたちの生活を守りつつ、お義母さまに勝手をさせずにそこそこ良好な関係を保つことができるのか?

勝手に考証(そんな高尚なことはできないですが。。あっ、シャレじゃないですよっ)したいと思いますです。

って、すでに限界を越えてしまった私に、「ズルイよ、早いよ~。僕なんか30年以上我慢してるんだよ~」と見限りの早い私にグチる相方でございます。

あなたのアイスル旦那さまのお母さまなんだから、どんな方でも敬わなければダメです」と、よくある奥様相談室での模範回答だけではナンダカナーな俗物な私が人生修行(?)してる過程をちょこっと綴ってゆこうかと思う次第です。

ツマラン説教は禁止、ご意見、体験談はいつでもううぇるかむでございますので、ヒマつぶしにでもコメなぞいただけたら感激でございマス^^
[PR]
by zefiro04 | 2007-05-11 17:21 | ひと
友だちつくるなら、ナニ人ですか
某所にて、欧州在住の日本人女性に遭遇いたしました。

どおぉ、イタリアの生活?」なんて聞かれたので、「はぁ、まだ引越したばかりなんでなんともねぇ」と答えると、いつこちらへ来たのか?なんてところから、こちらへ来たのは3年前だけど、なんともはや、前に住んでたとこが大変だったもんで。。と、軽くコメディタッチ(?)で隣人たちシリーズ予告編みたいなことを話してみた次第だす。

アナタ、こちらへ好きできたんでしょ

???

と聞かれたもんで、はああ、ケツコンを機に来ましたですが。。に、「ほら、そうでしょ。だったら、我慢しなきゃダメ」とトンチキ説教が始まったので、「どこであろうと、こんな理不尽で不当でシツレイなことされて、外国人だからってことで我慢するって、オカシイと思いますけど~」と私。更に話しはトンチンカンな方へ進み。。

耳を澄ませてみて。耳を澄ませてみるのっ。そういった悪いことがあったってことは、アナタに何か起因があるハズ。何か起因があるハズなのっ。落ち着いて、耳を澄ませてみてっ!!

。。。。。(汗)


確かに、私は゛善良゛とか゛清い゛とかとかからは程遠い゛俗ブツ゛人間であります。私に非があることもよくあることでございます。でもですね、この階下の母娘とのことに関しては、「オノレに非はナシ」と宣言、いやいや、信じたいッス。でも耳を澄ませるって。。。(汗)

多分、因果応報とかツケが回ったみたいなことを言いたいんでしょうけど、私、宗教やってないんで、分かりませんわ。そういうの。何かあったとき、自分が何かしたかってことぐらい考えますよ。でもね、この件に関しては、私が悪かったとは思えないし、無視すれば解決ってケースでもなかったんスよ。無視すれば、もっとやって良い。と判断する人たちだったわけで。そうしたら、やっぱり戦ってよいと思いますよ。私はそうしたし。イタリア人は、私が礼儀正しい(?)からカモられるっていうし。今回のことも、話すイタ人、イタ人に、「よくヤッタ」って言われますけどね」と言うも、「ううん、違うの、違うのよ。耳を澄ませてみるの。耳を澄ませてみてっ」と彼女。

だめだ、こりゃ。。

私の言うことがオカシイならオカシイで、反論、ご意見ならOKでございますが、全然話しになってないですわ。申し訳ないけど、疲れが溜まる一方なので、頃合を見て、彼女から離れるも、しばらくして、今度は胸に絵本を抱えながら、「日本人の友達はいるの?」と近寄られて来ました。

ほとんど、居ませんねぇ。イタリア人と移民ちゃんばっかですわ」に、

さみしいでしょ」と彼女。

いや、別に。日本人の友達ってことなら、各国に散らばってるんで、特に。それに今はネットやスカイプもあるし」と言うも、

日本語、話したいでしょ」と彼女。

さみしいん、でしょうねぇ。。

そして唐突に、「私、日本語を教え始めたのっ♪」と言うので、「私も教えてますよ。そこで日本語話してるし別に」に、「でも、日本人が話すような日本語は話せないんでしょ。それって、さみしくない?」と聞かれました。確かに、日本語でなんのてらいなく話しができたらラクですよ。気の合った人とだったら、更に楽しいし。でもですね、結局は話す内容、何を話すかが私には重要でありまして。。ネイティヴ日本語を話す、オカシナ日本人よりも、拙い日本語でも話せる外国人や、イタ語話す(他は、挨拶すらままならないレベルなので、ここではイタ語と限定)、気の合う移民ちゃんたちや、我慢してくれながらも私の拙いイタ語を聞き、楽しく話せるイタ人たちの方がよっぽどイイっすわ。

この方、お子がいらっしゃるのですが、不思議なことに日本語は殆ど話せないそうです。これだけ日本人と日本語に拘ってるのにねぇ。ダンナさまも欧州人ながら、日本語に堪能な方だそうですが、お子たちは日本語、殆どダメとのこと。で、子に日本語は教えず、外国人には日本語を教える。。

う~ム。。

疲れました。。考えるのやめマス。

実はこのとき、日本から友がきていて、たまたまこの女性がいる場にも居合わせたのですが、「なんかオカシイよ。それにしてもアンタ、あまりにもツケッドンだったからびっくりしたよ。なのに、彼女そんな態度されても一生懸命に話しかけてるからスゴイね。私にも喰らいついてきたよ。多分、友達欲しくてもいないんだよ。さみしいんだろうね」なんて感想を述べてましたです。そんなツッケンドン無礼なド-シヨーもない日本人っぷり炸裂な私でしたが、別れ際に、「またね。今度、うちの方にも遊びに来てね」と自分の住所を知ってる人の名を言い、去って行きましたです。

良い人、なのかもしれません。。

が、私、ダメなんすよ。ヒジョーに申し訳ないのですが、なんかウソ臭く感じてしまう人や日本人だからと言う理由で友達になりたがる人。日本人で気が合えば申し分ないですが、外国にいて、日本人よりも他国籍の人間が多い中で、戦時中とかなんとかでもないのに゛日本人の友達゛に拘り続けるってナンセンスな気がいたします。

アンタぐらい、縛られてない人も珍しいよ。普通はさ、そういのに拘っちゃうもんなのよ」とは、友。

人そのものを見るけど、やっぱり゛国゛によってちょっと気をつけたり。というのはあるよね。でも最終的にはやっぱり゛その人そのもの゛だよ」とは、世界を旅し、国籍をふたつ持ち、他国籍の友やコイビトを持った友の言葉であります。ついでに、この日本人女性のことを話したら、「君が変わってるのは、そういう拘りがないとこだよね。普通の日本人はそういうとこ拘るんじゃない?」なんてことも言うてましたです。

えっ、そうなんスか?

まぁ、ドーデモいいっすけど。。

で、外国へ出て、゛日本人の友達゛に拘るってのは、やっぱり゛安心゛とかからなんでしょうか?

昨今、日本人だから安心。ってのもないと思うんですけどね。結局は、゛人゛だと思う私であります。しっかし、どこに居てもそうですが、゛良い友゛と出会うのは大変ですね。少なくともそう思うので、数少ない゛出会い゛のチャンスを最大限に生かすべく、良さゲな人がいたら、話しをしてみて、お茶なぞしてみてます。
[PR]
by zefiro04 | 2007-05-03 19:30 | ひと
怒鳴ってみませう
朝方、役場へ行くと、おばちゃまが入ってきて、突然怒鳴り始めました。

どうやら、障害者用の駐車スペースに駐車していてキップを切られたようです。でもこのおばちゃん曰く、「障害者マークを見えるところに置いておいたのに、キップを切るってどういうことよっ!!」ということらしいデス。で、罰金79ユーロ。

それにしてもよく怒鳴りますわ、ホント。

で、話しを聞いていると、どうやら障害者なのはダンナさんで、運転してたのは健常者の息子だったみたいデス。うっかり怒鳴りの勢いで言うてしまい、皆「えっ?」と一瞬なりましたが、そこは怒鳴りパワーで、「そんなことはどうでもいいのよっ!!(いや、ココ重要でしょ)、なんで、障害者マークがある車にキップ切るのよっ!!」と押し切ってらっしゃいました。

スゴイ、ですね。

そんな怒鳴り婦人を後に役場を出ると、ご主人らしき人が彼女を待っていました。健常者にしか見えませんでしたが、法的には障害者さんってことになってる、んですよね。。

まぁ、それは置いておいて。。

イタリア人、よく怒鳴ります。かくいう私もよく怒鳴られてます。今は教習所のお兄さまがメインで怒鳴られてマス。よく見るところでは、お義母さまやご近所連、公共施設なんかでもしばしば見かけますね。この間は教習所の姉ちゃんに、「アンタ、よく怒鳴られてるんだって?」と言われたので、「怒鳴られまくりっスよ。私、怒鳴られることに慣れてないんで相手にしないで放ってますね」と答えると、「えっ、アンタまだ怒鳴られ慣れてないのぉぉ?」と驚かれましたです。。

怒鳴られ、慣れてない?。。だとぉおぉ

ぐったり。。

どうやら怒鳴る、怒鳴られるというのは日常茶飯事なことなので、いい加減に慣れろよ。ということらしいです。

で、慣れてどうすんですか?

素朴な疑問はつきません。そこで数週間前になりますが、私も一度キレて車のハンドルをババンと叩いてから怒鳴り返してみました。

右向けっツ--から、右向いたんでしょぉぉっ!!で、左向けって一体なんなのよぉぉぉぉっ!!反応が遅くて悪かったわね----!!!文句あるなら日本語で言えっ---!!1秒かからずに反応しちゃるわいっ!!あたしゃ日本人じゃーーーー!!

とキレてみました。「な、なんだよ、イタリア人かと思ってたよ。。」とトンチンカンな返しをしつつ、兄ちゃんウロタエ気味でありましたが、それっきり。大和撫子のキレでは相手に与える威嚇効果は一瞬であったようです。キレてみるのも難しいもんであります。

まぁ、自分の思い通りにならない、自分の話しを聞いてくれない→イライラする→怒鳴っちゃう。単純ですが、怒鳴る理由としては大体こんなとこじゃないでしょかね。どうしてこんなことぐらい我慢できない、感情のコントロールができない、穏やかに言葉で対応できないのかしらんね。しかもいい大人が。と考えることしばしだったんスけど、ある方が教えてくれたところによると、カトリックというのは、感情を抑えることは悪。っていう教えがあるそうな。ということで、怒鳴るということは感情の発露であるのでokよ~ん。ってなことになるらしいデス。

そんなぁぁ~

といつも怒鳴られる側の私は涙目になってますよぉぉ。。

反対に、(当たり前ですが。。)怒鳴らんイタ人も存在しますです。見てると、勉強ができるとかの頭の良さではなく、思考が深い系、思索系とでも言いましょうか、知的とでもいいましょうかなイタ人と、激しく怒鳴る人が家庭内にいる場合。ってのが現況での観察結果であります。大いに盛り上がって激しく怒鳴りあってる家族も見かけますが、怒鳴り返すことに疲れ&不毛感を覚えるイタ人は怒鳴らないようです。もしくは、勝手に怒鳴らせとけば5分もすればスタミナ切れることを知ってるからでもありましょか。


そうそう、前に居た会社で、実績は大したことないと思われるのですが、前世はイタリア人かっ!?と思われる声の良さとパフォーマンスっぷりで、かなぁりな出世を成し遂げた御仁を思い出しました。この方、ゲンナリ感を与えない程度の適度な怒鳴りができるんですな。何か問題が起こると適度に怒り、声を荒げ、それに向かっていかに自分が解決に向かって突き進んでいるかをアピールするんであります。ちょっとオペラ入ってる気がします。実際は、大したことしてなかった気もしますが。。そんなプチ怒鳴りパフォーマンスが功を奏したのか、あれよあれよという間に出世なさってましたです(そういえばムネオちゃんも怒鳴り&恫喝を武器に昔の地位を築いた(?)んでしたっけね~。今、どうしてるんだろ。懐かしい。。)

怒鳴るということは、いやがおうにも人の目をひきますからね。もしかしたら、使いようなのかもしれません。感情垂れ流し一般大多数のイタ人流怒鳴りはいただけませんが、怒鳴りようによっては、人を鼓舞したり叱咤激励したり、存在感のアピールってのも可能なようです。多分、教習所の兄ちゃんも「おんどりゃ--、がんばらんかいっ!!」ということで怒鳴ってることも時々あるようには思われますが、私のような激冷めの人間にはドン引きされて終わりってこともあるので、ある程度の効果を狙うときには気をつけませう。

そんな私も最近は、「効果的怒鳴りテクをマスターしちゃるゾ」と家で練習してみるも、なんか歌っぽくなってダメでした。グワッと声出すと、ノド痛めるし。。う~ム、怒鳴り道は中々難しいようであります。
[PR]
by zefiro04 | 2006-11-01 17:54 | ひと
教育のタイセツさ
学校行かなくても、別にいいんじゃないのぉ。

と、思っとりました。

時代は遡りますが、田中角栄なんて小卒でしょ。確か。職種によっては、学校云々よりもその世界に早くから入ってというのもあるし。でもある意味、それがその人の人生の学び場にもなるしね。なんても思うのですが、イタリアに来て思います。そういう場所もないんだったら、「ちゃんと、学校行って教育受けなよ--」って。

幸運にも、今まではイタリア人の知り合いや友達は、大抵インテリさんたちでありました。学歴が高いというのと関係なく、人として尊敬できる人が殆どでありました。もちろん、高学歴イコ-ル、人としてデキてマス。とするのは安易っすよね。コワレてる人も沢山いますがな。でもですね、例えば、大学のゼミとか講義なんかで、トンデモネ-行動とかしたら、後々の就職やら成績やらに響くなぁ。ぐらいは普通の学生さんだったら考えると思うんすよね。そこでトンデモネ-行動とかしたくてもそこはのちのちのことを考えて抑えるとかする。ってのは考えますよね。普通。裏はどうかは別として表面的には。。

もちろん、学校が良い教育を約束してくれる保証はないわけですが、中学くらいまでの動物的行動もやや許されてた時の集団学習ではなく、もうちょっとオトナな行動が求められる場所で、集団で教育を受けるって大切だと思うんであります。そういった場所でいかに振舞うかのイメ-ジが持てるのは悪くないと思うんですよね。最近は、「他人に迷惑かけるな」とキチッと躾られてる人も少ないみたいなんで。。

イタリア人、中卒の人って結構います。私が通う教習所の経営者でもあるお姉ちゃんも中卒です。御年34歳。人としては、人情味があって良い人です。が、私が見たこともない行動をとる人であります。これは個性的なんではなく、「コイツ、教育受けてないな。。」って感じの行動ですね。

例えば、私のイタ語が問題で何度も同じ間違いでもしようものなら、もう我慢できません。私の教科書を床に叩きつけたり、ブン投げたり、黒板指しの棒で頭叩かれたりと、感情炸裂。周りに誰が居ようと関係ありませんね。でもって機嫌の良いときには、いきなり私の隣に来てグッと引き寄せられたりします。ドビッと退くと、「なに怖がってんのよぉ」だそうです。なんというか、行動が野生的なんであります。教えてる最中だろうが食べ始めたり、携帯で話し始めたり、メールし始めたりと、社会的な場(ここでは先生と生徒というか、お客さんだよね)においての振舞い方、距離の取り方、接し方を学ぶ機会がなかった感じです。別に畏まれっていうんじゃないですけど、最低限はさ。。と思うんですが、どうなんでしょね。

やっぱ、ある程度のレベルの集団の中で教育を受けるって体験は必要なんじゃない?」なんて話しを相方としてたら、彼が兵役(ちょっと前まであったんですね、イタリア)についていた時のグル-プは、7割りが中卒だったそうです。

7割中卒。。って、すんごい割合ですよね。。

もちろん、イタリア全土での統計ではないので、「たまたまだったとは思うけどね」と言うてましたが、でも「イタリアって、ヨーロッパ諸国の中でも大学までの進学率って最も低い国のひとつなんじゃないかなぁ」だそうです。高学歴であっても、職にありつくのは大変だわ、給料は安いわなもんだから、高学歴の魅力は低いそうな。これはよく聞く話だわな。学歴ありゃいいってもんじゃないけど、専門的な勉強をしてもそれを生かせる場所がないって残念すよね。

そうそう、それに反してフランスはスゴイんですよ、確か(いつも、ウロ覚えですんません。。)。第二次世界大戦で、ナチのパリ侵攻に打撃を受けて、「これからは、国を命を賭けて守れ、国を正しく導いて行ける指導者を育成して行かねばならない」ってことで、将来のエリ-トちゃん発掘のための予算も組んであるそうです。貧しくても能力があれば、国がバックアップってやつですな。でもその枠に選ばれなかった人々の゛ヤル気゛をそぐ結果にもなっているとのことなので、まぁ問題がないわけではないみたいですが。。で、フランスはこれだけでじゃなく、これに平行して愛国心教育にも熱心だそうですね。「国のために死ねる」率、高いんですよ、確か。。(また、ウロ覚え。。)

国のためには、国を愛し、そして国を守れる知恵のある人間の育成のために力入れてるみたいです。って、最近の暴動なんかを見ると、平等にチャンスが与えられてるわけでもなさそだし、ひずみも見えますけどね。

って、話、ズレちゃってますね。。

で、相方に、「君は都心の出身だから、友達も大学出てたりする人が多いけど、田舎に行ったらココ(今住んでいる、イタリアのド田舎)みたいなんじゃない?」と言われたんですけど、日本って、田舎だからっていう理由で進学率が低くなる。。ってあったとしても、イタリアほどの格差はないんじゃないかしらん。。と思うんですけど。。どうなのかしらん。

貧乏はねっ、遺伝するんですよっ!!この貧乏を断ち切るには、教育しかないんですよっ!!」とは、ビートたけしのドラマでたけしの母ちゃんが言うてたセリフです。確か。。(またです。スイマセン。。)。金銭的な面もですが(イタリアは金持ち国ではないよね)、それよりもちゃんと教育しないと、人がグズグズになって、国自体が滅んじゃうんじゃないんですかね。ゆっくりと。

なんて言っても、教育がそこそこ行き渡っているとも言われる日本も「いやぁ、ヤバイ人多くなったよ。マナ-ひどいしさ」ってこともよく聞きますからねぇ。安易に大学まで出れば人としてリッパな人間になれるのだ。とは言えませんわな。

教育って、どうしたらいいんでしょうね。ムズカシイな。。まとまってないナ。。と、今住んでる町での人のヤバサをドドンと目にする機会に恵まれてる(?)もんで、考えちゃってマス。
[PR]
by zefiro04 | 2006-08-27 07:55 | ひと
移民に愛の手を!
彼の友達に先生してる人がいるのよ。でさ、週1で私に友達としてイタリア語を教えてくれないか聞いたら、忙しいからって断られたのよ。そんなの嘘よ。ただやりたくないだけなのよっ」と友達、ご立腹でありました。友達の彼女ってことで、タダでボランティアで教えてくれ。ってことだったらしいです。

まっ、断るだろね。

私たちは外国人で言葉もできず心もとないんだから、少しぐらい手をかしてくれるのは当たり前なんじゃないの?」とは彼女の言い分。「もしさ、イタリア国民が『我が国へ来てくださ~い』って、呼ばれてここにきたんなら、面倒みてくれてナンボだけどさ、別に私たちそうじゃないし。イタ人に過剰な期待するよりも、ここに呼んだ彼氏さんにイタ語教えろ。って言うてみれば?」と私。でも彼氏さんは仕事で忙しくてそんな暇ないんだそうです。

あぁ、そう。。。(苦笑)。。ですか。

あるイタリア婦人が、「最近は公園に行くと、移民であふれかえってるのよ。イタリア人は殆どいないの。しかも彼らの態度は悪いし、失礼だし、聞いたことのない言葉で話してるし。。だからだんだんイタリア人がいなくなってしまった。。昔はこんなことなかったのに。最悪よ。。」と嘆いておられました。まぁ、私もそんな移民ちゃんのうちのひとりだったりもするので、こういう言葉を聞くとちとココロが痛いですわな。

どうやら移民と自分たちの土地に住み暮らすイタリア人たちとは想いに距離があるようです。

自国を離れるのには、様々な理由が存在しますね。私みたいに、結婚したから。っていうのもあれば、国が貧しくてやって行けないから逃げてきた。とかとか。。色々です。まぁ、どんな理由があるにせよ、やっぱりその国の人たちに不快感を与える行動なんかは慎まなけりゃなりませんでしょね。って、自国ででもでしょ、こういうことは。

でもって、自分たちに手を差し伸べてくれるのは当たり前なんじゃない?と考えている人たち、いますね。下手すると、何やってもイイって思っちゃってるでしょ。アナタ。っていう人もたま~にいます。って、これは外国人に限らずですけど。

今までに聞いた言葉では、「私は貧しいの。どうすればいいの?」、「私は外国人だから言葉もできないし、大変なの。どうすればいいの?」「学校行っても、職があるかわからないの。どうすればいいの?」などなどですね。

どうすれば、いいんでしょうね。

彼らに共通してるな。と思うのは、自分で「どうすればいいの?」の答えを考えないことですね。考えずに、すぐ人に頼る。ということが共通してる気がします。

まず、自分で考えないと。。

考えて試してみてそれでもダメなので。。人に聞いてみる。っていう思考を持ち合わせてない人、結構います。こういう人が増えると亡国になって行くんだろな。。と、ひとり考えてしまってます。逆に、かなりがんばっている外国人も目にします。彼らは「どうすればいいの?」ってことは言わないな。言ったとしても、人に頼ろうという気みえみえってことはまず無いです。

先日、滞在許可証の延長のため、警察署に行ってきました。なんつーか、行くとドヨンとしてしまうんですよね。朝、整理券をもらうために並ぶのですが、その時にあるアフリカ系女性が後ろから「アタシ、アタシに券ちょうだい。アタシ、アタシ」と前の人を押しながら手を伸ばしてましたです。数人の人たちは、「待て、待て、みんな並んでるんだから」と言うもおかまいなし。ココ、こういう人との遭遇率が高い気します。この整理券の順番で待ち時間も大きく変わってくるしで、必死なんでしょうけど。。

環境によっては、順番を待つ。とか、公共の場でのマナーとかとかを学ぶ機会を持つのが難しかった。なんてのもあるのかもですが、゛郷に入りては郷にしたがえ゛って言葉もあるし。。。分かんない、かナ。。

あるイタ人に、滞在許可証を取るのが大変になってきてるんだよ。と言うと、いくつかの国をあげ、これらの国の移住者のせいで滞在許可証収得を厳しくしてきてるんだ。と説明してました。真偽のほどは定かじゃないですけど、そういう事実なのかorそういう風に思っている人がいるってことでしょね。

そうそう、日本国籍を持たない人で、生活保護を受けてる人が増えてるそうな。これ、もちろん税金から支払われてますね。北欧でも、失業保険やら生活保護を受ける外国人が、そのオイシサに味を占め、働かなくなる人も増えているとかで、そんなこんなから、外国人への引き締め策が強まっているんだとか。イタリアはどうなんでしょね。

なんにしろ、結局は自分たちの首をしめちゃうんだよね。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-03-20 22:53 | ひと
よりよい暮らしとは?
語学学校に行ったら、その日は私とルーマニア、チリ人女性の3人しか生徒がいませんでしたです。

これは絶好の機会だと思ったのか、ルーマニア女性がいかに自分は母国で苦労して、イタリアへきてまた苦労してるかというのを語り始めました。彼女は老人介護をしているのですが、どんなにこの人が我儘か、自分がどんなにフコウかを涙とともに語る。というより愚痴っておりましたです。

げんなり。。

スイマセンです。彼女の境遇は分かりますが、ほんとにゲンナリしてしまいました。。なもんで、聞いてみました。「イタリアへは、何を求めてやって来たの?」。答えは「より良い生活

まぁ、そりゃそうだろな。

質問を変えてみました。「あなたにとってのより良い生活とは何?」。考えてましたね。着るものがあって、食べるものに苦労しないこと。なんだそうです。

それも、そうだろな。

ルーマニアでは食うにも困るだったわけ?」と聞くと、ルーマニアは庶民の月給と物価に随分な格差があるそうです。貧富の格差もかなりある。とのことですね。って、こういう国は多かれ少なかれそうでしょね。でも、彼女は全くやって行けなかったわけではなかったようです。

じゃさ、イタリアへ来てから、あんさんが言うところのより良い暮らしができてるの?」と聞くと、考えてましたです。で、「貧しい国の人たちが一家総出で。。例えば。。イタリアへやってくるけど、その国の言葉も話せない。イタリアで働いて一家を養って行ける職能もない。っていうと、行った先の国は自国よりも経済は豊かかもしれないけど、その恩恵に与かるのは難しいんじゃないの?国を出てくるとき、そこまでは見通してないの?」と聞いてみましたです。

チリ&ルーマニア、むっとしてましたです。

そりゃ、そうだろな。

あんたは金持ちの国だから、そう言えるのよ。私たちは国でやって行けないから、逃げ出してくるのよ」とチリ人。

例えば、戦争や内戦状態にある国の国民が身の危険を感じて国を逃げる。というのは別にして、このふたりの話しを聞くと最低限の生活はどうにか自国でできていたようです。私の友人どもで、途上国で働いていた&いる話しを聞くと、逃げ出したくなる気も分かります。そして、よりより生活を求めに海外へ行く気持ちも分かります。

いやさ、逃げ出してくる気持ちは分かるよ。私が聞きたいのは、例えば、ひとりのイタリア人の平均月給だけで家族を4人も5人も養って行くのは難しいって言うのはよく聞くよね。だから共働きは当たり前でしょ。イタリアでイタリア人自体が゛職難゛でもあることは、分かるよね。それが、言葉も話せない、職能もない外国人が一家を支えて行けるだけの職を得るのは、かな~り難しいと思うわけ。でもさ、大抵は自分の国を出てくる前に分かることでしょ(ここで、ふたりは頷いとりましたね)。そんな状況を知っていたとしても彼らはやって来る。よりよい生活を求めて。だから知りたいのよ。よりよい生活とは何か。その国でやって行けると見込める見込みとはなにか?そして、移住した先でよりよい生活を手に入れられたのか?

゛希望゛よ。とか答えられちゃうのかナとも考えましたが、彼らは答えられませんでしたです。

以前にも、フィリッピン女性が延々と自国の窮状を語っていました。そして、「大学や専門学校を出ても職があるかどうか分からない。それなのに、大枚はたいて学校に行く意味はあるの?」と力説してたので、「あのさ、日本でもイタリアでも北欧諸国でも、アメリカでも、学校出たからって必ずしも希望の職に就けるとは限らないよ。でもさ、だからって理由で学校に行かないってんじゃなくて、少ない確率でも行くんだよ。だって、行かなかったら、その職に就ける確率はゼロでしょ」と言うと、北欧&イタリア人は「そうよ」と言い、フィリッピン人は黙ってましたです。

以前に、初対面の40代女性のアゼルバイジャン人に、「ねぇ、アンタ働いてる?給料どれくらい?職紹介してよ?」と聞かれたので、「何ができるの?」と聞くと、「なんでもする」と言われました。

そして授業の後では、チリ人が追いかけてきて、「職、なにかあったら紹介して。なんでもやるから」と聞かれました。彼女はまだ20歳なので経験もなく、どこも雇ってくれないそうです。「学校へ行きなよ。お金のかからない講座もあるしさ。大学を卒業するなり、専門学校で職能を身につけるなりしたら、生きて行く上での選択肢が増えるよ」と言うと頷いてました。彼女には、イタリアの大学一覧本をあげる約束をし、「まぁ、裕福なイタリア男性と結婚して優雅に暮らすって手もありかもね~」とふたりで笑い、別れました。私には、働き口を紹介してあげられるコネも情報もないです。なもんで、私にできるのはこんなことぐらいですね。

途上国で教師をしていた友人が帰国した際に会ったとき、「もうさ、少しでも助けてあげようと手を差し伸べるでしょ。そうすると、あっちこっちから、助けてくれ~、助けてくれ~ってさ。際限ないのよ。骨までしゃぶられるって感じだった」と語っていました。自分ができる範囲内で人を助けるのはOKですが、やはりできる範囲ってもんがあります。でもって、よりよい生活や人生のために努力していないで、口を開けて待っているだけの人には、やっぱり手をかしたくない心理が私にはあります(聖職者じゃなくて、一般のフツーの姉ちゃんの私が言う、心の狭い発言をお許しくだされ)。

日本も物質的に貧しい時代がありましたよね。でも、世界に裕福な国のひとつだと認められるまでになった。しかしいつまでたっても貧しさから抜け出せない国も存在する。なぜなんでしょかね。今の私には分かりませんですね。。
[PR]
by zefiro04 | 2006-02-23 20:43 | ひと
ノスタルジー
以前に一度会ったことがあるイタ人のお兄ちゃんをフと思い出し、相方に「彼、どうしてるの?」と聞いてみました。「空軍のパラシュート部隊に入ったんだって」と相方。

パ、パラシュート部隊、ですかぁぁあ~。声、ひっくり返っちゃいました。

こちらへ来たばかりの頃、ミラノ郊外の某パブに相方と剣道仲間たちと行ったときにウェイターさんをしていたのが、この彼なんですね。ミリタリーグッズと白黒のムッソリーニやらの軍人の写真で埋めつくされている店内は、照明の加減もあってか、いい具合にノスタルジー。

この彼さん、私が日本人だと知ると、「あんた、山本五十六って知ってる?」と近寄ってきたので、「もち、知ってるわよ。私の恩師が五十六の娘を知ってるのよ」とか言うと喜んで、「日本はな、山本五十六ってスゲー日本人がいたからスゴイんだ。あいつはな、アメリカの艦隊を破ったんだゾ」と少し興奮気味に話してくれました。店内には、もちろん五十六氏の写真も飾ってありましたね。

あとで知ったのですが、実は彼、ここのパブのオーナーだったんですね。今はここを奥さんに任せ、自分は空軍のパラ部隊で毎日パラシュートで落下練習しているらしいです。

空軍のパラ部隊って、エリートなはずなんだけど。。。徴兵がなくなったから、人手不足なのかね。。」と相方は首を捻ってましたデス。。。

帰り際に出入り口まで送ってくれて、「ベルリン、ローマ、トーキョー」と私に向かって叫んでました。。。そういえば、タケシもどっかの映画祭の授賞式のときに、これに絡めたギャグ言うて、ドン引かれてましたね(通訳が悪かった。なんて話しもありましたっけ)。

そうそう、こちらでは「ムッソリーニカレンダー」なんてのが売ってたりします。
ムッソリーニライターなんてのも見かけたから、ムッソリーニグッズが出回ってるみたいです。もし日本でトージョーヒデキカレンダーとか売られてたら、社会問題とかになって非難ゴーゴーになってる気がするんですが、こちらでは特に問題ないようデス。

イタリア人は別になんとも思ってないよ。まぁ、あれは戦争で、ムッソリーニは国のために戦ったんだからさ」とは、そこらのイタ人に聞いたときの答えであります。
[PR]
by zefiro04 | 2006-01-17 20:42 | ひと
ある装丁家
ャッ、ジャッって音がね、毎日近所の庭から聞こえてくるんだよ。この人、絶対に日本の禅の庭のことなんか知らないのに、庭には砂利が敷き詰めてあって、禅の庭みたいにしてるんだ。そして、禅の庭のように線を描いてゆくんだ。僕ね、この線を描いてゆく時の音を聞くの好きなんだ。聞いてると、なんだか穏やかな気持ちになれるんだ」

ひょんなことから、某大手出版社に勤める装丁家さんと話す機会があり、その折に彼の口から出た話題であります。以前から顔見知りではあったのですが、こんなに話しをしたのは初めてでありました。この装丁家さん、日本の精神性や骨董系に興味アリアリの、60歳前後と思われる知的な雰囲気漂うイタリア人男性。

そんな彼と炎天下の中、暑い暑いと言いながらも話し込んでしまいました。
私には砂利に線を描いてゆく音に静かに耳を傾けている姿や、職場では彼言うところの「カミザ」に座っていて、(上座とは後ろに壁のある席だと思っているようでしたが。。。)その壁にちょこっと腰掛けられる小さな箱を置き、時間を見つけては、こっそり黙想をしている。なんて話す彼は、「あまり人と話しをしない人」なんて周囲から思われてもいるようですが、これだけ知的で洗練された感覚を持ち合わせていたら、大勢の中にあって誰とでもあたり障りなくおバカ話しに興じるのはちょっとムズカシイのかもなぁ。と感じてしましました。人によっては、そんな彼をちょっと変わり者と思っている人もいるようですが、私には朴訥で深く確かな知性を持った方に思えました。

周囲の人は普段はあまり話しに入ってこない彼が、イタ語の怪しい私と小一時間も話し込んでいるのを見て、不思議に思ったようであります。私のイタ語の実力はお粗末ではありますが、色々なことについてじっくりとイタリア人なりと話し込んだりということは度々あります。私が相手だと、忍耐してもらわにゃならんこと色々多しなのですが、自分の意見を良い悪いは別としてしゃべくりまくるのが面白いらしく相手してもらえたりします。いやはや、ありがたや~。彼とは、日本とイタリアのことについて、お互いに面白いと感じた違いや文化の取り入れ方、自分自身の意見などなどを滔々と思いつくままに話し合いました。時間が過ぎるのを忘れるとはこのことですね、ってくらい文法はめちゃくちゃでしたがしゃべくりまくってしまいました。

そうそうこの紳士、ミラノのとある禅の庭を模した公園を教えてくれました。
彼はここで、出勤前に一服して心を落ち着けてから会社へ向かうそうです。

「僕にとっては、楽園」なのだそう。。。

そんな彼が好きな装丁の仕事は、スパイ小説なのだとか。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-22 04:23 | ひと
漢字を彫る人
突然、「信仰・愛・希望」の漢字を教えてくれ!
と、見知らぬイタリア-ナから電話があったのは一週間ほど前であろうか。

メ-ルで返事をしたが、私の方のメ-ルの調子が悪いらしく届いていなかったらしい。
かなり焦った様子で「お願い、助けて!」とまたもや電話があったのが昨日のバレンタインデ-。
そして電話の30分後には、我が家の玄関に立っていた。
彼女は、小柄でよくしゃべるイタリア人女性。

なんでも、刺青をするために「信仰・愛・希望」の漢字を知りたかったのだそう。

この聞いてきた漢字は、女性戦士の図柄と一緒に背中に彫るのだそうだ。

「やめんしゃい!、親が泣くでしょ」と私。
「泣かないわよ。どうしても彫るのっ!これが最後」彼女は横腹にもすでにトラの刺青をしている(見せてもらった)。
「じゃ、彫るなら日本で彫りなよ。彼らなら、漢字間違えたりしないし」

この案には、遠すぎるから。の理由で却下。
彼女曰く、リグ-リアに有名な彫り師がいるのでそこに行くとのこと。

「リグ-リア!!そんな遠くまで日帰りで彫りに行くの?そこまでして、何で彫りたいのよ?彼のため、とかそういうの?」とお節介で知りたがりな私。
「違うわよ。男なんて変わるんだから、男のために彫ったりしないわよ。ある本を読んだの。私はこの刺青で自分を変えたいの。決意なのよ」。

決意系か。。。
そういえば、懐かしのNHKで決意系の人々を放映してたッケなぁ。。
確か生きる証として刺青をする人とかとかだった記憶が。。。ウロ覚え。。

そして今日、片手にワインを持って、確認のためにもう一度やって来た。

彼女は、背中に彫る予定の女戦士の図柄を見せ「どお思う?」と聞く。
「きれいじゃん。イイと思う」と言うと、「そうでしょ~」とニッコリ笑った。

彼女が漢字を使いたい理由は「美しいから」とのこと。
日本にとても興味がある。とも言っていた。
ヘンな国」だからだそうだ(笑)。

彼女は自分も漢字を覚えられるか?と真面目な顔で聞いてきた。
「さぁね。でもそれだけ興味を持ってるんだからイけそじゃない?」
と、その後30分ほど彼女が持参した漢字のコピ-を見ながら話しをした。

「漢字は沢山あるけど、たとえ発音を知らなくても私たちは大体意味が分かるのよ。
例えば、魚っていうのはサカナなの。この漢字がついたものは魚に関係するものだなぁ~って、なんとなくイメ-ジできるのよ。スシって、魚って漢字とウマイの旨いが一緒になって鮨。(彼女のプリントに載っていたものを例えに話したので、寿司については触れていない)。難しそうに見えるけど(難しいが。。)とても遊びのある言葉なのよ」

漢字はこちらの人々には中々に魅力的にうつっているようで、様々な場所で「漢字」と出会う。

大学生のリュックサックに「俺」とサインペン書きされていたり、
ブリ-フケ-スに、雑誌の切り抜きの「寿」を貼り付けていたり、
つい最近までマクドナルドでは、「日本」を銘打って、サムライシェ-クやら春巻きの商品ポスタ-に「美味しさ」「楽しさ」などと印刷したものが店頭に飾られていた。
銀行のガ-ドマンの野太い首筋に縦書きで「復活」と刺青しているのも見たことがある。

大抵の人はファッションのひとつとして漢字を愛好するのだろうが、
彼女のように本当に何かを変えたくて、自分の肌に刻むものとして漢字を選ぶ人もいるのだろう。「異文化、新世界イコ-ル新しい自分?」。

私には本当のところは分からないが、彼女がこれで大きく変わりたい自分になれればいいのではないか。とも思う。

帰り際に「彫り終わったら見せてあげる。連絡するから待っててよ」と手を振り帰っていった。

彼女が置いていったワインには小さなカ-ドが添えられていて
「Grazie mille per la disponibilita e la gentilezza!」と書かれていた。

このワインは彼女の新しい門出を祝って、一緒に飲もうと思う。
[PR]
by zefiro04 | 2005-02-16 04:52 | ひと


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング