伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
カテゴリ:そんな旅もありました( 19 )
ただ今、帰国中
10日の朝に日本に着いたとき、あまりの湿気の高さに、「出直してきまッス~」と、イタリアへ戻っちまおうかと思いもしましたが、出迎えにきていた両親の顔をみたら、「まっ、いいか」という気になり、ただ今帰国中。

空港でハハ、すでに半泣きでありました。「絶対ね、どうでもいい小汚い格好で、くら~い色の服を着て出てくると思ったのよ~。やっぱりね。。ほんと、変わんないね~」と懐かしがっておりました。

私の気持ちはビミョ~。。。コ、ギタナイ??

まっ、でもやっぱり家族はよいものであります。久々の我が家は落ち着きますね。前はかわいかった飼い猫がタヌキのようになっていたり、イタリアのドラマよりもベタと思える韓国のドラマをハハが食い入るようにみていたり、お札が変わっていたりなどなどには月日の流れを感じて浦島花子状態であるものの、そこは母国。すぐに慣れてしまいました。

今は近所にできまくっている温泉チェックや、友と会ったり本読んだり猫と遊んだりしております。今週来週はそんな感じで過ごし、再来週くらいから出来れば旅費の一部くらいは稼ぎたいと、相方がこちらにやってくるまでにちょろっとバイトなぞできればなぁ、などと考えていますが、どうなることやら。。と、そんなこんなでありまする。

そんでもって7月18日の祝日に、北千住から東武伊勢崎線で約10分ほどのところにある新田にて、フリマ姉さんとして働きつつも、フリマ出店もする予定(雨天中止)。

イタリアから雑誌、マンガ、小説などなどをほ~んの少しですが担いでまいりました。このお陰で予想外だった超超過料金を空港で取られてしまったため、当日は値引き不可でありますが、真夏のフリマでぷらぷらしてみるのもまた一興カモ(?)と思い、ちょっと宣伝してみて候。他はほんとに自宅の不用品のオンパレ-ドでありますが、よかったら、お越しくださりませな。

ご興味ある方は。。
<リサイクル運動推進事業協会 関東第4支部の7/18、《草加新田イト-ヨ-カド-会場》>
電話:048(682)2728(AM10-PM5:※土・日・祝定休)
HP:http://www.r-kyokai.com/ に詳細が掲載されています。
[PR]
by zefiro04 | 2005-07-15 08:44 | そんな旅もありました
"お得"考
さてさて、帰国にあたってまず気になるのが、我らのマイルカ-ドは今回の飛行機に適用できるのか?というものであります。ポイント事情に疎い私ですが、付けれるものなら付けて欲しい庶民な自分。以前はそんなんド-デモイイ派だったのですが、その昔、ちょこっとやったクレジットカ-ドのバイトですっかりポイント狂に。

そこで気付いたのが、いかに世の皆様がポイントや特典にビンカンかっ、ということでありました。しかも、小金持ち~お金持ちほどポイントには敏感かつ厳しく賢く活用なさっている模様。

友人に、数年前までパリのド真ん中にお住みになっていたお嬢がいたのでありますが、彼女、お父サマのご威光により、審査が厳しくて有名なクレジットカ-ドのゴ-ルドカ-ドに始まり、ズラリと主要どころのゴ-ルドファミリ-会員でありました。それぞれのカ-ドの長所短所を知り尽くし、そりゃあ上手く持ちカ-ドを活用なさっていたのには脱帽であります。

カ-ドというのは、使わなくても中々に使い勝手のあるものだそうです。
この友人曰く、「自分の友達がきたときには、事務所で地図もらったりしてる」とか、お食事処なんかを調べてもらったりと、コンシェルジュがわりに気軽に利用したり、緊急時には、日系のクレジットカ-ドの事務所へ赴き、日本語で相談などなど、使わにゃソン。ってくらい使いたおしてました。それに加え、友人に某カ-ド会社勤務ってのがいて、「カ-ドとは?」なんて話しをするうちに、私の頭には、「実際に使用しなくても、使いようによっちゃお得なもんらしい」とインプットされたのであります。

そんなこんなな日本のお得なサ-ビス事情をイタリア人に話したらポカンとされ、「どうして、そんなにサ-ビスしてもらえるの?」と質問されてしまいました。

イタリアには日本のようなポイント貯めて云々やサ-ビス。。。ってのは存在しないのでしょうかね。スーパーやシリアルとかのポイント貯めてっていうのはよく見ますけど。。。

そうそう、マイルカ-ドですが、今回はスカンジナビア航空に乗って帰国するので、我らの持っているエールフランスとブリティッシュエアウェイズではマイルがつかない。。。。なもんで、スカンジナビアと提携している全日空のマイルカ-ドをつくってみました。不満といえば、マイルに期限があるということでしょうか。

では、日本人の私にお得なカ-ドとは?

と考察してみて、やっぱりJALとANAの日系モノがいいような気がします。このふたつを持っていれば、大抵の路線はカバーできるし。といっても、私の行動範囲でってことですけど。。。

それと、マイルもしかりですが、やはり気になるのが航空運賃。
友人が教えてくれた激安サイトを見るも、やはり日本までってのは見つかりませんでした。。。で、アメリカ経由でこの手の激安チケットを乗り継いで行く。というのも今回考えたのですが、相方に、「一日かかるよ。。」と言われ、「それぐらいだったら大丈夫」と答えてしまえる自分にちょっと慄いてみたり。。。以前のったパキスタン航空での体験
が、私を世間人並みの感覚から遠ざけてしまっているようです。。イカン、イカン。。ということで、アメリカ経由は却下となったのですが、やはり大国アメリカ。アメリカ発着の激安航空券はとても多いし、探しやすい。

アメリカ発着モノだと、時に無料なんてのも出てきます。
これはク-リエチケットと呼ばれるもので、私たちの荷物分を某会社に提供するかわりに、座席分のチケットを無料もしくは大幅値下げしてくれるものなんですね。ということは、荷物は手持ちのみ。ってことになりますけど、ちょろっとどこかへ行くのにはお得ですわな。

これが日本-イタリアってなると、中々難しい。国力か。。。なんなのか。。。
日本からだと、特にミラノのマルペンサってのはロ-マのフィウミチ-ノに比べるとお得感のある激安航空券が少ないようであります。

なぜか?

旅行会社の人に聞いたところによると、フィウミチ-ノはデカイんで、激安航空券を出せる航空機の発着も頻繁だからなそうな。マメにチェックしていると、冬ごろに、成田-ロ-マ往復¥39800!なんてのも出てきたり。たま~にではありますが、出物の出現確率も断然マルペンサよりも高い気がします。他にもオ-クションサイトで、マイルで得た航空券を売りに出してるのとかも見かけますが、小心者な私は、なんとなく手が出ずじまい。こういうのってどうなんですかね。

考えはじめたり、調べ始めたりするとその底知れぬ奥深さに目まいを感じるほど深淵な世界であるようです。
[PR]
by zefiro04 | 2005-07-06 18:00 | そんな旅もありました
カンコウタイコクにはまだまだ遠い?
実は、私の唯一の日本語の教え子が3週間ほど東京の日本語学校に通うため来日するのであります。関東の夏の暑さを体験するのは辛かろうと春をススメましたが、仕事の都合でどうしてもこの時期でなくてはダメなのだとか。

ということで、微力ながらも情報を探したりと奔走(というほどではないけれど)しているわけですが、どうにもこうにも、東京って土地は『』を探すのが難しい。滞在期間が3週間というのと、要日本在住の日本人の保証人ってのがネックになっているらしい。もちろん、どちらも問題なし。なんてところもあるけれど、そんなところはかなりお高かったりして、上手く行かないのですね。

本人の希望は、ホ-ムステイ以外で安いところ。

ウィ-クリ-マンションに私が予め空き室状況などを尋ねる質問を用意し、彼がいくつかの不動産屋に送ったのですが、勤勉・誠実・信頼なんてのがウリだと思ってた日本の会社の対応の悪いことにふたりで辟易。。。返事が来ない、遅い、表現がまわりクドイ。。。なんて当たり前。

外国人ハウスなんてのにもあたってみましたが、期間がネック。予約が入居2週間前からでないとダメ。などなど、7月下旬出発の彼は「これにかけて、もしダメだったら。。。」と青色吐息。。

他にもル-ムシェアや掲示板に書き込み、連絡するも、上手く行かず。こうなったら、どっかの安宿でも。。。とのことには、「東京は安宿でもボクには予算オ-バ-」とのこと。非常に安い宿が集まっている地域を知っているには知っているけれど。。。ここは「キケン地帯」と言われるところ。。。かわいい教え子に勧めるわけにも行かず。。。確か、六本木の駅の近くに外国人のために尽力している不動産屋があったと記憶するも、店名思い出せず。。。

日本を観光大国に、なんて政府の広報があったけど、ほんとに大国にする気はあるのかしらん。。。

こちらに出ている日本のガイドブックを見るも、「まぁ、型通り」。
イタリア人が日本旅行に行く、というので一番に思い浮かぶのは「お高い」ということらしい。ここんとこを突いた「安い」をテ-マにした日本旅行ガイドブックなんてのは、こちらではまだお目にかかったことナシ。

たまに聞かれる東京情報は、私は楽しく・安く・お得にをモットーに、自らが苦労(楽しんで?)して集め、体験した情報を元にエセ指南をすると、意外にもウケがよい。そんなキバッたことでなくてよし。

ほんとに残念、東京ほど見所満載で様々な要素が混在する都市も珍らしいってのに、肝心要の泊まる(お安い)ところの情報のなんと少ないことか。。。そして、対応のニブイところのなんと多いことか。。。これって、ガイジンだから?期間がダメ?日本在住の日本人の保証人がいないから?

彼は、「こんなに家を探すのが難しいなんて、思わなかった。。。ボク、橋の下で眠っているかもしれません。。。」との一言を残し帰って行きました。次に会うのは東京で、と約束したのですが、ほんとに会うことができるのか心配。。。

日本に憧れ、忙しい仕事の合間を縫い勉強を続けてきた日本語。
この滞在を機に、「日本語辞めます」なんてことにならなきゃいいんですけどね。。。

自分のことで忙しくもありますが、もうヒトフンバリ探してみますかね。
[PR]
by zefiro04 | 2005-07-02 21:20 | そんな旅もありました
ハウスマネ-ジャ-の使命
飛行機のチケットが手元に届きました。

どうやら、帰国できるらしいです。

早速、後からやって来る相方と滞在中の日程を決めようと話し合いをするも、頭の中は剣道と買い物のことで一杯らしく、いつもあらぬ方向に話が飛んでいってしまい、日程が中々決まりませんです。。。トホホ。。。

今回はふたりなので、相方は「日本のいろんなモノを二人分持って帰れル~!うれしい~」なんて大迷惑なことを考えてるらしい。私は私で、実家の書籍や楽譜などなど、嵩張るものを少しでも引き上げてきたいのに、そんなこと彼の頭には微塵も浮かんでいないらしく、「ツマ=運び屋」などというケシカランことを考えているみたいであります。

例えば・・・
水引箪笥、関西火鉢、酒樽、こたつ、もんぺ(生地はトンボ柄を所望)、食器類、剣道防具一式、鎧一式。。。などなど、などなどなど。。。

●鎧はさすがに自分の欲しいものと予算が噛み合わず、今は我慢と思っているらしい。その上、狭いしね、うち。。。
●防具は次回に購入予定だそうですが、"出会い"に恵まれれば今回買っちゃおうかなぁ。なんて目論んでいる模様。
●箪笥は思い出したように口にするのですが、現実的に考えて我が家に置き場所なし。ということは分かっているらしい。

問題は、やはり火鉢と酒樽か。。。

火鉢は、相方によると関西と関東火鉢ってのがあるらしいのです。私の実家にも火鉢があるので、それ持ってケ。と言ったら、「君んちのは関東火鉢なんじゃない?僕の欲しいのは関西火鉢なんだよね~」とのこと。

関西火鉢とは、『銭形平次』で、子分のはっつぁんが「お、親分、てぇへんダ---!」と駆け込んでくるときに、平次が自宅で机のようなデッカイ火鉢の前でキセルふかして、「まぁ、落ち着きねぇ。はち」っていう場面に出てくるアレらしい。

あれって。。。デカイ、でしょ。。。。

実は前回、全国の骨董屋さんが集まってくるので有名な、数ヶ月に一度開かれる東京流通センターの骨董市で、相方は運命の火鉢と出会っているのであります。

彼は買う気まんまん、おやっさんは売る気まんまん。。。
で、おやっさん:「オネエちゃん、これはお買い得やってちゃんと訳してんかぁ、でぃすぃいずべりぃちーぷヤデ~ガイジンはん!」。サスガ関西人、商売上手(京都からの出店)。相方が日本語できんで良かった~、とこの時ほど思ったことはありませんでした。

もちろん私は訳しませんでしたです。ハイ。

そうそう、このおやっさんによると、火鉢はガイジンさんに人気の商品で、彼らはどうやって持ち帰るのか分からないが、手で持って帰る。と話してくれました。って、どうやって持って帰るんでしょね。。。と、「ガイジンさんは、火鉢をワインク-ラ-なんかにして使うんだよね~」なんてこともおっしゃってましたです。アイデア、ですね。

そんな経緯もあり、今回は密かに火鉢のお持ち帰りを狙っているらしいのであります。。。(溜息。。)。ほかにも、東京某所のごみ捨て場にて、これまた運命的な出会いをしたと思い込んでいる(我が実家の庭にて多分腐っている)『酒樽』とのご帰還も計画中。。。先日も、「サケタルくん、元気かなぁ」と、持ち帰り後のサケタルくんをいかに活用するか、あぁでもないこうでもないと、「もう腐ってるよ」との私の言葉は聞き流し、ひとりで熱く語っていました。

ハウスマネージャーの我が立場といたしましては、予算的にもスペース的にも、断固として相方のタクラミは阻止せねばなりませんです。

その上、彼はたまにヒョッと「どうしてよ?」ってものを欲しがったりすることがあり、ちょっと気がきではありませんのです。前に、「日本のタケ(竹)が一番キレイだから、種を買って帰りたい」と近所の花屋さんへ。竹って種だったケ?との疑問が浮かびつつもカウンターのおばあちゃんに尋ねてみると、「竹は種じゃないよ。よかったらうちの土地に竹が植わってるから、小さいの持って帰って植えればええよ」と、を貸してくれ、広大な竹林を指さして言うてくれました。いや~親切。とは感じましたが、この場合に限っては不親切の方が私にはありがたい。。。そして差し出された鍬を「ハイ、がんばって」と私に手渡す笑顔の相方。。。もちろん、「自分で掘らんカイッ!!」と突き返しましたが。。。

竹って、「地震が来たら、竹林に逃げろ」という教えがあるほど、根がはってるんですよね。。。この後、相方は1時間以上かかって竹を掘り起こしてましたです。帰りは税関でひっかっかるかな?と心配もしましたが、無事日本を脱出し、今は彼の実家の植木鉢に半死半生状態で置かれてます(波乱万丈な人生ですよね。。この竹くん。。)。

昨夜、竹のある場所をふたりで通りすがったとき、「あっ、竹だ。やっぱりいいよね~」の言葉に、なぜかビビッてしまいました。「まさか、また掘って持ち帰るって言い出すんじゃ。。。」。。。

今回の彼のおみやげ計画、どのように阻止しようかと、今から頭、痛いです。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-06-30 16:40 | そんな旅もありました
航空券
焦っていますです。
帰国のための航空券をとりたいと、インタ-ネットで。。。と思ったら、またもや毎度のことながら、予告なしに使えない。プロバイダーからは「いつ使えるようになるか分からん」と無碍なお言葉を頂き、アセアセしながら、ひとりお茶する時間にこれを書いております。

いやぁ、それにしても夏の航空券は高いですね~。
目が飛び出ます。

今はどうか分かりませんが、旅行会社のお兄ちゃんが教えてくれた三大激安航空会社は、大韓・マレーシア・パキスタン航空なのだそう。

私は、夏のハイシーズンにパキスタン航空を使って、かなりお得なお値段でイタリアへ来たことがあります。旅行会社のお兄ちゃんには、「イタリアへ行くのにパキスタン使う人は殆どいませんよ」と言われたが、安さにひかれ、使ってしまいましたです。あの時の道中を振り返ると、「よく生きてたよ。私。。。」と思えるほど、JALやヨーロッパの航空会社にはない醍醐味(??)がありました。。。

それにしても、イタリアは遠かったぁ。。。。
遅れに遅れて、待ち時間も含め、片道約40時間もかかっちまいました。

いやはや書ききれないほど、色々ありました。。。
その上、帰国の際には、トランジットでカラチに寄った時に食べたカレー(激ウマ)についてた水を飲んで(決して生水を飲んではイケマセン。鉄則デス)、帰国後2週間はコレラかもしれないから、と自宅軟禁。コレラではありませんでしたが、かなり近い症状で、軟禁中は、コレラ決定後の隔離に備え、苦しい症状にもんどり打ちながら荷造りし、病院に毎日「菌は培養されましたかぁ~」と半泣きで電話を掛け続け、家族には罵られ。。。というおまけ付きでした。。。まったくもってトホホな体験。。

そうそう、このパキスタン航空、機内食が激ウマなのですよ。カレー好きの私にはたまらないものでした。しかも激安航空券。。。で、9.11のテロ後なのですが、もう一度旅行会社に問い合わせたところ、「就航してますが、命の保障はありませんよ」とのことでした。今はどうなんでしょうかね。

しかしひとりならともかく、行きか帰りの便は相方と一緒となるとなぁ。。。
なんともムズカシイ。。。

友人の中には、ロンドン~カサブランカまで、バスで吐き続けながら3日間かかって横断し、「イタリアからだったらたったの2日で行きますヨ~。近い、近い。ワハハ」と笑顔で語る友人や、ひとりジャングルに分け入って生活し、コブラと対決した、とか「やっぱ、水牛には驚くヨネ~」なんて言うてるのやらがいるので、旅なんてそんなもんと思うてたのですが、どうやらこれらは結構ハードな部類に入るらしい。。。なもんで、飛行機についても、ただの交通手段なんだからなんだってイイじゃん。なんて思ってたんですけど。。。。

う~ム。。。
どないしよ、航空券。。。

友人のキューバ人に航空券の話しをしたら、ネットで前日取りの安いのがあるので、それで行け。と言われたが。。。旅行会社に電話をしたら、遅くとも6月頭までに抑えないと。。。とも言われてるし。。。

あぁ、比較検討したいのにネットが使えませんデス!

イタリアよ、なぜにそんなにスローなの?
早く繋げてインタ-ネット    zefiro04
[PR]
by zefiro04 | 2005-05-16 20:37 | そんな旅もありました
ヨウコソ、ニッポン!
知人のイタリア人カップルが、東京と京都に桜を見に行く、というので、「東京ネタ」を話しにお茶してきました。

「東京」と言っても様々な要素の混在する町を、どう効率よく楽しく、お安く回るかにはテクがいる。お金を払えば大概手に入るし、大抵OKでありましょう。でもそんなツマンネ-ところは私としては紹介しとうない。。。

学生の頃、金食い虫大学に通っていたため、普段はいかにして出費を抑え遊ぶかに心を砕いていておりました。卒業後もそれは変わらず、電車で行くべきところを徒歩で、はたまた弁当持参で友達と遊びに行ったり、お金を払うにもそんじょそこらには納得しないで吟味して使っていたので(注文してから材料買いにゆく喫茶店とか、相手の顔が見えないくらい暗い喫茶店とかとか。。なんだよソレッって感じですが。。)「今時」のお遊び処には疎いが、自分(の中)ではイイつぼ処を知っているつもりであります。

本当は誰か紹介して、予定があえばちょっと案内頼もうかとも思ったのですが、その手の場所に通じている友人は、残念ながら日本語以外はダメ。ある程度語学のできる友人は、アイデアがいまひとつ。両方兼ね備えている友は他国の住人。。。ムズカシイですな。。。

自分としては、上手く予定があえば、消え行く日本文化の見世物小屋とか、時の流れと逆行しているような町とかとかを紹介したかったのですが、なんてったって初めてのニッポン。私の偏った趣味を押し付けてもなぁ。。と思い直し、とりあえず希望を聞いてみました。

桜が見れて、う~ム。。。ってなかんじ。

彼さんは、「マンガの安く買えるところ」との希望だったので、コスプレ店員がいて、この店以外にもプラプラできる場所を教えてみました。コスプレ、という言葉にえらく目が輝いていたので、満足の行く情報だったらしい。よかった。

彼女は家に飾れる印刷物ということだったので、場所による価格や品揃えの違い、骨董市やフリマなどを紹介。そこで相方が、浮世絵の作者による値段の違い、品質や年代の見分け方、紙質、などなどの講釈をたれたのですが。。。長い。。。その上、マニアすぎて皆で眠くなってしまいました。。。彼女のこの情報に関する満足度、不明。

このほかには、相撲部屋の無料見学や、死ぬまでには絶対行かねば!と固く心に誓う日本が誇る(?)奇祭「かなまら祭り」(この時期、週末は趣味も兼ねてのフリマのバイトで忙しかったため行けなかったのです。。無念。。)なんてのを教えてみましたが、まぁ初めての日本旅行だし、行ってみれば自分たちで行きたいところも湧くであろう、と結構イイ加減な指南役をしてしまいました。

そうそう、「イタリア風な町に行ってみたいか?」と聞くと、顔をしかめて「そんなニセモンに行ってどうすんの」と大不評でありました。私だったら、もしイタリアに日本の町を模した所があったら、ひやかしがてら行ってみたいけどなぁ。今までに何人かのイタリア人に聞いてみましたが、皆に大不評でありました。

あとは、旅行に際しスグ使える日本語を教えてくれ!とのことだったので、そんな俄か勉強でスグに忘れるもん教えてもなぁ~と(ただの怠慢)、一冊の会話集
を貸してみました。これがかなり気に入ったらしく、大満足のご様子。よかった。。。もし、その会話集を手にウロウロしているイタリア人カップルを見かけたら優しくしてやって下さいませ。友人です。

まぁでも、あの日本の桜と温泉、これだけ見て、体験できれば良しであろう。とも思ってみたり。この時期に日本で過ごせる彼らを羨ましく感じてみたり。

日本と四季の似たイタリアにて、我が家の頭上を飛び交う飛行機に、目を細めておりまする。
[PR]
by zefiro04 | 2005-03-21 07:19 | そんな旅もありました
悠久の流れに架けられた橋
数年前、友人に誘われ車で北イタリアを2~3日まわったことがある。
その途中で、「紀元前に造られた橋があるので、見に行こう」と誘われ予定になかった場所を訪れることになった。

彼女は知り合いの建築家に一度連れて来てもらったことがあるそうだが、私と二人で行った時には場所の記憶はおぼろげで、道すがら人に聞くも地元の人でも知らない人がいたりと目的地に辿り着くまでには少々難儀した。

彼女は「知らない」と答えた地元の人に小さく「恥ずかしい。。」とつぶやいた。

橋はさほど高くない山の中腹あたりにある。橋のすぐ近くには2、3軒の民家があるが、周囲は山、山、山に囲まれていて、視界に入る色は木々の緑一色といったところ。

民家から数十歩あるくと、橋がある。

橋だ。。。

茶色く頑丈そうな橋は隣の山とに架けられている。
見た瞬間は心動かされるものは何もなかったが、紀元前に架けられた橋の歴史に想いを馳せると、橋を行来きした人々、動物がゆらゆらと立ち昇ってくるようで、自分の属している世界観が揺らいでくる気がする。

ざぁざぁざぁざぁざぁ

橋の下を途切れなく、激しく水が流れ、みずの音以外には鳥のなき声、木々が風に吹かれた時に揺れる音のみ。。。

落ち込んだり、嫌なことがあるとこの橋のことを思い出す。

嫌なことが消えるわけではないし、落ち込みからすぐに立ち上がれるわけでもないけれど、そんな悩みが小さく、ほんうとに小さいものに感じられ、重かった何かがふわんと軽くなる気がする。。。

帰国後、本屋でこの橋のことが書かれているガイドブックや本を探したが、見つからなかった。しかし今もこの橋は存在し、人知れず山奥の中でひっそりと時を見守り続けている。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-01-14 04:41 | そんな旅もありました
神のジオラマ
1月初旬の天気の良い寒い日、思いもかけず車で山を登る機会を得た。

ウィンタースポーツと温泉で有名な町の麓から、車で20分ほどのぼったところに、
バーベキューのできる小さなピクニック場がある。といっても、火をおこすための石を積み上げたバーベキュー台と椅子とテーブルーがいくつか置いてあるだけだ。

四方はアルプスの山々に囲まれ、空は真っ青。ひとつの雲も浮いていない。
山々は太陽の影の加減で大きく表情を変える。
日が当たらないために雪が溶けず真っ白であったり、その反対に日が燦々と当たり、深い緑で覆われているもの、砂の地肌が見えているもの、表情は様々だ。

それにしても静かで。。。。信じられないくらいの静けさで、風もなく、
何も動くものがない明るい日の光の中、寒さに震えていたら、不思議な感覚に襲われた。

「神がジオラマをつくっていて、その一部の飾りとして私たちを置いてみたのじゃないか?」

本気でそう思えるほど、非現実的に美しい景色の中にいた。

そんなことを考えいて数分がたったころ、親子連れ三人がやってきて車を降りた。
私たちの座っているところからだと、彼らは私の親指第一関節ほどの大きさだ。
けっこう離れていると思うが、彼らが歩く時に蹴る砂の音が聞こえる。

ジャッ、ジャッ

その音が遠くから聞こえてくるのか、近くからなのか音の距離感がつかめない中、
隣に座っている相方に
「この景色って、神がつくったジオラマみたいじゃない?神がこの山のどこかから覗き込んでたりして~で、やっぱり人でも置かないとさびしいからってことで私たちがいるわけよ。どお?」と言ってみたら
「ディオラマ。。。プふふふふぅ。。」
「。。。?もしかして、神のディオとかけてディオラマとか言っちゃった?」
「そうそう、プふふふふ」
「ハぁ。。。。」

アダムとイヴの話しがあったけど、神は彼らを創る時に性格や個性はインプットしたのだろうか。。。していたとしても、相方のようではないだろな~と、ディオラマの一言で現実に引き戻され、フッと思ってしまった。

それと、「あれっ」と思ったことがある。
ここにはひとつもゴミ箱が置かれていないのに、ひとつもゴミが落ちていないのだ。
これだけの美しい景色を前にすると、ゴミを捨てる気が起きないのだろうか。。。
それともこの景色はやはりディオラマで、ゴミは神の望む存在ではないということなのか。。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-01-11 05:06 | そんな旅もありました
図書館へ行こう!
私は図書館が好きで、イタリアへ越して来てからは
家の近くの小さな図書館と、語学学校のある町のちょっと大きめの
図書館へ通っている。

図書館に本があるのは当たり前だが、なにがイイって、
図書館は、ロ-カルネタの宝庫なのだ

個人の掲示板も設置されていて(木の大きな板が立てかけてあり、
情報を載せたい人は、そこに勝手にメモなりを残してゆく)、
「数学の家庭教師やります」や「自家用ボ-ト売ります」などなど。。
見ているだけで楽しい。
(図書館ではないが、ス-パ-の掲示板に「ヤギ、買います。
購入期限はクリスマスまで」
なんてのもあった。。。)

その他には、図書館主催のハイキングなんてのもある。
その町、もしくは近郊を、ガイド付で連れて行ってくれるのだ。
半日、一日コ-スなど予定により異なるが、大体10ユ-ロくらいが相場らしい。
旅行会社に頼むよりも格安だろう。

夏場には、夏オペラで有名な「ヴェロ-ナオペラ観戦ツア-。チケット&バス往復
代金込みで44ユ-ロ」なんてのもあった。

語学留学してる時間もないけど、普通の旅行じゃモノ足りん。
なんて人は、滞在先の図書館を覗いてみてはどうだろう。
申し込み期日は前日までといのも多いので、開催日と旅行日程があえばラッキ-。
プチ留学気分も味わえるし、なんてったって格安&ロ-カル&ガイド付(イタリア語)。
参加してみるのも一興ではないかしらん。(参加自由、要申し込み)
[PR]
by zefiro04 | 2004-11-13 05:43 | そんな旅もありました


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング