伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日本人にとって学びやすい言語ってあるのでしょうか。
カナシイことに、私は執着とか、ヤル気とか、意志とかとかがいやにウスイ。。。

これって、嫉妬や恨みつらみやらのツラソ~な感情からは遠いかわりに、
執念とかに欠けるぶん、何かを成し遂げるのが難しいという難点があるのですよね。。

これが語学に悪い方にてきめんに出ている。

「やったろーではないのっ!」ってのが、全くない。。。

先日、イタリア人高校生たちのインタビューを受けて、
自分のダメダメな語学力を晒けだしてしまい、ただ今、落ち込み&反省中なのであります。

こういう感情も薄いなり鈍かったりしたら楽なんだけど、
こういった感情は必要以上に起伏に富んでくれちゃってるもんだから、始末に悪い。

努力もしないんだから、良い結果など得られるはずないのは分かってるんですけどね。。
でもそれを目の前に突きつけられると。。。ダメなんスよね。。。その上、恥ポイントに敏感で、カッコつけときてるから、落ち込みようはひとしおなのであります。。トホホ。。。

どんなインタビューだったのかというと。。。
高校生たちの授業の一環で、イタリアへ来た理由とか、イタリア語は難しいか。。。などなどを聞かれるのであります。正味15分といったところ。

私のほかには、キュ-バ人とチェコ人でありました。

こやつら、私と同じレベルのクラスなのに、時に堂々とそして笑顔を交えながら、かなり余裕シャクシャクでインタビューに応えておりまして、小声で、「あとで茶しない?」なんて、緊張気味の私に声かけてくるほどの余裕。。。

私はと言えば、そそうをしないようしないよう気を使えば使うほど、低きに流れるイタリア語(通じりゃいいっていうブツ切り単語会話)を炸裂し、彼らが余裕で話せば話すほど、私のど-しよ-もないイタリア語が虚しく響き渡る始末。。。顔出しはしなかったけど、ビデオで撮られてるというのも、小心者の私にはかなりのプレッシャーでありました。

終了後はとりあえずお茶は断り、ひとりダメ出ししながらトボリトボリと帰途についた次第。。。トホ~

確かに、キュ-バ人は母国語がスペイン語ということもあり、イタリア語については「簡単スギ~」と普段から申しておりますし、チェコ人はロシア語を話しますが、イタリア語については「大して難しくないわね」などと「ウキッ---、なんでやねん!」と私に地団駄踏ませてくれております。うらやましスギです。。。。

こんなにイタリア語に苦労しているのは、私自身の問題か、それとも日本語を母国語とするが故か。。。(両方だな、多分。。。)

では、日本人が外国語を学ぶとしたら、彼らのように「大したことないわね」なんて言える他言語があるのでしょうか?

英語か?(こりゃ違うでしょ)
中国語か?(あの発音を聞き取れるようになれるとは思えん。。。)
韓国語か?。。。。

イメ-ジだけで話しを進めるのはイカンと思うのですが、ど---も韓国語じゃないかと思うのですが。。。どでしょ?

スペイン人がイタリア語を学ぶように「かんた~ん」とはいかないと思うのですが、まぁ学び易さを比較するとしたら、韓国語が近いでもないようなそのような。。。(はっきり言うと分かりませんです。ハイ)

学生の頃にバイトしていた喫茶店に、中国と韓国の人がおりました。
両者ともかなりのインテリさんだったので、私の頭のレベルと同等に考えてはマズイと思うのですが、まぁお許しを。。。

中国人の彼は、私が何か質問するたびに「分かることデキナイネ--」と、言うところを無理言っていくつか教えてもらったのですが、やっぱり「分かることデキマセン」でした。漢字という共通点があるので、とっかかり易い気もするのですが、あの発音と時制などなどが手強そうであります。。。

韓国人の彼は、「発音で同じものもあるし、日本語からイメ-ジしやすいものも多いから、多分学びやすいと思うよ~」と言うてくれたことがあります。あのハングルにしても、当たり前ですが、ちゃんと法則があるので、覚えてしまえばそんなに難しいことはない。
というのも聞いたことあるし。。。う~ん、どうなんでしょね。。。と、このふたりの発言は性格の違いも反映されている気がしないでもないですが。。。

やっぱり、よく分かんないですね~。

一体、日本人にとって学びやすい(習得率の高い)言語とはなんでしょうかね。

あぁ、、そんなこと考える前に、逃れられないイタリア語をどうにかせねば。。。

そうそう、高校生のインタビュ-で、終わりに高校生のコメントを録画するのですが、イタリア語間違えてて先生に注意されてました。これには、ちょっとホッとしましたね。
[PR]
by zefiro04 | 2005-02-26 05:49 | ことば
漢字を彫る人
突然、「信仰・愛・希望」の漢字を教えてくれ!
と、見知らぬイタリア-ナから電話があったのは一週間ほど前であろうか。

メ-ルで返事をしたが、私の方のメ-ルの調子が悪いらしく届いていなかったらしい。
かなり焦った様子で「お願い、助けて!」とまたもや電話があったのが昨日のバレンタインデ-。
そして電話の30分後には、我が家の玄関に立っていた。
彼女は、小柄でよくしゃべるイタリア人女性。

なんでも、刺青をするために「信仰・愛・希望」の漢字を知りたかったのだそう。

この聞いてきた漢字は、女性戦士の図柄と一緒に背中に彫るのだそうだ。

「やめんしゃい!、親が泣くでしょ」と私。
「泣かないわよ。どうしても彫るのっ!これが最後」彼女は横腹にもすでにトラの刺青をしている(見せてもらった)。
「じゃ、彫るなら日本で彫りなよ。彼らなら、漢字間違えたりしないし」

この案には、遠すぎるから。の理由で却下。
彼女曰く、リグ-リアに有名な彫り師がいるのでそこに行くとのこと。

「リグ-リア!!そんな遠くまで日帰りで彫りに行くの?そこまでして、何で彫りたいのよ?彼のため、とかそういうの?」とお節介で知りたがりな私。
「違うわよ。男なんて変わるんだから、男のために彫ったりしないわよ。ある本を読んだの。私はこの刺青で自分を変えたいの。決意なのよ」。

決意系か。。。
そういえば、懐かしのNHKで決意系の人々を放映してたッケなぁ。。
確か生きる証として刺青をする人とかとかだった記憶が。。。ウロ覚え。。

そして今日、片手にワインを持って、確認のためにもう一度やって来た。

彼女は、背中に彫る予定の女戦士の図柄を見せ「どお思う?」と聞く。
「きれいじゃん。イイと思う」と言うと、「そうでしょ~」とニッコリ笑った。

彼女が漢字を使いたい理由は「美しいから」とのこと。
日本にとても興味がある。とも言っていた。
ヘンな国」だからだそうだ(笑)。

彼女は自分も漢字を覚えられるか?と真面目な顔で聞いてきた。
「さぁね。でもそれだけ興味を持ってるんだからイけそじゃない?」
と、その後30分ほど彼女が持参した漢字のコピ-を見ながら話しをした。

「漢字は沢山あるけど、たとえ発音を知らなくても私たちは大体意味が分かるのよ。
例えば、魚っていうのはサカナなの。この漢字がついたものは魚に関係するものだなぁ~って、なんとなくイメ-ジできるのよ。スシって、魚って漢字とウマイの旨いが一緒になって鮨。(彼女のプリントに載っていたものを例えに話したので、寿司については触れていない)。難しそうに見えるけど(難しいが。。)とても遊びのある言葉なのよ」

漢字はこちらの人々には中々に魅力的にうつっているようで、様々な場所で「漢字」と出会う。

大学生のリュックサックに「俺」とサインペン書きされていたり、
ブリ-フケ-スに、雑誌の切り抜きの「寿」を貼り付けていたり、
つい最近までマクドナルドでは、「日本」を銘打って、サムライシェ-クやら春巻きの商品ポスタ-に「美味しさ」「楽しさ」などと印刷したものが店頭に飾られていた。
銀行のガ-ドマンの野太い首筋に縦書きで「復活」と刺青しているのも見たことがある。

大抵の人はファッションのひとつとして漢字を愛好するのだろうが、
彼女のように本当に何かを変えたくて、自分の肌に刻むものとして漢字を選ぶ人もいるのだろう。「異文化、新世界イコ-ル新しい自分?」。

私には本当のところは分からないが、彼女がこれで大きく変わりたい自分になれればいいのではないか。とも思う。

帰り際に「彫り終わったら見せてあげる。連絡するから待っててよ」と手を振り帰っていった。

彼女が置いていったワインには小さなカ-ドが添えられていて
「Grazie mille per la disponibilita e la gentilezza!」と書かれていた。

このワインは彼女の新しい門出を祝って、一緒に飲もうと思う。
[PR]
by zefiro04 | 2005-02-16 04:52 | ひと
習慣の交差点
知り合いのイタリア人女性に「最近どお?」と聞かれたので、前述の洗濯物の一件を話した。

大・大爆笑された。。。

なんか真剣に悩んでいた私がアホに思えてくるくらい笑われた。。。

彼女は笑いながら「分かる、分かるわよ~。日本人ってこういうのダメなのよね~」と
笑いながら苦しそうに言うので「いやぁ、私もね。これがカッチョイイ~イタリア-ノのパンツだったら別にいいんですけどね。。」とか冗談(本気?)も言えるほど、この笑いでなんだか気持ちが軽くなった。

そして、「イタリア人は、他人に見られるところに下着を干すのなんてなんとも思ってないのよね。この考え方ってすべてに渡っていて、周りを気にせず、ずうずうしい態度をとる人も多いのよ。良くも悪くもひらけ過ぎとでも言うのかなぁ。でもね、彼らの良いところは、こちらがどんなにそのことで迷惑や不快感を被っているのかを丁寧に話せば、ほとんどの人が聞いてくれる心の余裕を持っていることだと思うのよ。あなたは日本人でイタリアに住んでいるわけだけど、日本人として培った習慣とかをわざわざ曲げる必要はないわよ。だから彼らには丁寧に、習慣が違うことによって感じる不快感を話して、どうにかして上手く折り合ってもらえないものかを話してみなさいよ。ちょっと彼らは難しそうだけど、聞いてくれるんじゃないかしら。それと、そういったイタリア人の習慣とか性質とかを少しずつ身に着けていって、日本の習慣と上手く両立させていけるようになるといいわね」と笑いながら話してくれた。

で、どうなったかというと。。。。
相方が大家さんに電話で、上記のようなことを話してくれ、その甲斐あってか、うちの出入り口前には洗濯物ののれん干しも、パンツの置き干しも控えてくれているようだ。感謝である。
[PR]
by zefiro04 | 2005-02-11 06:35 | ほんの日常
洗濯物
1階に、手強そうなお姉さまたちが引越してきた。
50代くらいの娘&母親のお二人。

趣味か日課かわからんが、二人生活には似つかわしくない大量の洗濯ものを毎日する。

ここまでは別に人それぞれなので、どうでもいいことなのだが、
その大量の洗濯物を、なんと2階のうちの前にこれでもかっ!と干されるのには
温和な私(と信じている)もさすがにブチ切れてしまった。

公共のスペ-スではあるが、テ-ブルの上にズラッと置き干しされた
お姉さま方の特大パンツや、我が家の出入り口前にズラズラズラ~リと干された
洗濯物。のれんよろしくその間を出入りし、その直後に特大パンツたちとご対面の毎日。

許せん。

その上、私もたびたび洗濯物を干すのに使用していたのだが
彼女たちがやって来てからこの有様で、私の洗濯物を干すスペ-スなぞない現状。

やっぱり、許せん。

そんなこんなを相方に相談するも、どうやら現状を見ていないので、ピンとこないらしい。
それと、イタリア人は洗濯物に対する感覚が日本人のそれとはちと異なっているらしい。

少なくとも日本人は、下着を他人が自由に行ききする場所に晒すのは「恥ずかしい」と感じると思うし、下着専用洗濯機なんてのも発売されていた。以前、年配のご婦人が、自分のマンションの階のベランダに、公共とはいえ階下から布団やら洗濯物やらを干しにきて、窓を開けるたびにそれらを目にすることに憤っていた。そのことを大家に訴えたところ、すぐに張り紙をしてくれる処置をしてくれた。というのを話してくれたことがある。

イタリアでは、干して何が悪い。見られて何が悪い。それによって不快感を持つ方に問題がある。って考える人が多いらしい。(どこを取って多いかはナゾだが、うちのご近所連は洗濯物プライバシーには無頓着なご様子)

別に悪くはないが、皆が使うテ-ブルにパンツの置き干しや、他人の玄関前にズラッは
やっぱりさすがにマズイでありましょ。それと、公共の場所なんだから、私にも使用権利はあるわけで。。もちっと気ってもんを使っていただきたいわけで。。。

そんなこんなで、この週末。。。
やっとこさ、この現状を相方が目にし、「やっぱ、こりゃマズイ」というのでいざ直談判。
と相成ったわけですが。。。

あぁ言えばこういうで結局埒あかず。
せめて私たちのためのスペ-スを残してくれ。と頼むも、「そんなん知るか」と無碍なお言葉をいただきスゴスゴ帰宅。。。

どうやら彼女たちはジャイアン的思考の持ち主らしい。
「自分のものは自分のもの。人のものも自分のもの」ってな感じなのであります。
アパ-ト入り口の公共の廊下もすでに我が家の自宅玄関状態。。。
困ったもんだ。。。

実は最初は、「私が直談判にいっちゃる!」と、直談判用イタリア語も用意していたのですが
相方の「まぁ、待て。僕が行くから」で待ったはいいがこの結果。

仕方がないので、「水戸黄門作戦」に切り替えることに。
要するに、大家から一言言うてもらいましょ。ってことです。もしくは大家さんから一言「そりゃイカン」ってお言葉をもらって、それを水戸黄門よろしく振りかざそう。と。。。
いいのか悪いのかは分かりませんが、本人同士だけで話し合いをして、平和的解決を望むのは不可能と判断した結果であります。

しかし、効くのでありましょうかね。
テレビのようにひれ伏さなくとも、少し控えてくれればいいんですけど。。

もし、ダメなら。。。

さてどうしよう?
[PR]
by zefiro04 | 2005-02-07 04:05 | ほんの日常


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング