伊語とイタリアふつう生活 
by zefiro04
<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ほんのお知らせ
おいでいただき、ありがとうございます。
実は、「イタリア乱読&鑑賞生活」なんてのをこことは違う場所にて始めてみたら、パソコンダメ人間の私にも、中々優しいことが分かり、ちょっとこちらが留守しがちになりそうです。

この「ほんの日常」ブログを終わらすつもりはありませんが、少しサボリ気味になりそうな。。。
そんな時にはこちらの方におりますゆえ、よろしければちょっと遠出してみてくださいませ。


「イタリア乱読&鑑賞生活」
http://blog4.fc2.com/zefiro04/index.php
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-31 04:10 | ほんのお知らせ
郵便事情
朝、郵便局から電話がありました。

忙しくて、荷物とどけらんないから、郵便局まで取りに来て

なたたちはぁ~、今まで一度もうちまで荷物を届けてくれたこと、ないですよね----!

声を大にして言いたいところであります。今までに、ほんとのホントに、自宅まで持ってきてくれたことが一度もありません。うちは二階にあるのですが、持ってくるのが面倒なのでしょうか、一階の郵便ポストに在宅なのに、不在票が入っていたり、ひどい時には、一階に荷物が放り出されていたこともありましたです。しかも、税関ででか、開けられてるし。。。とほほ。。

そんな話しをイタリア人にしたら、スゲー答えが返って参りました。

サービス、良くなってるよ。

も、もしもしっ??

このイタリア人曰く、10年前はもっとヒドかったんだそうです。もっとって。。。(汗)。。

少し前に、東南アジアの某所で働いている友人と郵便事情についてグチッておりました。あちらもイタリアに負けず劣らず、ひどいようです。他にも、某発展途上国にて働いていた友人も、「そんなもんよ」なんて言うてましたね。もしかして、日本のようなサービスの方が世界的に見て稀なんですかね?  

イタリアでは、郵便局がそういう態度とっても客は怒らないんでしょ。いいなぁ。。こっちはそうはいかないからね。いいなぁ、イタリア~」とは親戚の郵便局員。働く側からしたら、イタリア流が楽ちゃ、楽ですよね。でも、客がわからしたら、日本流がいいなぁ。

で、荷物ですが、取りに行ってきました。日本の両親からでした。荷を受け取るまでは、「ちゃんと仕事せーよ」と静かに怒っておりましたが、受け取ったら、なんだか荷物が送られてきたうれしさの方が勝って、怒りが静まっていたのが不思議であります。

荷物を受け取り、うきうきしながら持ち帰り開けてみると、日本食や相方のオートクチュールもんぺ、江戸東京博物館で買ったダルマの梯子おりのおもちゃなどなどが入っておりました。って、この荷物とどくまでに、3ヶ月くらいかかってるんじゃ!?。。ま、まぁ、クリスマスに合わせて送られてきたと思えば。。。ということに今回はしておきましょうかね。。とほほ。。

午後、相方から電話があったので荷の中身について話すと、「もんぺっ!届いたんだね!今日から新しいもんぺだね~。ダルマは明日一緒に遊ぼう!」と大喜びでした。って、そんなに嬉しいんですかね、もんぺ。と、ダルマで一緒に遊ぶって。。よく分かりません。。クリスマスは相方の実家にて家族と過ごす予定です。ということは、家族でダルマで遊ぶのかしらん。。なんか不思議。。。まっ、いいか。。。

ではではメリークリスマス&ブオンナターレでござりマス。

※イタリアでは、メリークリスマスのことを、ブオンナターレと言いますね。
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-24 05:24 | ほんの日常
05´食事会
欠席するはずでしたが、行って参りました。相方の会社のお食事会。。。


直前まで、「頼むっ!欠席させとくれっ!」と言うも、好物のジェラート(日本でいうサーティーワンのアイスクリームですな)を振舞われ、「ちょっと休んだ方がいいよ」と昼寝タイムを与えられ、カフェラッテスペシャルまで用意してくれたりと、かな~り計画的ないたれりつくせり接待を受け、仕方なく行って参りましたです。。とほほ。。

場所はスイスの某高級住宅地の一角にあるホテルのレストラン。駐車場には、フェラーリをはじめ、ボルギーニやらよく分からん高級車が止めてあるようなところであります。この駐車場に入ったときから、居酒屋系オナゴの私は毛穴からストレス。。ってぐらい疲れてしまっておりました。

でも今回は、相方の事務所の社員とその家族ということでしたので、「ボンソワール」、「グーテンアーベント」なんて挨拶も聞かれず、「ブオナセーラ」だけのこじんまりとした食事会ではありましたです。

そして前回が゛モーツアルト゛な雰囲気なら今回は゛ブリトニー・スピアーズ゛ってな感じだったでしょうか。。。ホント、今回はハジケタ集いでありました。そしてホントのホントに疲れましたです。。。

男性は皆スーツ、女性もそこそこフォーマル。中にはイヴニングの人もいましたね。最初はまぁ上品な雰囲気だったのですが。。。

食事の途中から生演奏が始まったのであります。始めは聞き流せる感じのゆるやかな曲だったのですが、デザートに差し掛かるころ、ブリトニーやらの有名なノリ系に変わってきたのです。。。

で、

ブラジル人女性、血が騒ぐのでありましょか、突然、踊りだしたのであります。

びっ、くり。。。

最初はひとりで踊っていたのですが、そのうち出席者を誘い出したのですね。ちなみにこの会社、かなりお堅いデス(多分。。)。なもんで、そうそうこの場で踊り狂える輩がいるとは思えないのですが。。。70代くらいのイタリアーノが上着を脱ぎ捨て踊りだしたのであります。

ひょえ~、カッコイ~

息ぎれ気味ではあったようですが、ノリノリのシビレルステップを披露してくださいました。これがきっかけになったのか、女性陣の数人が踊りだしたのですね。しかも40代~60代くらいの女性たちです。中には頭振りまくって踊っているお姉さまもおりました。あっ、ちなみに踊った男性は、このおじさまだけでした。

そんなゴッタマゼなノリになってきた食事会は、いつのまにかややカオスな状態に。。。私はワインを飲みすぎたのか、意識モーローな状態に。。。そこへ相方の同僚のフランス人のお姉ちゃんが話しかけてきました。

全然、分かりません。。。皆無デス。。

Rが全て、フランス人特有の゛カハッ゛てな発音になっている上に、完全にフランス訛り。ただでさえ私の怪しいイタ語力&すでにやや酔っ払い。ムリでしょう。。彼女のほかにも幾人かに話しかけられたのですが、すでに酔っ払いな私。。理解不能でありました。。。しかしそんなモーローな頭でも相方の立場のため、とにかく微笑みまくること数時間。。。でも11:30を過ぎるころには、すでに目がすわり西郷ドン状態に突入。。。しきりに相方に「スマン、もう限界。。帰ろ。。」と懇願するも、宴はたけなわで帰宅しづらいフンインキ。。

結局、会場を後にしたのは12:30をまわってましたです。。しかしまだまだ盛り上がりまくりな食事会。。いったい、いつお開きになったのか。。

来年は、イタ語がもっとできるようになってるゾー。なんて誓ってみたり。って、昨年は英語ができるようになってるゾー。と誓ったんでしたッケ。。。食事会終了後は、なぜか誓いをたててしまうのですよね。。。

でも来年は、もっと余裕をもって楽しめる自分であって欲しいなぁ。。
これが一番かな。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-20 17:22 | ほんの日常
語学の習得能力
ハンガリー人のネエちゃんと、我が家でお茶しながら、「イタ語、難しくてやってらんないよね~」なんて愚痴っておりました。お互い、マイナーな母国語&母国語とイタ語がかけ離れている。というところでやたら盛り上がった冬の午後のことであります。

じゃぁ、ナニジンが語学習得能力が高いか?

そんな方へも話しが飛び。。イタ語習得に限ったら、やっぱり母国語がフラ語かスペイン語人が強いよねぇ。とはお互い一致した意見。習得言語を限らなかったら゛中国人゛とは、ハンガリネエちゃんの意見です。

彼女曰く、ハンガリー語はオソロシク難しい言語なんだそうです。そんな難しいハンガリー語をこともなげに話す中国人たちをブダペストで見てびっくりしたんだとか。そういえば、各国にちらばる中国人たちは、一様にその国で生きて行くための最低限の会話は話せている気がします。

最近、自宅近くにいつも通っている語学学校の姉妹校ができたので通ってみてます。レベルごったまぜの1クラスしかない学校です。約半分の生徒が、祖国では生活困難なため、イタリアへやって来た人たちです。中には読み書きが全くできない人もいます。会話がかなりできても、アルファベットが書けない人もいます。でも彼らはそんな自分を悲観するでもなく、ただもくもくと゛貪欲゛って言葉が浮かぶくらい、必死で勉強しています。

この間の授業中に、ある女性が、「仕事で、ディプロマをとらないと解雇する。と言われたんだけど、私は読み書きもできない。。どうすでばいい?」と先生に聞いていましたです。彼女は、病院で精神障害のある若者たちの世話をしているそうです。イタリアへ来て7年。会話はかなりできる人です。

私が住む地域に日本人は私ひとりです。なもんで、こちらの日本人事情には疎いので、これが゛普通゛なことかは分かりませんが。。。実は数年前にフィレンツェとアレッツォという街の語学学校に通っていたことがあります。ここで数人の日本人と知り合いになりました。なぜだかかたまたまかは分かりませんけど、ここで知り合った日本人は゛日本が嫌いで逃げてきた゛という人たちだったんですね。アワよくば、イタリア人と。。。なんてのが目的の人もいましたです。彼女たちはイタリアへ来てから結構たっていたと記憶しているのですが、みな殆ど話せませんでした。

ハンガリー人の友人は、「やっぱり、その国の言葉を話せないと職探しも難しいしさ、そうすると生きて行くことも難しくなるわけでしょ。祖国で生きて行けなくて外国へ行くわけだから、そりゃぁ、必死で言葉を覚えるよ」とのことです。

そりゃ、そうだ。

ということは、語学習得度と母国の政治・経済状態というのは関係あるのかしらん。。。まっ、必ずしもそうであるはずはないと思うけど。。。完全にナイとは限らないよな気もするですね。。。そうすると。。国内では生活困難で海外に流れた゛中国人゛がやっぱり習得能力高し!ってことになる??それじゃ、経済的には恵まれていて、崖っぷちにはない帰れる場所のある日本人は習得能力低いってこと??

うわっ、単純。。。(汗)。。

なんか短絡的な結論になってる気が。。
うぅム。。阿呆が露呈しまくりになりそなんで、この辺でやめときますね。。。

でも確実に言えるのは、確固とした目的がある人とない人とでは、やはり習得度に大きく差が出ますよね(こりゃ、当り前か)。そんな中で゛生きる、生き抜く゛というところにポイントがある人たちの語学習得が目ざましいのは、必然ですかね。。母国が嫌いで逃げてきた。という目的があるよなないよな人たちと一線を画してしまうのも、こりゃまた必然かもですね。。

で、私。。。
その昔、大学の授業で強制学習させられていたイタ語。。。音楽のためにダラ~と続けて早ン年。今では、なんとな~く音楽の話も分かっているよな(分かっていないよな。。)感じのため、適当街道まっしぐら。。。になっている気が。。。ここらで、目的再確認して、モチベ~ション高めて勉強せねバっ。

あっ、これ来年の抱負にしよっ。

ということは、今年中はサボッてていいですよね~~モホホッ
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-15 19:13 | ことば
師走の痛い出費
1.39,797

悲鳴あげて、飛び上がっちゃいました。この数字みて。。。

これ、今月中に支払わなければならない゛電気代゛デス。
ふたり暮らしで2ヶ月で、いつもは約30ユーロ前後。それを考えると、この数字は考えられないのですが。。色々調べてみた結果、やっぱり支払わなけりゃいけない金額なんだそうです。。

ドーいうコトなんですかっ!

と、静かに怒り心頭ですが、仕方ありません。。(涙)。。

アンタん家の電気メーター、新しいの変わったから説明書を読んどきなさいね」と大家のおばぁちゃんに言われたのが先月の半ばごろ。どうやらこの新メーターがきっかけで、今回のトンデモネー料金になったようです。

後で知ったのですが、うちの地域はメーターチェックの人が来るのは1年に1回なんだとか。じゃぁ、どうやって来ない月の料金を出すのかというと、「大体」で換算。一人暮らしで、この前のチェック時にはこんぐらいだから、こんなモンでしょ。ってな換算方法らしい。。でもって、私が引越してきたのが頭になく、相方の独身時代のデータをもとに換算された模様。そして今回の新メーター交換にともない、旧メーターに残されていた数字から、請求し損ねていた゛私分゛がはじき出されたのだそうです。この数字。。

めまいが。。

相方には、日本の某テレビ局の視聴料金未納者における数々の武勇伝を語りきかせ(あっ、うちは払ってました)、「こんなトンデモネー料金、踏み倒しちまおう!!」と言うも、「それしたら、引越したり家買ったりしたとき、電気ひいてくんないよ」と静かに言われてしまいました。やることはエエ加減でも、そういったところは手厳しいようです。

ナンダカナァ。。

しかし1年に1回はメ-タ-チェックしてるとは言うけど、私がここに来たのは2004年の4月。。もっと早くに気づかなきゃいけないはずなんじゃ。。。

。。。考え始めるとキリないんで、やめましょう。。。よくあることデス。。

で、新メーターなのですが、これは旧式とは違って自動的に中央に使った分だけ報告するので、今までの「大体料金」ではなく、キッチリと公正に請求書が送られてくるそうです。といっても、どこか信用できないんですけどね。。

このことがあってから、一時間でどのくらい、何がどのくらい電気をくうのかを初めて知りました。というか、調べました。

こちらに来てから「自己管理」ってなことを痛烈に感じることが度々あります。イマイチ信用できないから、こっちがしっかりしなければ。というところでしょうか。こういうのとはちと違うかもしれませんが、イタリア人の選挙での投票率の高さって、もしかしてこんなことの積み重ねにあるのかも?。。。勝手にそんなことまで考えてしまいましたです。

それにしても、1.39,797ユーロは痛いデス。。とほほ。。
[PR]
by zefiro04 | 2005-12-05 07:10 | 隣人と不動産


カテゴリ
全体
ほんのお知らせ
ほんの日常
隣人と不動産
ひと
ことば
ねこ
音のあるくらし
いろごといろいろ
そんな旅もありました
未分類
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング